新日本プロレスの、主役





皆さんおはようございます



新日本プロレス

真夏の祭典

G1 C L I M A X 23
(詳細は『23開幕』のブログ記事にて)

完走ー!


コジりさです
(`∀´)



ということで

私がブログやらTwitterやらで

しつこ〜く
まとわり続けてきた

いや、追いかけ続けてきた

G1 CLIMAX 23



ついに
終了です!



いやぁ、
プロレス、G1を
全く知らない方からしたら


それはそれは
つまらないブログ記事だったことでしょう(笑)


お付き合い頂き
ありがとうございました!



…ここで終わりませんよ?(笑)


まだ
G1 CLIMAX のクライマックスの様子を
書いてませんでね(*´皿`)


そう!

8.11 両国国技館大会

優勝決定戦



ざっくり紹介していきます!


まず
8.10 両国大会までの
リーグ戦の結果で

決勝戦進出の可能性が残されたのは

Aブロック

・真壁 刀義 選手
・デイビーボーイ・スミスJr. 選手
・柴田 勝頼 選手
・棚橋 弘至 選手
・オカダ・カズチカ 選手


Bブロック

・中邑 真輔 選手
・鈴木 みのる 選手
・カール・アンダーソン 選手
・内藤 哲也 選手


の9人



この9人が
8.11、G1公式戦を闘い

その結果、各ブロック内で
最高得点獲得の選手が決勝戦へ


(つまり勝ち抜けば1日2試合)



で、まず私が感動したのは


決勝戦進出の可能性が残された
オカダ・カズチカ選手

vs

勝っても決勝戦進出ができない
小島 聡 選手


の試合



今、一番勢いのある現チャンピオン
オカダ選手

この小島戦に勝てば
決勝戦進出できるから

そりゃ気合十分!



一方の小島選手、G1優勝に関していえば
勝っても意味はない(ノД`)
(っていうとなんか違うのだけれど)


オカダ選手の気合と比べたら
劣ってると思っちゃうでしょ!?

(私は思ってた!)


だがしかぁーし!!


違った



小島選手が勝ったのですよ!!


オカダ選手の必殺技、レインメーカーを

豪腕ラリアットで返し


オカダ選手に豪腕ラリアットが
スッコーーン!!と決まり

3カウント



現チャンピオンに勝ったというのは
意味ある勝利



小島選手は
バックステージコメントで

オカダ選手のIWGPベルトに挑戦

を訴えていらっしゃいました




とまぁ、そんな感じで公式戦は行われていき

決勝戦へ進出したのは

Aブロック

棚橋 弘至 選手


Bブロック

内藤 哲也 選手


つまり決勝戦は

棚橋 vs 内藤


6年ぶり2度目の優勝を狙う

棚橋選手



去年のG1中に
長期欠場へと追い込むこととなった
右膝負傷の恐怖と闘いながら

過酷な連戦を乗り越え決勝戦進出し

初のG1制覇を目指す

内藤選手


の闘い



今年6.22に復帰した内藤選手は

膝に痛みを残しながら

G1を闘ってきた…


その内藤選手の膝を
容赦なく攻める棚橋選手((((;°;ω;°;))))



内藤選手の切り返しもあり

進んでいく試合!!


お互いの必殺技もかわしあい
ダメージも大きくなっていく中…!!!



内藤選手の
グロリア(技)!!!


からの


スターダストプレス(必殺技)!!!



カウント!!!!!
(観客の皆さん大合唱)



ワン!!





ツー!!!






……






スリィィィィィィーーーッ!!!!!!



26分44秒

内藤選手

G1 CLIMAX 23

初制覇




もうこりゃ

感動じゃああああああ!!


棚橋選手に憧れプロレス入りし

棚橋選手を追い続けてきた内藤選手!


その棚橋選手に勝ったっていうのは
本当にかっけぇし、すげぇ!!!


めちゃくちゃ勇気もらいました



新日本プロレスの、主役は

内藤 哲也だ!!!!!



------------------------------


ちなみに
G1開幕前に

決勝戦
棚橋vs中邑

で棚橋選手が優勝

という私の予想は

棚橋選手が決勝戦に進む、
っていうことだけ当たりました(笑)


んまぁ〜
今まで色々長々と書いてしまいましたが

読んでくださった皆さん
ありがとうございました!m(__)m

引き続き
コジりさブログ宜しくお願いします☆




それでは皆さん
ばぁーいー


小嶋 里彩子Twitter

@risako_kojima