有馬記念・ペルーサ

  • 小堺翔太 公式ブログ/有馬記念・ペルーサ 画像1
  • 小堺翔太 公式ブログ/有馬記念・ペルーサ 画像2
続いて、有馬記念の出走馬。
まずは、ペルーサ!

もともと栗毛の馬が好きで、
この馬も大好きな一頭。
(初めての日記にも書きました)
ホントに品のあるというか、
いつ見てもピカピカの素晴らしい馬体。
大人しい馬で、歩きもしっかり。
堂々と歩いていました。


レースの前から言われていましたが、
とにかくゲートが大きな課題でした。
藤沢調教師は、
「ウチの馬が一番ゲートの練習をしている」
「とにかく、しっかり出てほしい」
というちょっと自虐的なコメント(笑)
本馬場入場でも
『今日こそ、普通にスタートを』
と紹介され、
場内のお客さんからも、
『ペルーサ、出ろよ!』『今日は頼むぞ!』
とゲートの出を心配&応援する声。


ファンファーレが鳴って、いよいよゲートイン。
しかし・・・
なんと今日は、ゲート“入り”を嫌がるペルーサ。
さすがに、場内からヤジにまじって、失笑も。
となりのおじさんも『頼むぜ〜』と泣きが入ってました。


ゲート入り完了。
緊張の一瞬。
そして・・・

出たぁ〜!!

ちゃんと、出た〜!!

実況さんも『ペルーサ、普通に出ました!』
場内からは、ちょっとした拍手も起こっていたりして。
普通に出て、4番手につけるペルーサを見て、
ヘンな話ですが、それだけでちょっと感動しました。

好位につけたまま、3コーナーを迎えましたが、
ちょっと、追っ付け追っ付けになる場面も。
ラストも伸びてはいるんですが、前を交わすまでにはいたらず。
4着でペルーサの有馬記念が終わりました。

アンカツさんいわく、
「前目からの競馬にちょっと戸惑っていた」とのこと。
なるほど・・・うまく出てもそうゆうことがあるんですね。
ホントに馬のキモチというのは、難しい・・・。


しかし、確実にまた一歩成長したペルーサ。
来年のさらなる活躍を期待して・・・応援したいと思います。

 
  • コメント(全3件)
  • びん  
    12/29 02:05

    びんは黒馬に見とれちゃいます(笑)


    ペルーサの賢さにはナンだか微笑ましさまで感じてしまうくらい
    個性のある子でついつい応援しちゃいま

    藤沢さんのトコの子らしいナァと(笑)

  • クロニクス 
    12/29 03:29

    ペルーサは2000メートル級の馬!2500では有馬出走馬の中では明らかに力不足天皇賞がその例 栗毛ならゼンノロブロイよりタキオン産の馬の方が確実 タイワスカーレットみたいなのが…
    ペルーサはロブロイより母系の血が濃すぎる
  • 小堺翔太 
    12/31 18:31

    びんさん、クロニクスさん
    コメントありがとうございます。

    >>
    「わざと、ゲートの中で遊んでいるのかも」
    というアンカツさんのコメントを聞いて
    改めて、馬の賢さ、ペルーサの個性を感じて
    ついつい、応援してしまいたくなりますね。
    藤沢さんのトコの子らしい…なんとなくわかります(笑)

    >>
    来年は、天皇賞(春)を目指すそうですね。
    個人的に、もしかしたら小回りが向かないのか・・・
    とも感じているので、距離の適正も含めて、
    長い目でペルーサを見ていきたいなと思ってます。
    日経賞が試金石でしょうか
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)