またまた

格好つけているマジシャンでなく、格好いいマジシャンがいいですよね。
売っているマジックばかり勉強するのでなく、エンターティメントをもっと勉強して欲しいですよね。
タネがわかっても、その場がとても楽しければ、すばらしいショーですからね。

マジックのお店に私が行くと気がついてくれますよ、ただ私はイリュージョニストですから、クロースアップはわからないと思っていらっしゃると思います。
ただわかる解らないより、楽しいかどうかを見てしまいます。

私が行くとやりづらいと、いやがる方もますけどね(笑)

皆さんコメントいつもありがとうございます。



計画停電で、ますます日本の景気が悪くなってきているので、心配ですね。
日本がつぶれないといいのですが、、、。

 
  • コメント(全2件)
  • もも 
    4/7 19:49

    おっしゃる通りです
    もしタネが見えちゃっても、話芸や場作りなど、他の要素に魅力があれば、十分だと思います(^-^)
  • かず 
    4/8 00:08

    自分は今までにプロマジシャンの演技を生で見たことは数回くらいしかありません。

    マジックを始めた頃は、ジャンルを問わずクロースアップマジックからステージマジックまで興味を持って道具を買って練習していました。

    道具やタネのアイデアに感動して、のめり込んでいきました

    しかし、その後ステージマジック、特にイリュージョンなどは大掛かりな道具にどうせ仕掛けがあるんだからと思い、興味が少し薄れてきた時もありました。

    しかし、目の前で大ベテランのプロマジシャンのレクチャーを受けた時に、華麗な演技を生で見て感動的でした。

    クロースアップにはない、体全体を使った動きある華やかで楽しく引き込まれてしまう超一流の演技、これを見てからステージマジックを見直し真面目に練習するようになりました

    しかし、目の前で間近に見ることの出来るクロースアップの魔法のような不思議な世界もとても大好きです

    テレビでプロマジシャンのクロースアップマジックをたくさん見てきましたが、10年前くらいに福岡で有名なマジックバーで見たクロースアップマジックの演技はスケールはとても大きかったです。

    大概のトリックはわかっていたつもりでしたが、その予想を遥かに越えた結末が立て続けに起こり、テレビで見たプロマジシャンのマジックより驚きと感動、そして楽しめました。

    プロマジシャンはお客さんを楽しませるためには手段を選ばない、手段にだわるのは一般のマジシャンとの違いということを聞いたことがあります

    プロマジシャンのスタイルも究極のテクニックを中心に見せるものから、笑いを中心にしたものまで様々なスタイルがあって、どちらもとても勉強になり楽しめます。

    ただステージマジックは、毎回準備や打ち合わせ後片付けなどがとても大変ですね。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)