幸野ソロ公演『ブラックジャックによろしく』お知らせ〜

  • 幸野友之 公式ブログ/幸野ソロ公演『ブラックジャックによろしく』お知らせ〜 画像1
累計発行部数1,000万部!!! TVドラマにもなった
あの名作マンガを幸野ソロが初の舞台化に挑戦!!!
幸野ソロ 第6ソロ〜
『ブラックジャックによろしく』ベビーER編
12/20(金)〜12/23(祝月)全7回
@ワーサルシアター八幡山(京王線八幡山駅すぐ)
前売3,500円(当日精算4,000円)当日券4,200円
かぶりつきシート4,000円(最前列9席限定)
【重要】前売は12/11(水)までのご予約で、12/13(金)までの入金完了分です。
それ以降は当日清算券になります。当日清算は予約のみで精算は当日受付でのご精算になります。必ず開演5分前までには受付をお済ませください。受付を終えていない場合、キャンセルとみなしご入場出来ない場合もあります。
ご予約↓↓↓
【web】https://ticket.corich.jp/apply/51095/
【mail】kouno_ticket@yahoo.co.jp 
公演タイムテーブル
12/20(金)19:30開演
21(土)15:00/19:30
22(日)15:00/19:30
23(祝)13:00/17:30
【ブログ】幸野ソロ公演日誌http://ameblo.jp/kounosoro/
出演者:増本健一。右近良之。伊藤えみ。丸山直之。太田彩乃。久岡裕志。朝倉千賀。水野綾子。小島ちはる。佐久間章裕/山素由湖。
あらすじ〜
NICU、そこでは正義と現実が命を巡ってせめぎあう―
斉藤は新生児集中治療室(NICU:別名ベビーER)での研修が始まる。
わずか900gで生まれた双子の未熟児を担当する斉藤が目にしたもの…
『そんなに単純じゃねぇんだよ、未熟児の母親ってモンはよ』
その後、双子の一人はダウン症だったことが判明…
その双子は4年間不妊治療を続けた結果の、待望の我が子…のはずだった。
突然に障害児の親となった田辺夫婦は、我が子をこのまま死なせてくれと斉藤と指導医・高砂に懇願する。
『結局我々は当事者じゃありませんから…』
説得できなければそれも仕方ないとする高砂に斉藤は反発する。
親が我が子の命を決定する。それは許される事なのか?!
何が親を支配し、何が高砂にそう思わせる?
『殺人者は医者か?親か?それともお前か?』
不妊治療、未熟児医療、障害、追い詰められていく両親…新生児科医の日常は、医者と両親の苦悩と矛盾の日々だった。
『…だけど…見過ごせないんです…』
今、新生児科と日本の現実に斉藤が立ち上がる!!!
『お前に…見せたい景色があるんだ…』

企画・制作:幸野ソロ