「お母さんから命のバトンタッチ」、『致知』2012年7月号よ

  • 木下博勝 公式ブログ/「お母さんから命のバトンタッチ」、『致知』2012年7月号より 画像1
鎌田先生は、よくテレビで御見かけしますよね。
頑張らなくてもいい、とういう先生の言葉は、名言だと思います。 

              鎌田實(諏訪中央病院名誉院長)

                                   
僕が看取った患者さんに、
スキルス胃がんに罹った女性の方がいました。

余命3か月と診断され、
彼女は諏訪中央病院の緩和ケア病棟にやってきました。

ある日、病室のベランダでお茶を飲みながら話していると、
彼女がこう言ったんです。


「先生、助からないのはもう分かっています。
だけど、少しだけ長生きをさせてください」


彼女はその時、42歳ですからね。
そりゃそうだろうなと思いながらも返事に困って、
黙ってお茶を飲んでいた。すると彼女が、


「子供がいる。子供の卒業式まで生きたい。
 卒業式を母親として見てあげたい」


と言うんです。

9月のことでした。
彼女はあと3か月、12月くらいまでしか生きられない。

でも私は春まで生きて子供の卒業式を見てあげたい、と。

子供のためにという思いが何かを変えたんだと思います。


奇跡は起きました。
春まで生きて、卒業式に出席できた。

こうしたことは科学的にも立証されていて、
例えば希望を持って生きている人のほうが、
がんと闘ってくれるナチュラルキラー細胞が
活性化するという研究も発表されています。

おそらく彼女の場合も、希望が体の中にある
見えない3つのシステム、内分泌、自律神経、免疫を
活性化させたのではないかと思います。



さらに不思議なことが起きました。

彼女には2人のお子さんがいます。
上の子が高校3年で、下の子が高校2年。

せめて上の子の卒業式までは生かしてあげたいと
僕たちは思っていました。

でも彼女は、余命3か月と言われてから、
1年8か月も生きて、2人のお子さんの卒業式を
見てあげることができたんです。

そして、1か月ほどして亡くなりました。

彼女が亡くなった後、娘さんが僕のところへやってきて、
びっくりするような話をしてくれたんです。

僕たち医師は、子供のために生きたいと
言っている彼女の気持ちを大事にしようと思い、
彼女の体調が少しよくなると外出許可を出していました。


「母は家に帰ってくるたびに、
 私たちにお弁当を作ってくれました」


と娘さんは言いました。

彼女が最後の最後に家へ帰った時、
もうその時は立つこともできない状態です。

病院の皆が引き留めたんだけど、どうしても行きたいと。
そこで僕は、


「じゃあ家に布団を敷いて、
 家の空気だけ吸ったら戻っていらっしゃい」


と言って送り出しました。


ところがその日、彼女は家で台所に立ちました。
立てるはずのない者が最後の力を振り絞ってお弁当を作るんですよ。
その時のことを娘さんはこのように話してくれました。


「お母さんが最後に作ってくれたお弁当はおむすびでした。
 そのおむすびを持って、学校に行きました。
 久しぶりのお弁当が嬉しくて、嬉しくて。

 昼の時間になって、お弁当を広げて食べようと思ったら、
 切なくて、切なくて、
 なかなか手に取ることができませんでした」


お母さんの人生は40年ちょっと、とても短い命でした。


でも、命は長さじゃないんですね。


お母さんはお母さんなりに精いっぱい、必死に生きて、
大切なことを子供たちにちゃんとバトンタッチした。


人間は「誰かのために」と思った時に、
希望が生まれてくるし、その希望を持つことによって
免疫力が高まり、生きる力が湧いてくるのではないかと思います。

 
  • コメント(全46件)
  • 隊長(しばらくお休み) 
    12/13 12:41

    感動しました
    久しぶりにいい話を聞いた

  • ♪あい♪ 
    12/13 12:43

    同じく医療従事者なのですが、同じようなシチュエーションを体験したことがあります。今は自分がもしかしたら・・・今日検査なのですが諦めません。誰かのためにそして自分のために、希望からの免疫力、あたしは信じています。
  • E/Z 
    12/13 12:45

    ジーンとしました!
  • ヒナ(スマホに機種変するかも) 
    12/13 12:47

    こんにちは(^O^)

    すごく良い話を読ませて頂

    私も頑張らなくてはって思えました(^w^)

    気持ちを強く持つことを心がけて

    自分ができる限りのことをやれれば良いのかなって思いました(^O^)
  • くるみGF*療養中しばらく活動休止 
    12/13 12:51



    (TOT)ぉ母さ


    あきらめちゃ
    ダメなんですね…(>_<。)

    悔いのなぃよぅに
    生きなきゃ
    (T_T)


    先生
    つも ぃぃぉ
    ァリガトーござぃますm(_ _)m



  • めぐけい、仲間の皆様、いつも有難うございます、 
    12/13 12:58

    感動しました!!やはり、希望があると、奇跡は起きるんですね!!
    母は、強しかな。
  • やっぴょん☆ 
    12/13 13:02

    我が子思う母の気持ちに 感動しました
    先生の最後の外泊
    (帰宅)に、 送り出したお言葉も、暖かいですね〜
  • †Maririn† ♪放置中… 
    12/13 13:02




    とても
    素敵なお話しでした
    アリガトウございまし




  • ぴよちゃん 
    12/13 13:07

    素晴らしい体験談ですね…
    ういう母でありたいです
    生ありがとうm(__)m
  • ☆みあ☆ 
    12/13 13:08

    涙が出ました
    スキルス胃がんは怖い。
    素敵なお話でした。

  • なおたん☆やや放置気味☆ 
    12/13 13:15

    先生こんにちは。
    読んでいて涙が止まりませ

    現役ナースで息子と二人暮らしをしています。
    今から7年程前、病に侵され現在も内服治療中です。
    その時主治医に言われたの
    『スグには死なないよ。長い事、寝たきりになって子供に迷惑かけるだけ。』
    その言葉で生まれて初めて禁煙する気になりました。

    まだまだ仕事しまっ

    先生もご自愛下さい


  • ハマエツ 
    12/13 13:15

    キノピー先生

    こんにちは



    切ないけど素敵な話ですね


    私も、誰かのために生きている
    人には+αの力があるんだ
    思っています

  • ∞∞∞ 
    12/13 13:20

    良いお話しありがとうございます


    生者必滅と言えど、若過ぎますよ……


    臨機応変に自宅に帰して上げる所は、さすがに先生ですね


    お疲れ様です



  • ☆みい☆暫くイベ休んでミニゲームします 
    12/13 13:51

    木下先


    良い話


    ですね
  • あや 
    12/13 13:57

    感動しました


    私は精神的な病気になった時に、いつも息子の為に治そう。治そう。と思っていた事を思い出しました。今も月1で通院していますが、誰かの為に!ってすごいんですね。


  • ちゃも☆ 
    12/13 14:21

    ほんと、母親の鏡ですね。
    先生のお母様もそうですよ

    私も命を粗末にしたくないです(^-^)せっかく生まれてきたんたから今日を楽しく一日一日前向きに居たいと先生の日記読ませて頂いて心からおもいまし

  • あいこ 
    12/13 14:30

    誰かの為に生きられる人生は幸せですね


  • 。゚*ほしのゆめ*。゜ 
    12/13 14:31


    この世に生き残り
    何かを成し遂げたい
    強い 強い気持ちのあるところに
    力 は生まれるのではと思います


    それは寿命に対してだけではなく
    もしかしたら年老いてからいきいきと生きていく(対認知症など)うえで
    奇跡を呼び起こすのではないか

    老いた自分の母を見ていて
    最近
    そんな思いを強くしています …



  • ☆けいたん☆ 
    12/13 14:35

    先生
    んでいて自然と涙があふれてきました。
    母として、もっともっと…娘さん達にしてあげたいことがあったでしょう

    悔いのない人生を生きたいとおもいます

  • まつポン 
    12/13 15:36

    誰かのために
    うん、今の私ならその気持ちが痛いほどわかります

    昨夏、1型糖尿病発覚で入院して1日
    くの遅かったら命を落としてた。と医師に言われ意識モウロウだった私の言った言葉『まだ生きたいんです
    供の成人式がみたい
    と…。
    当時子供は中1と小3。
    『大丈
    コントロール頑張れば平均寿命まで生きること可能だから』
    更に3人目も授かり生きる希望もらいました


  • 退会します 
    12/13 16:12

    泣いてます。
    親の鏡ってこの女性のような人の事だろうと実感できました
    僕は虐待を受けて成長し心には癒えない傷とよなよな追体験と悪夢に魘され続けています。
     おにぎり・・・・・すごく価値あるものになったことでしょうね
  • とこたく 
    12/13 16:53

    涙が出ました

    年齢も同じくらい。
    子供も二人います。
    私なら何ができるか?考えさせられます
  • 牧野つくし 
    12/13 16:53

    胸が苦しくなり言葉になりません…母強しです(p_-)
  • れい 
    12/13 17:14

    すごく泣けました。
    どう生きたかが、大切ですね。
  • ぽむりぃ(皆さんと知合えて感謝です) 
    12/13 17:34

    心に残るお話しをして下さり、ありがとうございます


  • ケイト 
    12/13 17:40

    今、鎌田先生テレビに出てらっしゃいます
    先月、高校の同級生が亡くなったと報せを受けました。娘さんを残して…その患者さんと重なり涙が出ました。最後自宅療養の道を選んだ彼女もきっとそうして娘さんに精一杯の愛を残したんだろうな…と。
  • はち#順調に回復中 
    12/13 17:45

    私も病気で働けませんが子供が二人います。
    ガンではなく、鬱で歩けなくなってから十年がたちました
    お弁当をつくってあげたいお母さんの気持ちよくわかります。

    今はお陰さまでよくなりましたので、お正月に子供たちと過ごせそうです。
    病中は生きる希望が持てなくて、死にたいと思ってましたけど子供たちにも何度もいさめられました。


    今年は上の子が受験なので、これまでの分も頑張りたいです。

  • 幻竜(中学生です) 
    12/13 18:02

    ぼくも、学校に行くと疲れるけど、楽しいし、元気でいられます。

    人間は病気になると心まで病気になるんです。

    病気のことから離れることは大切です。

    病人からお母さんになること。
    病人から小学生になること

  • 虚実の堕天使 
    12/13 19:13

    強さは心の意思なんだ!気持ちが沈んでいても、元気な気持ちがあれば気持ちが支えになるんですよね。

  • ちぃ§まったり(^O^)§ 
    12/13 20:24

    素晴らしいお話です

    感動しました

  • パンダ 
    12/13 21:18

    木下先生良いお話有難うございます。私も障害者二人抱えていますがくよくよしないで前向きに生きてます
  • ひーちゃん 
    12/13 22:20

    きのぴー先生

    大切な人の為に生きることは素敵なことですね

    人は、ひとりぼっちで生きられないから


  • ぉかあさん♪ 
    12/13 22:35

    。。。

    現代医学でも解明できない
    人間の力とか
    生き物の力とかを知ると、
    簡単に命を軽んじた
    したくないです。

    私にはそうゆうの理解できないです。
  • サスケ 
    12/13 23:16

    勉強になりました。仕事に役立てていけたらいいな。
  • 42 
    12/13 23:22

    母の愛は偉大ですね
    亡くなっても尚、思い出という愛を残して逝かれたのですね
    素敵なお話しをありがとうございます。
  • ☆えっちゃん★ 
    12/14 00:19

    初っぱなから涙で最後まできちんと読めませんでした。また改めて読ませていただきます。
  • すぱんく また、会いましょう。 
    12/14 02:00

    最近、父を亡くしたので、その彼女のことが、よくわかります。 木下先生うまく言えなくて、書けなくてごめんなさい

    まだ、49日も、たってないから、私の頭の中はうまく表現できないようです。ただ、この話を聞いて、感動しました。
  • ことみ 
    12/15 02:06

    年齢が私に近い女性のお話でしたので人ごととは思えませんでした。私にも子供がいますしとても切なくなりました。なんとか癌に有効な治療薬が早くできてくれる事を心から願っていま
  • はつ 
    12/15 04:52

    母はつよし
    鏡でございま

    深い愛

    幸せな家庭が
    目に浮かびました

    心に響くお話
    毎回
    読ませて頂いてます
    ありがとう

  • さくら 
    12/15 08:37

    そのお母さんを尊敬します。強いですね

    私ならそんなことできません。気持ちの余裕すらでませんね…。

    人生何もかもに対してネガティブでマイナス思考なので、今でも生きてるのがやっと!ですもん。
    そのお母さんが子供達のために行動なさった強い愛情、素敵なお母さんですね。

  • あんとん 
    12/15 14:44

    泣きました・・涙
  • ぴ〜ち☆頑張らないとね(*^^*)☆ 
    12/15 16:40


    3人の子供をもつ母です。

    涙がとまりません…
  • さんまる**GRIFFIN* 
    12/16 16:42

    まさに今日そんな事を話していたので…泣けました
  • 5日晴れ。みけちん 
    3/12 00:50

    号泣です。

    あ。
    今、先生のブログ、特に致知を中心に読み返していました。

    人生の教訓になるお話がギッシリで忘れぬよう、時々こうして読み返すのです。

    いつも有難うございます。


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)