マジック事情

今、ショーでは火が禁止になっています。
マジックで火を使うと、現象を起こすのにとても簡単な方法でしたのに、火が使えなくなると、逆に難しくなります。

そして、最近は吹雪や、水物も禁止になってきている劇場が多くなりました。
火はわかります、危険ですから、
でも吹雪と水物の禁止の理由は、
舞台が汚れるから、、、
掃除が面倒だから、、、
なんて言う劇場に勤めている人達の個人的な理由が多いです。


最近イリュージョンの仕事でこんな事を言われることがあります。
「刺すのとか、切るのをやめて下さい 、、、」
マジックは切るのと刺すのが面白いんです、
そして、一番受けます。
それをやめると、受けるのに苦労します。

その理由を聞くと、殺人事件が多いから・・・
殺人とマジックの区別がついていない様子、、、。
もう一つの理由は、まねをするといけないから・・・
まねをしようにも、この道具持っていないだろう、、(笑)

いずれにしろ、ジョークがわからないってことですよね。

下手に注文しないで、マジシャンに出し物を任せた方が、
面白く受ける物を持って行くんですけどね。
長年研究して、この手順が受けがいいと、出来上がった構成ですからね。

最近わかっていない人が増えましたね。
知ったかぶりして、どれだけ得をするんでしょうね。

こんな感じでは、やっぱり日本では良いエンターティメントは育ちませんね。

 
  • コメント(全1件)
  • かず 
    6/6 14:45


    最近はけっこう会場の使用に関して条件が色々と厳しくなっているようですね。

    でも、自分もマジックの世界のことが少しずつでもわかってきたのは、マジックを実際に自分で始めてからでした

    自分もマジックを始める前までは、今では常識で当たり前に思っていることでも、何もわかりませんでした。一般の人に理解して頂くのは難しいでしょうね。

    コツコツとでもマジシャン側やそれに携わっている者たちが、一般の人たちや初心者たちにレクチャーやショーなど様々な機会を通じて理解して頂く活動を地道にしていくしかないでしょうね。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)