寂しい日本と、小さなアメ車

ロスアンゼルスについて感じたことは、
あまり日本語を使わなくなったと言うことでした。

入国審査や税関などで、昔は「こにちは・・」とか、「おはよございます」なんて言ってくれたのに、最近はマニュアルに無い難しい英語で色々聞かれます。

街中でも、「シェイシェイ」とか「ニーハォー」とかを、お店の人などが言うのですが、日本語を言う人が少なくなっていました。

それから、中国、韓国語は書いてあるのですが、日本語が有りませんでした。
昔は日本語は必ずあったのにー・・・。

今経済力が日本は中国に負けているので、日本人が相手にされなくなりつつ有ることを感じました。
日本人頑張らないとっ !!!

ただ車は、日本車が多かったです。
もっと多いのは韓国の車のようです。
アメ車は走っていませんでした。

アメリカじゃない−、、、
ヨーロッパか中国、韓国に居るみたい、、、。
ガソリンが高くて、燃費が悪いのでアメ車に乗る人が減ったとか・・・

アメリカに来たーっと言う実感が感じられない街の風景でした。