イギリスと都知事問題

どんなに努力しても貧乏になってしまう人、、

頭が悪いので、貧乏になってしまう人、、、

どらも同じですよね、、、。

今回のイギリスのEU問題も、結局貧乏な人か、
あまり利口とは言えない人が、離脱派だったようですね。

なにが気に入らないかをよくよく考えてみると、
出稼ぎがいるので、自分たちの仕事場が奪われてしまっている、、
と言うことが、一番の問題なのだと思います。

ですので、離脱ではなく移民問題を少し見直して欲しいと言った問題を、
国に訴えて、とりあげてもらえるように運動すれば良かったのだと思います。

結局この結果が、益々貧乏な人が今までより、もっと悪くなる結果になってしまうと思います。


イギリスの今回の問題は一例ですが、日本人ももう少し利口に考えた方が良いのでは無いかと思ったりもします。

今回の都知事問題も、法律がきちんとしていなかったことにも、
問題があると思いますし、

今までの歴史上、すばらしい功績を挙げている政治家さんは、
今の政治家、これからの政治家さんにとってとても見本になっているのだと思います

でもよく考えてみると、今の時代だととっくに違反と言われ、
辞職か逮捕につながっているのではないかとも思います。

当時はそれほど目くじらを立てなかったのだと思います。

政治家さんの様な方が、贅沢をしてくれて、無駄にお金を使ってくれないと、
下々の方までお金が回って来ませんからね、、、。

私は政治家さんの様な方々が、少々贅沢してもらった方が良いかとも思っております
大変な思いをして上にたったのですから、、
ご褒美だと思いたいですね。

今回の都知事にも、今後同じ事が無いように、
環視を付けて働いてもらい、決まり事が無かった部分を、
今回を切っ掛けに、はっきりとしたルールを作れば良かったのでは無いかと、、、。

都知事を辞めさせて何が解決したのでしょうね。
殺人者は更生させようとするのに、、
なぜ、都知事は構成させないのでしょうね、、、。


辞職に追いやったことで、かなりな税金を無駄に使うことになりますよね。
それって、こちらに降りかかってくる事ですよね。

我々国民は、もう少し利口になり、
器を広く持つのが必要でないかと、私は個人的に思います。

今日はちょっとまじめに考えてみました、、、。