台風24号の沖縄上陸直前に、東京に戻りました。

  • 木下博勝 公式ブログ/台風24号の沖縄上陸直前に、東京に戻りました。 画像1
森信三先生の読書に対する一言ですが、日本の偉人の多くは苦労して苦労して、樹木から樹液が出るように言葉を残しているように思います。



読書は単に知的な楽しみだけであってはならぬ。
直接間接に、わが生き方のプラスになるものを選びたい。
それには単に才能だけで生きた人より、
自殺寸前という様なギリギリの逆境を突破して、
見事に生き抜いた人のものの方が、
はるかに深く心を打つ。

 
  • コメント(全16件)
  • あい 
    10/7 15:25

    深い言葉だね


  • レイナ 
    10/7 15:55


    テレビドラマより人の生き方の方がはるかに味がある人は沢山見えます

    考え方だけでも驚く事もきっとあります

    関係ない話ですみませんが
    自殺すると、虫からやり直しと聞いた事があります

    また人間になれるまでに何千年もかかるそうで
    本当かどうかはわかりませんが、けしてやってはいけない事だと仏様も思ってみえる事ですね
  • タネください!のみやび 
    10/7 16:08

    なるほど、、

  • ギラ,クリイベ協力感謝Ω  
    10/7 17:05


    川ちゃん鼻声だった


    もちろん可愛いぃ

  • E/Z 
    10/7 17:28

    自殺直前の逆境にいました(笑)
  • ふぇーちゃん 
    10/7 18:38

    逆境を切り抜けた人の方が精神的に強いですか
  • 《ホッと一息》 
    10/7 20:09

    無事にお帰り良かったですねェ

  • ☆SHIZUKA☆ 
    10/7 20:10


    これ以上苦悩
    背負いませんように…と
    祈るより、
    どんな事も背負える
    強い背中にして下さい…
    と祈りましょう。
    (by 詠み人知らず)

  • †イズミール† 
    10/7 21:17

    私も読書好きですが…生きる栄養分みたいなものです

    木下先生は、月に何度沖縄に行くのですか?
    良い天気ですねぇ♪


  • うさむす(初夏の到来) 
    10/7 22:47

    キノピーさん、私は新田次郎さんの妻である藤原てい著書*「流れる星は生きている」を読んで何度泣いたことか
    間の生命力は凄いと感じる一冊です。
  • ぶたネコ*明日は明日の風が吹く〜☆ 
    10/8 05:54

    話し方、言葉選びは今の私の課題です。
    相手にどう受け取ってもらいたいか、感情に任せず冷静に…、へたすりゃ数日かけて無い頭ひねります。もともとの引き出しが少なすぎるのも問題なのですが、なかなか増えないのが悩みです。

    だからか、他人の言葉を読んだとき、心情を読みとる癖がついてきてしまいました。
    若い頃は、相手の心情が全く分からずその次の行動が理解できない時代もあれば、全く分かろうとせず天然ちゃんで済んだ時代もあります。天然ちゃんで通っていた時、本人分からないから本当幸せでした。


    たぶん本はストーリーを楽しむ読みやすい本と、作者の云いたいことを物語に託して表現している本と分かれるのでしょうか。読書は苦手なのでよく分かりませんが、そんな私でも太宰治は好きです。
    たまには読み返そうかな。きっと昔とは違う感想を持つかもしれないですよね。


  • きょうちゃん 
    10/8 13:00

    なるほど・・・。(・。・;
  • ハシキチ 
    10/8 17:52

    今の自分にはそれが必要なのかも

  • ゴーヤちゃん 
    10/8 23:34

    なるほど!すごく、勉強になる内容です
    生で、もっと聞きたくなりました。以前、私が住んでいる市に来てくださったことがあったのですが、体調を壊してしまい、行くことが出来ず、残念な思いをしたので、・・・・・木下先生、身体を大事にして頑張って下さいませ。
  • みーこ 
    10/9 00:08

    じゃがーさん一週間更新できないので寂しく長いです。木下先生もさみしいですか?
  • はつ 
    10/14 20:30

    乗り越えた方こそ
    広い視野をお持ちなんでしょうね
    深いですね!
    ニコリ
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)