ただのだじゃれだし

今日も新宿末廣亭でした


明るくたくさん反応してくださるお客様でした(@゚▽゚@)


客席に外国の方がいらして、もちろん寄席にいらっしゃる位ですから(演目が主に「落語」の場所ですから)、日本語のわかる方とは思いましたが・・・、

私の「だじゃれ」にも反応してくださいました


私自身、観客として英語の「だじゃれ」を理解できた時は嬉しかった記憶があります
、「逆」もまた妙な嬉しさがあるものですね


何か文化交流的なことをしたやうな(注:勘違いもしくは思い上がり)気分になりました


 
  • コメント(全4件)
  • 麻友とあの人が大好きだぉ 
    11/7 23:50


    お疲れ様です

  • ひらがなのひ 
    11/7 23:59

    一つぐらい英語のジョークを用意しとくのもよいかもしれませんね
    ジ○ミー姐さんみたいに…(笑)

    風邪お大事にしてくださいませ
  • BLUE MOON (やさしい悪魔と住みなれた部屋) 
    11/8 00:39


    葉で国境を越えるのは難しいよな

    本来ならそれは言葉の意味が希薄なものだけに限られていた(音楽や歌舞伎など)。

    だが近年、世界規模的に『文化は国境を越える』という意識がスタンダードになりつつある。

    日本のアニメなどがそうだ

    難解な日本語を解する事がある種のステータスと化している


    ところでその駄洒落

    どんなのを披露したのか気になるとこだな…。



  • 魔戒騎士ガトー★闘神★ Δ 
    11/8 01:01

    こんばんは
    泉さん

    風邪どうですか?治りかけが一番大事
    断禁物

    日本の文化楽しんでくれる外国人がいるのは嬉しいですね〜

    今日も1日お疲れ様でした

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)