致知3月号で、僕が母に致知を贈った事が載っております。

  • 木下博勝 公式ブログ/致知3月号で、僕が母に致知を贈った事が載っております。 画像1
  • 木下博勝 公式ブログ/致知3月号で、僕が母に致知を贈った事が載っております。 画像2
致知最新号では、拓殖大学の学長でいらっしゃる、渡辺利夫先生が歴史の教訓に学ぶ日本の現状を書かれています。僕も、全く同感です。日米同盟がどれほど重要なのか?是非皆様にも、いつか読んで頂きたいです。

森信三先生の言葉で、人生2度無し、があります。僕も毎日、この言葉を噛みしめるように努力しています。哲学書、ハイデッカーが著書存在と時間のなkでも、人生の終わりを意識して、時間を大切に生きることを薦めていますよね。


       経済界のリーダー・牛尾治朗氏の時間術 
       
       
            牛尾治朗(ウシオ電機会長)
        
       『致知』2010年6月号

経営は、そこにどれだけの時間を
投入したかによって決まるものです。

しかし私は、JCを卒業した後も多数の公職に携わり、
経営との両立を図ってきました。
私にそれができたのは、
自分なりの時間の哲学を持っているからです。

1日に使える時間は、睡眠や食事など生活に
必要な時間を差し引くと、14時間あります。
1週間で百時間とすれば、
1年では5,000時間ほどになります。

ビジネスマンの一般的な労働時間は
このうち2,000時間程度ですから、
自分で管理できる時間は年間3,000時間もあります。

多くの人は、この3,000時間をどう使うか
ということが不明確なために、
ただ忙しいという感覚だけで無為に時間を費やしてしまうのです。

私は自分の使う時間を、
情報をインプットする時間とアウトプットする時間、
仕事の時間とプライベートの時間、
プライベートの中でも勉強する時間と
純粋に楽しむ時間に色分けして手帳に記し、
それらのバランスを常にチェックしています。

経営の重責を担っている以上、
仕事に費やす時間が2,500時間、
3,000時間に達することも当然あります。

経営者に限らず、仕事で何かを成そうというのであれば、
当然多くの時間を投入すべきでしょう。
それでも私は、5,000時間の自分の時間を
常にしっかりとデザインしていたので、
経営以外にも様々なことに従事することができたのです。

50歳を過ぎてからは、
「無所属の時間」を意識するようになりました。

これは作家の城山三郎さんの言葉で、
人は会社や団体など、
どこの組織にも属さない無所属の時間を持ち、
そこでどう生き直すかを自身に問わなければならない。
それが人間の大きさをつくるというのです。

私自身も、経営以外の時間に、
様々な感動、感激、悲しみ、苦しみを味わい、
多様で彩りに富んだ体験をすることが、
経営にもプラスになることを実感しています。

仕事に追われ、自分の時間が持てないと
嘆く人はたくさんいますが、
実は一人ひとりが毎日、自分の個性をどう生かし、
与えられた時間をいかに使うかということを
試されているのです。

音楽にたとえるなら、楽譜を渡され、
自由に演奏してみなさいと
言われているようなものなのです。

ベートーヴェンの交響曲『運命』は一つですが、
小澤征爾が指揮するのと、カラヤン、バーンスタイン、
フルトヴェングラーが指揮するのとでは、
演奏時間も曲の強弱もまったく違います。

自分に与えられた時間をどう生かし、
何を創造するかはその人次第。
流れる時間は有意義なものにも、
無益なものにもなります。

一人ひとりが人事を尽くし、
豊かな人生を築いていただきたいものです。


 
  • コメント(全9件)
  • 尊徳(敬天愛人) 
    2/4 11:05

    僕も以前、「致知」を祖父に贈ったことを紹介して頂きまし


    致知が手元に届くのが、毎月5日ですので明日が楽しみです



  • 5日晴れ。みけちん 
    2/4 11:49

    深いですね
    私も教訓にさせていただきたいと思いま
    いつも有難うございます

  • ぶたネコ*明日は明日の風が吹く〜☆ 
    2/4 12:25

    贈って読んで感じてくれる家族って羨ましいです。
    受け取っても読んでくれないか、何が言いたい
    食ってかかる父です
    正常な家庭環境に生まれたかった


  • 退会します 
    2/4 12:27

    僕も良く考えて時間を費やしていこうと思いま
    木下先生、いつもいいことを教えてくださり感謝しています

  • ∞∞∞ 
    2/4 12:53

    確かに、個々の創意工夫で変わりますよ


    「人・物・時・を大切に」ですね


    お疲れ



  • 屋根ノ上ノ猫  
    2/4 17:50

    き拓大の学長様…息子の入学式にお話聞きました…知致の貴重なお話を、木下先生、いつもありがとうございます

  • 母親が病気になった為放置スッオメンネ! 
    2/4 19:33

    自分でどれだけ時間を上手く使えるか!!難しい事はよく解らないけど!!14歳なりに考えて使いたいと思います。木下先生何時も大切な事を教えてくれてありがとうございます
  •  
    2/4 20:54

    有意義に時間を使うのは、言うのは容易く実行するのはなかなか難しいですよね(^^;

    プライベートの時間を充実させるのまでは考えた事もなかったです

    いつも無駄に過ごしてばかりで…

    これからは時間の使い方を考えていこうと思います。充実した日々が過ごせるようになれば、ささやかな幸せに気付けるかもしれないし…。
  • まなか 
    2/4 22:12


    貴重なお話ですね

    以前 知人に、人生が豊かであるかどうかは仕事が充実しているかどうかにかかっている と聞かされたことがあります


    人間忙しい時が花


    また人生で一番悲しいのは 役割や仕事がないことだ


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)