一人の子供を粗末にする時、その教育(町)は光を失う

  • 木下博勝 公式ブログ/一人の子供を粗末にする時、その教育(町)は光を失う 画像1
いじめが毎日報道される中、教育者の端くれとして、考えさせられるお話を、致知から学ばせていただきます。

      「学習塾のない学力日本一の町」
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


千葉良一(ちば・りょういち=秋田県八峰町教育委員会教育長)

             『致知』2011年7月号「致知随想」
            
 秋田県の西北、白神山地の麓に位置する八峰町。
 二〇〇八年十二月、当時の寺田典城秋田県知事(現参議院議員)は、
 その年に実施された全国学力テストの
 秋田県市町村別平均正答率を公表しました。
 
 秋田県は小学六年、中学三年の成績が
 ともに全国トップクラスで、
 人口約九千人の当町の小学六年生が
 学力日本一と報道されました。
 
 以来、日本各地はもちろん海外からの取材や
 視察の申し込みが後を絶たず、
 この現象はいまも続いており、五百件を超えました。


 学習塾もない辺境の小さな町が
 なぜ日本一になれたのか。
 
 
 教育長の私はよくこのような質問を受けます。
 しかし、正直申し上げて理由は私にもよく分からないのです。
 特別なことは何もありません。
 
 当たり前のことを当たり前にやってきた。
 そう答えるしかありませんが、
 授業の様子を実際に見学された方々は一様に、
 教師や子供たちの目の輝きに驚かれるようです。


 日本一の話はともかくとして、
 私たちの町には一つの自慢があります。
 地域の人間関係がとてもよいのです。
 
 三世代同居の家庭が多く、お年寄りは子供を、
 子供はお年寄りを大切にする気風が根付いています。
 それに学校や教師への地域の信頼があつく、
 新聞で目にする給食費未納問題も
 モンスターペアレンツも不登校もゼロです。

 自然豊かな環境の下、
 いわば町ぐるみで子育てをしようという雰囲気が、
 高い学力を育む土壌になってきたと
 いえるのではないでしょうか。
 
 八峰町では戦後、教師育成の一環として
 師範学校に進む若者に多くの補助金を出して
 援助した時期がありましたが、
 それくらい教育を大切にする歴史もまた
 誇るべきものがあると思っています。

 その土壌の上に、現在では教職員OBの学校活動への参加、
 授業を聞くだけでなく子供同士がお互いに勉強を教え合う
 「学び合い」、国際交流、少人数教育など
 いろいろな工夫改善を図っているところです。
 学力の高さは、これらの相乗効果なのかもしれません。

 子供たちの学力が高まると、
 教師たちの志気も高まります。
 
 町内の小学校三校と中学校二校の教師たちが
 自主的に集まり、同じ課題に取り組む勉強会は
 どこよりも熱心ですし、それが高水準な授業内容を
 維持する一つの要因となっています。

 私の役割は、そういう教師たちが
 授業や学級活動に思い切り専念できるよう
 全力を挙げてバックアップすることです。

 いま日本全国の教師は保護者の身勝手なクレーム、
 過剰なマスコミ報道に常に神経を尖らせ、
 心はすっかり萎縮してしまっています。
 
 その結果、子供への指導がついつい及び腰になり、
 プロ意識が薄れつつあるのが現状です。
 
 私は当町の教師に絶対にそうなってほしくありません。
 
 何か問題があれば教育長である私自身が
 前面に出る覚悟で日々の仕事に臨んでいるのです。

 私の名刺は少しユニークです。
 表面に
 
 
 「嬉しいときはいりません。
  悲しいとき、悔しいときは悩んでいないで連絡ください」
  
 
 と記し、裏面には携帯電話の番号とパソコン、
 携帯電話のメールアドレスを公開して
 二十四時間対応で受け付けています。
 
 この名刺を教師や保護者などに配り、
 万一の時にはいつでも駆けつけ、
 自分の全責任で処理します。
 
 代わりに、教師には授業、生活指導を含め
 子供たちの教育に全身全霊を傾けていただく。
 これが私の方針であり、
 幸いにしてそれはうまくいっています。

 ユニークといえば、私の経歴もそうかもしれません。
 若い頃は郵便局に勤務し、
 その後はNTTの営業の第一線で働きました。
 
 夜討ち朝駆けで県内の事業所を回り、
 コンピュータなど通信機器の販売で
 大きな実績を挙げる猛烈セールスマンでした。

 クレーム対応で夜中に現場に駆けつけることも
 日常茶飯事でした。
 こちらの誠意を示すことで、
 クレームを寄せられたお客様を
 強い味方にできることも覚えていきました。

 その後、郵便局時代の先輩である町長から
 声を掛けていただき、収入役、助役を経て
 二〇〇六年に教育長を拝命しましたが、
 サラリーマン時代に築いた
 コミュニケーション力や人脈、誠意、執念、眼力
 といったものが、まったく未知の世界だった
 教育の世界でここまで役立つとは思ってもいませんでした。

 いま、二十四時間体制で保護者や教師、
 子供たちの相談を受け付けていて、
 何かあればすぐに出向くのも、
 この時の経験と自信があるからです。

 私のもとには、いろいろな相談が寄せられます。
 複雑な家庭の事情を抱え、
 人知れず苦悩する子供たちの話には特に胸が痛みます。
 
 そういう子供たちが私と話をする中で
 明るさを取り戻してくれる時、
 私の目にはいつも涙が溢れています。
 
 時には所構わず大泣きすることもあります。
 彼らの成長ぶりを見るために、
 学校を訪問するのは私の喜びの一つとなっているのです。
 このような私の仕事が、
 八峰町の学力向上にどこまで役立っているかは分かりません。
 
 しかし、子供たち、そして伝統的土壌と教育環境を
 全力を挙げて守り抜く覚悟があります。

 幸いにして八峰町の学力は
 現在も全国で高順位を維持していますが、
 私はそれ以上にすべての子供たちが、
 一人の例外なくいつも輝いていてくれることを望んでやみません。


「一人の子供を粗末にする時、
 その教育(町)は光を失う」


 手帳に大きく記した自らの信念を、
 これからも貫いていきたいと思います。



 
  • コメント(全37件)
  • れい 
    7/26 12:53

    素晴らしい話しです
  • きょうちゃん 
    7/26 12:58

    素晴らしいお話ありがとうございます。
    こういう方に文部科学大臣になっていただきたいと思います
  • 珊瑚*゚ 
    7/26 12:59


    当たり前の事
    当たり前に…

    子ども達に伝えていきたいです
  • mamo 
    7/26 13:08

    言葉じゃなくて行動で示して下さ
  • あい 
    7/26 13:11

    う〜ん




  • ☆ちえ☆ 
    7/26 13:22

    仕事は大切です。

    同じ所で働く我慢強さも大切ですが、いろんな場所や職業で働き、身の振り方、対応の仕方、立場による考えの違いは経験したほうが、この方のように色々な考え方や方法を見出だすことができます。

    無駄な経験がないことを証明してくれていると思いま


    ただ、内部事情は難しいですよね
    ではなんとでも言えます。実行する人には必ず部下がついてきます。口だけでイザとなると逃げる人が多い中、この人はそうじゃないと信じたいで

  • ぺーちゃま 
    7/26 13:49

    毎日虐めのニュースが、駆け巡り…うんざり

    我が家でも、虐めの被害がありました

    基本的には、学校は当てにはならないです。
    自分の子どもは自分で守
    学校は、「行かなくても可。転校もあり
    と親が腹をくくれば案外楽になります

  • シュン^)ゞ 
    7/26 14:01

    公立高校の教師は生徒が自殺することよりも自殺したあとにいかに裁判で勝つかってことしか考えていない
  • Blue熊本復興母骨折治療中ギブスしてます。 
    7/26 14:19

    いじめという言葉がなくなるのをのぞみます…公立なのに私立目指す人々がわずかに増えて行く感じが…私の知ってる私立学校はいじめる方が絶対的に悪いそういう子は退学処分だとか…公立はそんなん不可能かもです‥先生教育者が生徒を絶大に守れない…先生は自分の事守れるのに…生徒はストレスでタバコお酒にはいけないからせめて先生くらいは真剣に守ってやって下さい

  • まみまみ‡2021年もよろしくお願いします‡ 
    7/26 14:25

    私は都心に近い町で育ちましたが、小中学校で酷いイジメにあいました。近所の方はいい方もいましたが、変にプライドの高い自営業の方が多かったです

    現在は他所に住んでいますが、両親の眠るお寺がその町にあるので年に1〜2回は行きますが…年々錆びれていってる気がします。とても都心に近い所とは思えません。この日記のタイトルを拝見した時「あ〜やっぱりなぁ」と思いました

    日記を読ませて頂きますます感じた事…子供の前に親の教育が大事だな、と。各地でイジメ問題が明らかにされている中、これ以上「(悪い意味での)この親にしてこの子あり」という人が増えないのを祈るばかりです…



  • かな 
    7/26 14:26

    全面的に責任は自分がとる

    とトップの人が言ってくれると安心感が全然違います


    口だけでなく信頼できる人柄があってですが

  • にゃんまげ★韓&韓884★ 
    7/26 14:49

    トップの人・扇の要となる中心人物の心構えが、世の中を光にも闇にも一変させることの何よりの見本ですね


    文字変換一覧から「いじめ」の文字が消えてなくなる日が来ることを、切に願っていま

  • ぽむりぃ(皆さんと知合えて感謝です) 
    7/26 15:39

    小3女児の母親です

    とても、とても深いお話しですね

    感銘を受けました。
  • 42 
    7/26 16:28

    学生の頃こんなに情熱家の熱心な先生、大人に、出会いたかった。
    こんなに信念の大人、私の周りには居なかった。私の学生時代もこんな方がいらしゃったら、もっと違ったかも?
    羨ましい!
  • 尊徳(敬天愛人) 
    7/26 17:15

    教育現場でも企業現場でも同じかと思いますが、人を育てようとする時に必要なことは、ティーチングやコーチングといった手法ではなく(これはこれで大切ですが…)、相手に対する「責任感」だと思います。

    千葉先生もおっしゃっていますが、相手に対して及び腰のうちは、真の教育は出来ません。

    相手の人生をすべて受け持つ「覚悟」を決めて接することが必要ですね

  • はばたん 
    7/26 17:16

    いい話しをありがと
    最近、イジメなどもあるのでどうしたらイジメは防げるのか

  • 和紅茶 
    7/26 17:48

    先週 うちの 中学校が いじめ問題の ひとこま
    NHKニュースウォッチ TBSの ひるおびに 取材に来て 出てました。
    ひるおびは 残念ながら 見られませんでしたが ニュースウォッチは 見れたので ひるおびも どんな 内容だったのか 見たかったなぁ…
    いじめ問題なくなればぃぃですねぇ
  • どみんご〜そこで何かがはじまるさ〜 
    7/26 18:11

    読んでいて涙がでました…。助けて下さい!と叫んだ時に駆け付けてくれる人がいるのはどれだけ心の杖となることでしょうか
  • イケ 
    7/26 18:31

    この方に学生時代お会いしたかったです。この方に会えた方々がとても羨ましい。そして、このような考え方の人が、世の中に、沢山居たら、いじめも、犯罪も、なくなるかもしれませんね。
    広がって欲しい。
  • ピース7 
    7/26 18:44

    こんばんは初めまして!滋賀県のミホミュージアム美術館
    ケーキ
    美味しいです

  • アキ★ゲームしません 
    7/26 18:48

    いいお話ですね。
  • ☆ハイジ☆(GREE復活) 
    7/26 18:54

    うちの子の通った中学には とても酷い先生がいました うちの子 ある理由で3年になって学校いかない
    て言い出した時は困りまし

    クラス担任に相談したら『お母さん そんな事 学校に言ってきたら 子供さんに返ってきますよ

    って言われ この学校 モンスターティーチャーの巣窟だと思いました
    今やその酷い先生 茶髪(金髪に近い)ロングヘアーで 子供達に 頭髪検査

    説得力ない

    公務員さん まして教育者は 白髪染めでも黒じゃなきゃ

    私は先生達の陰での保護者や子供の悪口合戦が怖い

    早く 中学 卒業したい
    下の子
  • 新年おめでとうございます。より良い一年皆様にありますように、今年もよろしくです。 
    7/26 19:07

    私も行政ボランティアからいろんな問題がつきません 今私も一人の子供が私だけが支えにいます その子は家族から見放され 孤独感と毎日戦っています 行政にも相談したりしていますが話だけで終わります その子供と私は出会い私も小さな頃親や家族の楽しさなんて覚えてない程ですからその子の心の叫び声がわかりすぎます 誰にも聞いて貰えない心の叫び あまりにも淋しい世の中です 家族とはどういうものか一度考える時期じゃないかと 問い掛ける毎日です その子供の心の叫びは 【みて 私をみて】それだけなんです 生まれてきた命を 世の中皆様が幸せにと思う日々です
  • ちぃ§まったり(^O^)§ 
    7/26 21:15

    素晴らしいお話です

    世の中の「教職」や「先生」と名のつく方々に是非とも読んでもらいたいですね

  • センマイ 
    7/27 00:46

    教育委員会のトップになるような人は、その業界には精通していても、世間知らずの人が多いように思います。

    秋田のトップの人のように、他業界を知っている世情に通じた方だと少しは教育界の体質も変わるんだろうけど…
  • *さくら* 
    7/27 03:37

    私も3人の良い先生に出逢えました。

    私の故郷は、宮城県の石巻市なんですが、お世話になった校長先生が、津波の際に幼稚園児を山よりバスで下山させてしまって、全責任が問われています。そのことを思う度に、涙が出てきていたたまれない気持ちになります。

    また、震災前までは私も児童相談所で勉強を教えていました。教育者、子供、命、教育、いつも真剣に向き合っていきたいです
  • ひーちゃん 
    7/27 06:23

    きのぴー先生も、素晴らしい教師だと思います


    医師としても、患者さんから慕われてると思います


    きのぴー先生は、優しくて世話好きで心が広く

  • おれんじはぁと†一期一会† 
    7/27 07:08

    親も含めて…大人達

    もっと子供達を大事にしようよ!
    大切に育ててあげようよ!
    愛をいっぱい!あげようよ


    お願いだよ

  • 。゚*ほしのゆめ*。゜ 
    7/27 07:39


    誰のための
    教育なんだろう …


    教師 親はもちろん
    教育に携わる関係者
    おとなたちはすべて
    自分も子どもと共に
    成長していく気概を持ってほしい

    自分も
    親 … 地域に関わる人間として
    例外でないと思ってます … 。

  • ゆう¢team【db】皆さん今までありがとう。 
    7/27 10:15



    大学を卒業してすぐ教員になる…

    これでは教員としては不十分。
    勉強を教えるだけが教師ではないと日々感じます。

    教師だからこそ社会に出る実務経験制度を設けるべき

    今の時代、保護者、マスコミ等の影響もあり子供は過保護になりすぎているのが現状。逆に教師は萎縮して事務的な教師が増えているのも事実。

    お手手つないでみんなでゴール世代が社会に溢れる頃、この日本はどう変わるのか…
    ゆとり教育は本当のゆとり教育ではなく詰め込み授業を加速させただけ。

    そんな中身のない薄っぺらな子供を社会に出す事の残酷さを早く気付いて欲しい

    忘れてはいけないのが教育は社会に出るための準備運動だという事を…



  • あゆ 
    7/27 12:45

    先生の日記を読めて嬉しいです。素敵なお話をいつもありがとうございます。
  • みりん・る 
    7/27 23:13

    初めて知りました。

    移住したいです…秋田に。
  • ゆきっぴ 
    7/28 13:47

    私は父の仕事で3年ごとに転勤をしていました。小学校は3校行きましたが、変わる度に流行りの遊びも 学力や体力のレベルもとくに体力は力を入れている学校とそうでない学校のレベルはかなり違いました。先生の感じやレベルもやはり違いま

    今、いじめられている人、自殺なんてしないで、転校してみてはいかがですか
    親に転校したいと言ってください。親は親戚に頼んだり、ネットで寮のある学校を調べたり手をつくしてあげてください
    何校かわたりあるけばきっとあう所がみつかると思います。
    私の友達は日本は性格にあわないと言ってアメリカに移住しました

    たった1校でいじめられて命をすてるなんてもったいないよ

  • あや 
    7/29 10:31

    夏休み入るちょっと前、幼稚園の降園後一人のお友達に家の娘のそれまでに取ってきた行動の流れから、娘のとった一言にそのお友達の心に痛い思いをさせてしまいました。その子は人やお友達に言われたことは全て。100%聞いてしまう子でした。「嫌」といえない子。その子は自分の辛さを親に話してくれたことでその子の親から話がありました。こういう子にとって娘のとった態度や言葉はいじめにつながるからって。
    娘は細かいことは気にしない。これは生きていく上で強みではあると思いますが、これが+にも−にもなります。また、言ったことはその場ですぐ忘れる。これが問題です。無意識に言った言葉。娘に話しても娘は「そんなこと言ってない。言ってないもん」と強気の口調で言い張り益々お友達は心を痛めてしまうばかり。そのことについて娘に話しその場で謝ることが出来友達も「いいよ」と言ってはくれましたが、家でもそのことで今度はしっかりお話をし、娘の言葉や態度の悪いときはお友達の心を傷めた時のお話をすると顔色が暗く変わり気にしているようです。お友達には娘がすぐ謝りのお手紙も書いて渡しました。
    づく…
  • あや 
    7/29 10:31

    つづき
    その子のお母さんはすごく明るく面倒見もよいかたで、謝りのお手紙も渡したことで「また二人で仲良く遊んでくれたらいいね」てすごく明るく前向きな言葉に私は救われましたが娘のことは許したわけではありません。日々娘の言葉や態度に注意しています。まだ年長さんですが、今が大事です。今教えないと…そんなことで最近私は娘に少し口うるさくなっています。言い過ぎでしょうか?心配です。幼稚園の時に悪いこと経験してくれて救われた思いもあります。今はまだ何も知らないので教えてあげる段階
    小、中になってからでは…
  • メモル 
    7/31 11:34

    地域性ってありますよね。


    秋田のその地域で万が一(ないでしょうけど)大津市のようないじめがあったとしても
    きっと大人たちや周りの子たちはいじめられてる子を助けようとしただらろうし
    いじめてる子へもきちんとした対処があったでしょうね。


    てか普通の人間なら
    どうすればいいか
    わかりますよね。
    そして普通の人間な
    あんなひどいことできません。


    地域の問題もあるし
    その人個人の問題もあるし
    複雑に絡みあってますね。


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)