分化、分派に走って本を忘れる

  • 木下博勝 公式ブログ/分化、分派に走って本を忘れる 画像1
  • 木下博勝 公式ブログ/分化、分派に走って本を忘れる 画像2
  • 木下博勝 公式ブログ/分化、分派に走って本を忘れる 画像3
先日読みました、関西師友の11月号の中に、時世と活学という章がありまして、タイトルの小見出しがありました。

引用させていただきますと、医学、医術を例にとりますと、昔はせいぜい全身を内科、外科という程度にとりまとめて研究をしておったのでありますが、近代になると、その内科、外科の中に夫々消化器、呼吸器、神経系という具合にいろいろ部門が出来て、だんだん専門化され、その上機械が非常に発達しました。これを最もよく象徴するのがコンピューターでありまして、これによって何でも解決がつくという風になって来ておるのであります、そこで病院にないりますと、やれ血圧がどうの尿がどうのと、先ずいろいろデーターを仔細に検出して、それを集めて始めて主治医が総合的に診断を下すという具合であります。ところがあまり部分に走ると全体がわからなくなります。色々とデーターを調べておるうちに、主治医のところにそのデーター
が届く頃には、患者の病状がどうかするとすっかり変わってしまっておる。病原、病状はわかったが患者は死んだというのでは何もなりません。医学、医療の面から申しましても、そういう反省をしまければならぬ諸問題が起こってきているわけであります。

僕も、日本医おける医学は専門家の育成に力を入れてきて、もちろんその成果も残しているわけですが、一方で専門分野以外は診られない医師が多いのも事実です。これは、地方の医師不足の原因の一つであると、考えていいます。現在、総合医の養成を訴える声も上がっていますが、なかなか実現しない現状もあります。

安岡先生は、何十年も前に、これをお書きになられているわけで、木に例えると、枝や花よりも、根や幹を大事にするようにとの先生の教えを、改めて実践していくつもりです。

 
  • コメント(全15件)
  • ごめん、GREEよく解らない↓退会します。今までありがとう(*^人^*)ならか 
    12/1 15:11

    白衣・メガネ男子、萌っ
    にも木下先生みたいなカッコイイ男性が現れないかなぁ…

  • 幻竜(中学生です) 
    12/1 15:19

    ぼくの病気もまだ研究段階だから、知らない先生に診察すると、精神病とか言われました。だから痛いのも、辛いのも言わなくなりました。
    病院に行くのが怖くなりました。
    学校にもいけません

    手の力が入らないのが気になるけど、仕方ないと思います。
    頭痛しても、めまいしても仕方ないと思います
    でも
    早く治りたいと思います。
  • はち#順調に回復中 
    12/1 16:01

    田舎で総合で見てくれる先生って勤務時間が半端なく多いし緊急の呼び出しも多くて休む暇がないって聞きます。その結果医師本人が病気にかかってしまうとか。真面目な先生ほどひどい病気にかかると聞きますよ。 医師一人だから病気になっても、かかる医者もいないとか。
    お医者さんも人間。一人は大変です。
  • 屋根ノ上ノ猫  
    12/1 16:19

    生…おっしゃる通りと思います。どうぞこれからも日本医学、医療界のためご尽力下さるようにお願い申し上げます。
    いつぞやはタレントなどと呼ばわりましたことを深く後悔し微塵もなく撤回致します。
  • ともこ 
    12/1 17:50

    なんの取材ですか
  • 退会します 
    12/1 19:46

    関心の一言です。
    僕は病気の経験から健康のために包括的なケアが必要だと思っています。
     沢山の各種医療や療法・運動など。自分の命を大切に出来る事をして、先生に相談に行ってよりよくする。だからこそ不健康なことは天敵だと思っています。
  • ∞∞∞ 
    12/1 20:30

    こんばんは


    科学技術がどれだけ発展しても最終的な判断はやはり人間

    って聞いた事が有ります


    何事も能率良く効率良く出来ればベストなんですがね


    お疲れ様です


  • 《ホッと一息》 
    12/2 00:05

    人間社会で大切な、医学に従事されておられ、日々努力されている、キノピー先生、お身体に気を付けてください

  • ぉかあさん♪ 
    12/2 01:11

    ほとんど知らない世界ですが、
    医師不足の解消って
    待遇面を『良く』するのも
    一つの方法かな…っと、
    いろんな情報見聞きして感じました。
    新米医師を雑巾のようにこき使うだけじゃなく…。

    『総合病院』のような医師
    理想的ですね
  • ___  ちょこ____ 
    12/2 11:04

    仰有る通りですね。細分化されるのは良いことですが、根がしっかりしていてこその枝や花であると。医療だけではなく全ての事柄に当て嵌まる考え方ですね。
  • 尊徳(敬天愛人) 
    12/2 21:06

    先生こんばん


    致知出版から出てい
    「諦めな生き方」 都倉亮著 でも同様の指摘をされてます



    「医局が細分化されていることは、専門的な治療にはいろいろ適した面があると思います。しかし、病気の疑いが複数の医局にまたがる場合は、どこか一つの医局が全身に対して主導権を握ってもらえないと、患者としては不安極まりないものです。」


    「一人の人間の身体を全体として捉えるのではなく、それぞれの医局がそれぞれの立場で部門ごとに個別診るという医療体制のあり方に疑問を抱かざるを得ませんでした。」


    僕自身は、病院と縁がなく健康に過ごせていることに感謝をしながら、少しでも世の中の役に立てるよう生きていきたいと思います


    先生、寒くなりましたのでご自愛くださいね。
  • ライム 
    12/2 23:00

    先生今晩は、3年前から、朝方や、夜中寝てる時に、胸が、痛くなり、循環器で、調べも、異常なしって言われました。その時は、心臓の
    MRを取りました。先生の15日から約2週間やっぱり、朝方、胸に激痛が、走りました。違う病院に行ったら、直ぐに検査し、直ぐに入院して、カテテール検査を進められました
    冠れん縮小性狭心症って言われ、かなり、重症だったって、冠動脈が、けいれんする狭心症って、これから、ずーっと、
    飲み続ける事、ニトロを、持ちあるきなさいって、あの激痛が、くると、思うとこわいです。
  • メープル 箱イベ感謝 暫くログインのみですm(_ _)m 
    12/3 10:33


    誤診に支払ったお金は返すべきだと、常々思います。

    ペナルティがないから、ヤブ医者もテキト〜に生きて生けます。

    ヤブ医者がテキト〜に生きている間、患者という犠牲者が生まれます。

    セカンド オピニオンは割高だし
    病気になって医者に踏んだり蹴ったりされないよう素人の患者は闘うしかありません





  • ぶたネコ*明日は明日の風が吹く〜☆ 
    12/8 14:07

    進歩とは退化とも云うと思う。
    進歩すると、古いやり方を否定するが、結局はその両方が必要となる。
    どちらか一つをやるのではなく、古い方も新しい方もやるべきだと思います。
    安岡先生は当たり前のことを、そう感じさせないように上手に伝えられる方だったのですね。

    では、主治医とは何なんですか?
    風邪を引けば内科に通され、今日の担当医の専門なんか分からず診察を受け、医師が教育を受けた専門の分野から薬を出しますよね。それで薬変えても先生変えてもどうしても治らなくて困ったことがありました。
    現在の主治医は呼吸器科内科の先生です。担当医というものに拘っている先生です。私の疾患は、逆流性食道炎の食道裂孔ヘルニア。どちらかと言えば消火器科でしょうか。でも、主治医の最初の診断は咳喘息。どうしても喉の腫れが引かないので、協力し合うことになりました。考えられる検査を端からやり、最後に胃カメラ。相談しながらなので、薬の飲み方もしっかり教わった後、患者一任というやり方です

    時々、この主治医は何を目指して医師をやっているのだろうと感じます。
    正直診察にムラがあるし(疲れてるのかな)。
    専門外なら他の先生紹介してくれても…(町のお医者さま目指してますか?)
    ただ、患者は内科ならどの先生でもOKと思っています
    内科の勉強は一通り終わっていて、全部分かっていて、その中で個人の得意分野が消火器科だったり呼吸器科だったりと思っていましたが、とても残念ですね。
  • ケイト 
    12/10 07:04

    人間の身体は部品を合体させただけのじゃないですものね。統合されて(精神的な部分やたましいも)ひとつの体を成しているのだから総合医っていてくれたらコンピューターより早く原因とか判断ついちゃうことイッパイあるかも…。近くの病院にいてくれたら嬉しいのに育成自体が難しい状況にあるのですね…
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)