なぜけるべろす

こんばんは


今日も浅草演芸ホールでした


ハトの「けるべろす」の名前の由来についてのご質問をいただきました


ハトは事務所で飼っています。

特に名前は付けずに分け隔て無くみんなで可愛がっていたのですが、私がよく仕事に連れて行っていたのは、特に体が小さい、若くて元気なハトでした。

大きい方が見栄えはしますし、元気で仕事に慣れていないハトは暴れたり、飛んだりするかもしれませんので、どうしてもベテランのハトが優先的に仕事に連れて行かれがちでしたが、小さいケースでの長時間の移動には小柄な方が楽でしょうし、いつまでも仕事に慣れないハトでいるのも寂しいかと思い、連れて行っていました


しばらくは名前は無かったのですが、私がお笑いライブで、

「魔界の使者ポロンが人類に真の恐怖を知らしめる為、恐ろしい魔物ケルベロスを召
→「出でよ
ケルベロス
」→何故かハトが召還される
。→こ、これはケルベロスの仮の姿、失敗なんかしていない
。」

というネタを披露したところ、ご覧になったお客さまが何故かハトを「けるべろすちゃん」と呼ぶようになりました(´・ω・`)


原因はおそらく、意図したストーリーが伝わらなかったことにあると思います(=_=;)。

ちなみに現在このネタは封印されています



明日もけるべろすと一緒にお仕事に行ってきます(=゜ω゜)ノ