ちょっと前の話

ずいぶん前の事です、ショーが終わってMC(司会)の人との会話。
「お疲れ様でした、すばらしいショーで感動しました」
「ありがとうございます」
「これだけすばらしいショーをやっていらっしゃって、休みの日は何をやっていらっしゃるのですか ? 」
「家でごろごろ、でしょうかね、、、」
「えーと、普段どうしていらっしゃるのですか ? 」
「はい、映画が好きですから、映画を見に行ったり、、、」
「いえ、そうでなく、ショーをやって居ないときは、どうされているのですか ? 」
「はっ?、あー、、えーと、道具の支度とか、たまに練習も、、、、」
「えーとですね、マジックをやって居るのは、今日拝見しましたからわかります、そうではなく、マジックがお休みの時、どうされてますか ? 」
「???・・・ いや、別に何もこれってやっていませんけど、、、、」
「あのですね、本当のお仕事はなんですか ? 」
「えっ・・・・、マジックですが、、、」
「そう言う事でなく、実は私は今日は司会をやりましたが、私は本当は、役者をやっています、司会はバイトです、他のバイトもやって居るんです。
北見さんの本当のお仕事を教えて頂きたいのです 」
「はー、、、、普段からマジックをやって居るのですが、、、」
「えーーーっ、マジックだけですか ? 、マジック以外のお仕事をしなくて、マジックだけで生活されているのですか ? 、本当ですか ? 」
「はい、一応 、、、」
「私はテレビに出ているタレントさんも、芸人さんもみんな別の仕事をもっていて、その仕事をやりながら、ショーの仕事があるときだけ、行っていると思っていました。ショーのお仕事だけでやっている方がいらっしゃるとは、、、」
と、大変驚かれた事がありました。

そう言えば、よくショーが終わった後、
「いやー、お上手ですね、、プロになった方が良いんじゃないですかー」とか、
「器用な方ですね、舞台で生活するといいのに、、、」とか、
「マジック上手いですね、もったいないですね、たまにはマジックショーも人に見せてあげるといいのに、マジシャンになった方がいいと思いますよ、」

なんて、よく言われたことがあります。
最近はあまり言われなくなりましたが、、やっと。(笑)

続きが有りますがまた次回。