右近良之さんのダンスイベントに…

府中の森芸術劇場

右近良之さんらチームの方々が主催するダンスイベントに『HELLOWORK2012』チラシ折り込みに行く。



昔は折り込みは嫌いだった。
好きな人はそーいないだろ。
折り込む作業自体もそーだけど重いチラシを持って劇場に行く。そーいう折り込み全体にかかる労力と時間がしんどく思えた。
何千枚折り込みしていったい何人の方が観に来るのだろうか?そんなことを考えると無駄に思えるし、考えないよーにしてた。



去年の5月GW公演から今年のGW公演の間、幸野企画公演が5になる。
その間いったい何万枚のチラシを折り込みしてきたのか…。


昔はいやいやだったが、今は進んで向かう!

当たり前ですね。

自分の企画公演なんだから…。

えっ昔も自分の公演じゃん?

違いは責任の重さ。

なんだろうね‥この責任とは。

押し付けられると軽くても嫌なもので、
自分から背負うと前に進む推進力になったりする。(重いから前のめりになってるだけとも言うか)そしてその重いものを下ろした時のすがすがしさと充実感はたまらんね。

えっお前のはまだまだ軽いって!?
ホントですかーそりゃ嬉しいーもっともっと背負いたいところでしたわ。


けどやっぱり折り込みは好きにはなれませんがね‥。