愛読書“致知”より、名随想を紹介させていただきます

  • 木下博勝 公式ブログ/愛読書“致知”より、名随想を紹介させていただきます 画像1
大維志にも、このお話を聞かせるつもりです。
写真は、先日母が上京した際に、約15年ぶりに会った、従弟家族と食事をした時のものです。前列左端が、従弟の健ちゃんです。似てますか?

「人は感謝するから幸せになる」


        鎌田善政(鎌田建設社長)

                『致知』2012年11月号
                       致知随想より



鹿児島県霧島市にある鎌田建設の敷地内に
「凡事徹底」の文字が刻まれた石碑ができたのは、
二〇〇二年九月。

以前から経営者としての指針となる言葉を
刻んだ碑が欲しいと念願していた私は、
師と仰ぐイエローハット創業者・鍵山秀三郎先生にお願いして
その座右の銘であるこの言葉を揮毫していただきたいと考えました。

幸い鍵山先生にも快諾いただき、上京してお借りした書は、
亡きお兄様の筆によるものとのことでした。

碑が無事完成し、私は入魂式を行うために
友人の僧侶を招きました。

すると彼は石碑を眺めながら


「理由は分からないが、この文字の力に体が思わず反応する」


と言うのです。

不思議に思った彼は、書の達人として
有名な堀智範大僧正(京都・元仁和寺門跡)に
碑の写真を送って鑑定を依頼。

間もなく書を讃える内容の返事が届きました。


「凡の字はバランスを取るのが難しく、
 どうしても縦長になりがちです。

 ところがこの凡の字は横にどっしりと広がっています。
 この字を書いたのはおそらく商売をなさっている方でしょう。
 商売が末広がりであるように祈りを込められたのだと思います」


私は早速鍵山先生にお電話をして、このことをお伝えしました。
すると先生は喜ばれ、あの訥々とした口調で
お兄様の思い出を語り始められました。

その話を聞きながら、私は感動のあまり受話器を握る手が震え、
堀和尚の言葉の意味が心に深く浸透していくのを感じたのです。

先生のお兄様は学校の教師をされていました。
長屋のようなところで、生涯を慎ましく生きられたそうです。

先生の事業がまだ軌道に乗る前、資金繰りに困って
お父様の遺産を処分しなくてはならない事態が起きた時、
「父の遺産を秀三郎に」という一言で、
きょうだいを納得させられたのがお兄様でした。

イエローハットが増資する時には僅かな給料の中から出資し、
他界された時には手持ちの株は
二十数億円の価値になっていたといいます。

しかし、お兄様の息子さんは


「これは秀三郎からの預かりものだ、
 というのが父の口癖でしたから」


と一円も受け取らず、すべての株券を鍵山先生に渡されたのです。

兄はそれくらい私に愛情を注ぎ、
仕事を心配してくれていたのですね」と、
感慨深そうに電話での話を結ばれました。

凡事徹底という四文字には、
弟の成功と幸せを願う兄の無心の祈りが込められていたのです。

当社にとってこの石碑は単なる石碑に止まらない
守り神そのものであり、私もこの碑を拝んでは
お客様や社員の幸せを願い、経営者の誓いを
新たにするのを日課にしています。


いまから四十五年前、小さなガソリンスタンドから出発した当社は
現在、建設会社のほか、住宅会社、石油販売、カー用品店、
福祉施設など十一法人、従業員数四百名からなる
企業グループに成長を遂げました。

もちろん、私一人の力ではありません。
人との縁が思わぬ縁を招いて少しずつ業容が拡大し、
気がつくと、今日まで歩んできていたというのが偽らざる実感です。

この間、実に多くの方に支えていただきましたが、
最も影響を受けたのはやはり鍵山先生でした。

十九年前に先生とご縁をいただくまで、
恥ずかしながら私は目の前の利益を追い求めてばかりいました。

しかし、大企業のトップでありながら、
作業服姿で黙々と道端の草を取り、便器を磨き続ける
先生の風貌に接した途端、価値観は百八十度転換しました。

「こんな方がこの世の中にいたのか」と。
先生は無言のまま私という人間を変えてしまわれたのです。

私はすぐに鍵山先生が主宰される「掃除に学ぶ会」に入会し、
社にも取り入れました。その効果はてきめんでした。

日々、ともに掃除に汗する中で社員間のコミュニケーションが深まり、
人間関係は円滑になり、仕事のトラブルも少なくなりました。
さらによき縁が次々に舞い込み、今日のグループ経営が
できあがっていったように思います。


鍵山先生へのご恩を思う時、私の胸には
亡き父の思い出が鮮烈に甦ってきます。

父は特攻隊を志願した一人でした。

ある時、二人の戦友が

「もし君が生き残ったら、両親のことを頼む」

と父に言い残して基地のある鹿児島の出水を飛び立ち、
沖縄の地で果てました。
飛び立った僅か六時間後に戦争が終わるとも知らずに……。

父は二人との約束を果たすために戦後、
老人福祉施設を建設しました。

父の施設運営に懸ける思いは尋常ではなく、
身内がいない入所者は理事長の父自ら保証人となり、
施設で亡くなった後は自ら骨を拾い、
墓を建てるほどの熱の入れようでした。

そこには損得勘定を抜きにお年寄りの幸せに
人生を捧げる父の姿がありました。


「あの世の極楽より、この世の極楽を実現したい」


というのが父の一貫した思いで、
その根底にあったのは亡き戦友の願いに応えたいという
一念だったに違いありません。

施設運営は私が引き継ぎましたが、
その父が生前いつも私に話していたのが


「人間は感謝するから幸せなんだぞ。
 幸せだから感謝するんじゃないぞ」


という言葉でした。
この言葉はいまも人生の支えです。

他の幸せを願い、懸命に人生を歩まれた鍵山先生と我が父。
これからも二人の教えを胸に、企業活動を通して
社会に貢献していきたいと思います。

 
  • コメント(全16件)
  • サッチン☆ 
    11/18 13:01

    木下先生ありがとうございました。商売をしていて今行き詰まっていたおり先生の話しを読ませて戴いて涙が出てきました。前向きになれそうです。ありがとう
  • ひーちゃん 
    11/18 13:04

    きのぴー先生

    こんにちは。

    きのぴー先生と健ちゃんは、似てないような気がする

    きのぴー先生ときのぴー先生の母上は、似てますよ。

    きのぴー先生、ブログ更新してくださり、ありがとうございます。

    嬉しいです。

    こちらは、週間天気予報では、雪の予報だったけど、風の強い大雨です。

    外に出られそうにないです

    きのぴー先生、敷き布団を買い替えないといけないんだけど、相場が分からないです。

    総合スーパーだと、めちゃ安いけど、大丈夫かな?と気になるし、通販だとピンキリだし

    布団の上げ下げすることが、ニガテだから、安いベッドにしようかな?と考えたけど、お部屋がせまいし組み立てるのも、むずかしいなと思ったり

    最近の、悩みは布団です。
  • mamo 
    11/18 13:25

    素晴らしいお話ありがとうございました
  • ぴよちゃん 
    11/18 13:28

    先生センター

  • あい 
    11/18 14:50

    貢献ね



  • ひーちゃん 
    11/18 14:59

    きのぴー先生

    外は、雪のような、みぞれのような天気になり、風強いです

    こんな日は、とても心細く淋しくなります。


  • ∞∞∞ 
    11/18 15:39

    “神風特攻隊”ですよね
    りのガソリンも無いまま………で6時間後に終戦…………


    自分も頑張らないとです


    良いお話しありがとうございまし




  • 42 
    11/18 16:39

    「感謝」の心を忘れずに日々精進致します。

  • ぶたネコ*明日は明日の風が吹く〜☆ 
    11/18 16:41

    難しい文面です。
    どうして感動するのか…、
    私には理解できませんでした。

    でも、
    感謝するから幸せ。
    私もこうありたいと思いました。
  • もも(スマホ格闘中) 
    11/18 18:54

    ありがとうございますm(_ _)m感謝の気持ち忘れずに 過ごします

  • れい 
    11/18 19:04

    素晴らしいお話をありがとうございます
  • ひーちゃん 
    11/18 20:05

    きのぴー先生

    笑点と、ちびまる子ちゃんとサザエさんを見て、ご飯を食べてから、あかんケイサツを見てます。


    ダウンタウンの番組めちゃ楽しいです。

    今日の、あかんケイサツは、食べ歩きの内容だから、よだれ出そうです。
  • 尊徳(敬天愛人) 
    11/18 22:22

    僕の祖父は人間魚雷で出撃をする直前に終戦を迎えました。
    そして僕自身はその祖父から大きなバトンを受け継いでいま


    祖父は3年前に他界をしましたが、生き方の教えは私淑する鍵山先生の書
    から学ばせて頂いていまして、その中で「凡事徹底」とは
    ,垢てのものを生かし尽くす
    △垢てにわたって行き届
    自分の唱えている主義と行動が一致す
    と述べておられます

    僕にはとてもまだまだですが、「すべてのものを生かし尽くすこと」には強く心がけておりまして、名刺一つでも自分の理念や夢はもちろん、祖父の生き方を伝えていければと思っていま

    そして、自分自身の行動により周りに良い影響を与え、地域社会に貢献できるような人物になりたいです

  • ノンノン 
    11/19 01:23

    鍵山さんは、うちの子供達が中学生の時トイレ掃除の時に来て下さり、生徒と同じく掃除して色んなお話しをして下さいました。そして生徒一人ずつにお菓子や学校にボールをプレゼントしてくれました。 イエローハットに行った時店内の清潔さに従業員の気さくな接客、駐車場に止めてる車のタイヤにワックスかけてくれて他の店にない気配りをしてくれるのは、やはり鍵山さんの教えかな!って子供と話してました
  • ケイト 
    11/20 02:36

    久しぶりに鎌田建設の名前を聞き、遠い昔を懐かしく思い出しました。クライアントでした。最初に働いた経営コンサルタントの会社の。イエローハットの社長さんのお兄様が弟の商売を想う強い気持ち、強い愛、私も少しだけ分かります。私も自分は昼も夜も働いていたのに自分の願いはそっちのけでいつも父の仕事の心配ばかりして毎晩神社で願掛けしたりしてました(^_^;)今は弟の商売を心配しています(笑)私自身も商売していた時期がありましたが当時見えなかった大切なことの多くは後になって気付かされることばかりです。利益優先も結局遠回りってことも…。幸せって何なのかってことも、感謝って何なのかってことも、大切なことは自分で経験しなきゃ分からない、気付けない気もします。近道はないとも。でも導いてくれる何かや誰かに若いうちに出会っていれば無駄に転ばずに済むのかなとも思います。先生は息子さんの良い道標になれる素敵な、立派なお父さんなんだなって感じています(=^ェ^=)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)