問題行動には根っこがある

  • 木下博勝 公式ブログ/問題行動には根っこがある 画像1
  • 木下博勝 公式ブログ/問題行動には根っこがある 画像2
久しぶりに、愛読書、致知より紹介させていただきます。


        安永智美(やすなが・さとみ=
             福岡県警察本部少年課飯塚少年サポートセンター
             少年育成指導官)


「立派な部屋も与えて何不自由ない生活を
 させているのに何が不満なんだ? 
 この家に居場所がないと言われること自体、理解に苦しむ」


家出を繰り返す子供たちの親の多くが
こんな言葉を口にします。

子供が本当に求めている居場所とは、
なんでも望みが叶うような場所ではありません。

悲しい時に思い切り涙を流すことができる、
嬉しい時に皆が一緒に喜んでくれる。

そのように「私はここにいていいんだ、愛されているんだ」
という自己肯定感や自尊感情が育まれる場を
いうのではないでしょうか。

私が少年サポートセンターの少年育成指導官として
非行少年たちと関わり始めたのは三十四歳の時でした。
もともと福岡県警の警察官として少年課に勤務していましたが、
当時は悪いことをする子供の人格とその行為を
同一視していたように思います。

それが誤りであることに気づいたのは、
私自身が育児をしていく過程でのことでした。

「子供は一人の例外もなく純真無垢で、
 将来犯罪者になるために生まれてきた子など皆無のはず。
 そんな子供たちがなぜ犯罪に
 手を染めるようなことになっていくのだろう」。

そう考えた時、それまで行為や結果ばかりに捉われていた目が、
なぜそうなったのかという原因へと向くようになったのです。

そして気づいたのは、非行をする子には例外なく、
その“根っこ”があるということでした。

虐待や放任で愛情の水が注がれず、
根っこがカラカラに乾いている子。

逆に、過干渉や過保護によって根腐れを起こしている子。
大事なのは家庭環境の良し悪しではなく、愛情の掛け方で、
その子にきちんと愛情が伝わっていなければ、
根っこが傷み、子供の心は壊れていくことを痛感したのです。

警察官としての正義感と使命感に燃えていた私でしたが、
少年サポートセンターの少年育成指導官に
転職したことを機に苦しむ子を
自分たちの手で守り抜くんだという覚悟が
加わったように思います。

これまで少年犯罪に対しては、
補導や検挙といった対症療法が主でしたが、
これからは「非行少年をつくらない時代」
だと私たちは考えています。

そのために必要なのが、
待つ活動から攻めの活動への意識の転換です。


その大きな柱の一つ目が
「非行少年の立ち直り支援」です。

多くの子供たちと関わってきて気づいたのは
「子供は自力で更生することは難しい、
 大人から差し伸べられる支援の手が絶対的に必要だ」
ということでした。

しかし彼らは大人を敵視しているため、
ただ待っているだけでは姿を現してはくれません。
どうすれば心と心が繋がるだろうと考え、
行ってきた方法は、携帯電話の番号を教えてもらったら、
たとえ繋がらなくても必ず毎日かけるということでした。

そしてその子がいるであろう場所に何度も出向いていく。
そうやって
「私はあなたの敵じゃない、あなたのことを心配しているよ」
というメッセージを発信し続ける。
すると子供は拒否していた支援の手を
必ず握り返してくれる時期があるという確信を得るに至りました。


二つ目は冒頭にも述べた「居場所づくり」です。
子供の居場所は、家庭・学校・地域の三つだと
いわれていますが、
非行系の子にはそのいずれにも居場所がありません。

居場所がないことは孤独で不安です。
その不安や寂しさが怒りや悲しみへと転じ、
問題行動を引き起こしていくのだと思います。

そこで家庭・学校・地域に居場所をつくっていただく
働きかけをやっていますし、
私たちの少年サポートセンターもまた居場所の一つです。


三つ目は「予防教育」で、
これこそが非行少年をつくらないための
最も有効な先制活動だと考えています。

非行の真っ只中にいる子や、
いじめ自殺を考えているような子は
心がフリーズしているため、
「相談してほしい」という外側からの声掛けに
応じてくれることは期待できません。

そこで必要なのが、心を揺さぶってやることです。

私たちは講演の際、非行の子たちと
日頃現場で関わっているからこそ出合えた言葉や
彼らの思いをそのままの形で伝えます。

自分と同じ苦しみの中にいる者の言葉だからこそ、
強く心を揺さぶられるのでしょう。

講演が終わった途端

「私の話を聴いてほしい」

と校長室へ駆け込んできた子、また

「いじめの恐ろしさ、悲しさがよく分かりました。
 ここから変わりたい」

といじめの加害者だったことを
自ら話してくれた子もいました。

また、私が講演の最後に必ず紹介させていただくのが、
ある女の子から貰った手紙です。


「いま悩んどることは苦しいよね。死にたいよね。
 でもね、本当に死んだらダメ(略)

 私、友達に噂流されて、元カレも敵で、
 リスカ(リストカット)に、薬物に、酒に、男遊び、
 たくさんしたよ。

 けど、安永さんがきっかけをくれて他の高校に入れた。
 絶対反対しとった親にも話をしてくれた。
 初めて心の底から信じられた人。

 ねぇいま私、笑えとるんよ。
 どうやって死ぬか毎日考えてた私が
 いまは生きたいっち思う。

 気持ち悪いっち言われ続けてきたリスカの痕も、
 いまは私の宝物。たくさんよ。

 乗り越えた証、私の証。
 いつか絶対にその痕も含めて愛してくれる人たちが現れるから
 (略)私はずっと一人、そんなんおらんち、思ってもね、
 まだきっかけに出合えてないだけだよ。
 皆幸せになれますように」


問題行動を起こす困った子ではなく、
問題を抱えて困っている子。

非行少年の立ち直り支援をする方は
その視点を持って問題行動の根っこにあるものは何かを

 
  • コメント(全29件)
  • 尊徳(敬天愛人) 
    2/24 14:06

    先生同感です


    僕も仕事においてですが、
    「問題は起こったことが問題なのではなく、それをどう対処するかが『問題』である」と捉えています。

    近視眼的に問題を見るのではなく、本質を捉える目を養い、解決できる実行力を身に付けたいと思っていま

  • ★kenta★ 
    2/24 14:07

    長々と書くな
  • はつ 
    2/24 14:14

    純真な子供を色眼鏡で見ているのは、大人なんでしょうね…

    人間ですもの 容姿が違っても感じ方は同じなんでしょうね。。。
    与える大人になりたいものです。。。今は気づけないと思いますが、、
    いつか 気づける時がくるはずですもの

  • 10日晴れ。7月梅雨到来。みけちん 
    2/24 14:16

    安永さんのお話に感動したあと写真の添付が!
    安永さんのお写真かと思いみたら何故か木下先生の写真( ̄□||||!!

    安永さんのお話には同感で、的を得ているなと思いました。考えさせられるお話でした


  • しゅう(体調悪※無イベボチゴメン) 
    2/24 14:26

    たぶん、いつの世も変わりません。人が欲する愛されたい、愛されているだろうか、愛したい
    欲しいのは、いつも確かめたいのは、誰でもない親からの無償の愛なんだと私は思います。




  • ピノキヨ*余裕ナシ子* 
    2/24 14:44

    歳をとると説教くさくなるんですよね…(笑)

    でも大事な話ですね
  • 琥珀 スマホに慣れるまで休止します 
    2/24 14:52


    子育ては親育てとよく言われます
    子は鏡とも

    子育ては一段落しましたが、考えさせられました。あの時こうしていればと後悔ばかり

    大事な我が子の幸せを願うばかりですが、つかず離れずの愛情のかけかたも難しいです
    いくつになっても子どもは子ども。パラサイトママにならぬよう、上手く子離れ出来たらと思うこの頃です
    居場所は、子どもも大人も必要だと感じます


  • のだめ☆in率激減 
    2/24 15:24

    簡単なことじゃないですよ

    私は周りから見たら、非行に走っても不思議じゃない家庭環境で育ちましたが、私は一度も非行に走ることはありませんでした。なぜだったのか、今となっては、取って付けたようなはなしになりますが、出逢いですかね

  • E/Z 
    2/24 15:38

    愛がなければ人は育たない

    武者小路実篤も言ってましたね。
  • 幸☆=ΦΦ=★ありがと〜☆ 
    2/24 15:41


    難しい デス
    解っていても


  • ぶたネコ*明日は明日の風が吹く〜☆ 
    2/24 15:51

    ナイスタイミング


    実家に居場所が無かった。
    親から愛して貰えないって、そう感じられないって哀しいよ

    妹は愛されて育ったにもかかわらず、現在子供に簡単に手を挙げている。
    怒るのは親の役目って甥っ子に諭したけど、間違ってたかな?将来非行や、家庭を持ったときに虐待に走らなければいいなと思ってます。

    正直、木下先生の胸を借りたい気分です



  • はち#順調に回復中 
    2/24 15:57

    続きがあるんですか?

    いい話ですね。でも長いから、時間のあるときにしか落ち着いて読めません。

    居場所ねえ。虐待を受け続けてますが母のお陰かな居場所がないとは考えたことないです。
  • ぴよちゃん 
    2/24 16:02


    愛されているのに、わからないときもありますね…

  • ゆめチャン【しばらく休みます】 
    2/24 16:36

    根っこは、大切ですよね。
    私は、バツイチで高2の娘が一人います
    私が病弱で、あまり働けなかった分、愛情だけはたっぷり与える事ができました
    先生の弟サンや周りの人達にも娘は愛情を沢山頂けました。
    感謝しておりますm(_ _)mお陰様で、娘は、心豊かにたくましく育っております。

    私の根っこが乾いていた時がありましたので、よくわかるお話でした。
    ありがとうございましたm(_ _)m
  • 《ホッと一息》 
    2/24 17:09

    キノピー先生イケメン過ぎの少年でしたね(^_-)

  • ななこ☆かなり久々に来ました。今後とも宜しく 
    2/24 17:13

    内容は良かったのに、最後の写真でコケ

    なぜ、この写

  • マっちゃん 
    2/24 17:15

    わかっているようでわかってない…難しいですね子供の心、子育てって

    自分も通ってきた道なのに、親になると忘れちゃうのかな(´〜`;)

    読んでてウルってきました(T_T)

    いまからでも間に合う?思春期の子育て見直してみま
  • にゃんまげ★韓&韓884★ 
    2/24 19:18

    こんばんは


    ありきたりな
    かできません


    物質や形式が満たされていることと心が満たされていることは全く違うし、逆に外見でわかる部分だけが満たされていればいるほど内面の飢えや渇望が見落されがちになってしまう


    改めて痛感させられました

  • なか*暫くお休みします* 
    2/24 19:48

    子供は親の写し鏡と言うのを聞きました。子供を変えようと思うのではなく、まず親が変わらなければいけないですね
    たり前の事を、大人は忘れてしまっているのかもしれません

  • ∞∞∞ 
    2/24 20:55

    写真は若い時の先生ですか



    人それぞれ個々の環境や家庭の生活水準などなど……難しい問題ですよね


    間違い無く言える事は安永さんの行動力で助かっている人がいるって事でしょう


    お疲れ




  • まーちゃん 
    2/24 21:20

    完璧な親などいないけど、それでも子供にとっては親。ただ、子供を取り巻く環境の中で、SOSを気付き助けてやれる大人たちが必要ですね
  • タバサ 
    2/24 22:40

    自分の親に見せたい文章です。偉そうに、民生委員などしていますが、何も分かっていない親です。もっともっと勉強することはあるのに、自分は偉いで生きています。反省させたいものです。
  • 42 
    2/24 22:45

    相手に自分の気持ちを伝える難しさ今、痛感しています。
    子供も大人も関係なく、人の心に響かせるように気持ちを届けることって、難しい。
    勉強になりました。
  • Kお(人生の夏休み中) 
    2/25 06:52

    先生、このイケメンな顔でまさか非行を……

    いや、さぞかしモテて忙しい青春だったでしょうね
  • 。゚*ほしのゆめ*。゜ 
    2/26 13:25


    自分が
    愛として与えているものが
    相手からは
    愛として受け取ることができないというのは悲しい


    ひとは今という時間を生きているから
    難しいことであるかもしれないけど …
    自分も道に迷う子どもの時代があったことを忘れたくない
    親子であって
    相手の立場に立ってみるという視点も失くしたくない


    大人になって巣立っても
    いつでも 子どもが帰れる場所 … home を作ってあげるのも
    親の大切な仕事と思います
    house ではなくhome を◯。


  • ダボ 還元まだの方早めにお願いします 
    2/28 12:27

    るまでに随分時間がかかってしまいました。根っこがみつけられればと…もがきました。本人にとっていいと思ってしていること、言っている事すべて空回りしているわけですから…。最終的には自分が鬱になり日常生活おくれなくなり何の努力もできなくって今でも根っこはわからないままです。子供が成長し大人になった…ただそれだけ…。
  • ぷるぷる 
    3/2 01:48

    悪い人間じゃなくても、ただ楽しいから悪さしてるだけヤンキと言われるの子もいてますよ(^^)成長とともに落ち着く。大人なっても悪い人はその道の人(^_^メ)十二十色のただの個性(゚-゚)そーゆー書く人は真面目で優等生だから本当の気持ちは理解するの難しい思う。でもなんであれ愛情は素晴らしい
  • ぶたネコ*明日は明日の風が吹く〜☆ 
    3/2 02:40

    ヤンキ
    気持ちをそのまま体現できた子は幸せです。

    問題は、大問題にならない程度に暴れてきた良い子ちゃんです。
    喧嘩ばっかやってた娘は、今は家業継いでお祭りの屋台出したりして、家庭もあり落ち着きました。
    が、逆に小学中学で暴れ回りたくても出来ないで大人しくしていた男子は、(周りの友達はその様子を見ていて心配していました。そのうちヤバいことすんじゃないかと…)結果、高校行かずにヤクザの道へ行きました。

    やっぱりか。
    同級生の反応です。

    喧嘩上等で夜露死九やってた子達は案外、大半はその後、真っ当に生きていると思います。

    感情の表現は良し悪しあっても大切…カ



  • ≪レスリー≫お仲間さん、ありがとう。 
    9/15 14:30

    そのとおりだと思います、根っこを見付けてあげないと解決案は見付けられないと思いました
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)