少〜しでもね!





皆さんおはよーございます


DDT Alarm(詳しくは前回のブログにて)


飯伏選手は
謎のフレーズを棒読みしてらっしゃり

KUDO選手は
起きろー!起きないと…〜になっちゃうぞ!

的なフレーズで起こしてくれます
(^▽^)d


コジりさです
(`∀´)


さてさてさて

新日本プロレス

真夏の祭典

G1 CLIMAX 23


(詳しくは『23開幕』のブログ記事チェックお願いします)



開幕戦 静岡から

東京→愛知→大阪大会と連戦が続き

1日の休みを終え

一昨日 石川

昨日 宮城大会ときたわけですが


前回のブログでは
大阪大会までの感想を綴ったので


今回は
石川、宮城大会!


ざぁーっくりいきますー!


まず石川大会!

後藤 洋央紀 選手が

プリンス・デヴィット 選手を

討ち取ったりー!


デヴィット選手のセコンドについていた

バットラック・ファレ 選手



試合介入がありながらも

なんとか勝利!




そして昨日

宮城大会!


棚橋選手vs後藤選手


2007年11月両国国技館の
タイトルマッチで

名勝負を行ったこの対戦カードに

ひそかにめちゃくちゃ期待してました




ただ、期待しつつも
この試合で棚橋選手が負けてしまうと

残り3試合を
棚橋選手が全勝、
後藤選手が全敗したとしても

2人が最終的にAブロックの
同点トップになるんですが


その場合、直接対決で勝っている
後藤選手が勝ち上がるため、

棚橋選手の
決勝戦進出が不可能になるんですよ!

(プロレスファンの方のTwitterより)



というわけで
なんとしてでも負けられない棚橋選手



後藤選手の必殺技が決まり


カウント!


2で返した棚橋選手




そして
見事棚橋選手のハイフライフロー(必殺技)が決まり


後藤選手に勝ったのでした




いやぁー

ホッとしたなぁぁぁー!!!\(^o^)/


まあ、まだ
3連戦あるんですけどね(*_*)



G1に出場してる選手さんは

体力的にも精神的にも辛いでしょうから

ファンが少〜しでも
支えになれたら嬉しいですね!



それでは皆さん
ばぁーいー



小嶋 里彩子Twitter

@risako_kojima