霜をふみて堅氷至る

易と聞くと、あー占いか!、と思われる方もいらっしゃるかと、予測しますが、最も古い中国の哲学書、と僕は理解しています。

四書五経の1つであります、易経です。

僕は論語が好きなので、若い頃から勉強してきたつもりですが、中国の古典を学ぶ上で、どうしても易経の考え方は必要になってきます。

易を一言で言えば、かなり乱暴ですが、陰陽相対理論だと、思います。

さて、易の、坤為地の中に、タイトルの一文があります。

物事には予兆がある、という解釈を、僕はしています。

予兆を見逃さないで対処しなければ、後で取り返しのつかない事になる。霜をふんで歩くと、やがて氷の張る季節がやってくることを予想する、という事例からの解釈で、少しくらいならいいだろうが、ひいては大事に至る、些細な兆しを見逃さないように。

今日も、心に留めて、頑張ります。


 
  • コメント(全12件)
  • あい 
    6/29 12:06

    かわぁ




  • カール 
    6/29 12:13

    板野!何が。かおる。◇
  • 尊徳(敬天愛人) 
    6/29 12:51

    そうですね


    「易経」は占いと誤解されやすいですが、「時と兆し」を洞察する方法が書かれていて、「時」の変化の道理が説かれているとともに、変化の中で将来を切り開いていくための知恵が盛り込まれていると感じます。

    最初はとっつきにくいですが、読むごとに気付きが生まれますね



    易経から変化の原理原則を学び、先々まで察することができればと思い学んでいます


  • ^ ^ 
    6/29 13:09

    なるほど、何事も予測や先読みは必要ですね
    生ありがとうございました

  • ☆SHIZUKA☆ 
    6/29 17:55


    大事に至ってから←
    見逃してしまった予兆を
    「たら、れば」言っても
    後の祭りですしね…

    肝に命じて
    私も同じくp(´⌒`q)

    今日も、心に留め、頑張りまふ


  • おれんじはぁと†一期一会† 
    6/29 18:00

    身にしみて感じてます。



    大事の前の小

    何事も、いきなり大事には至りません。
    必ず小事…予兆があります

    見逃すと…取り返しがつかない事になる
  • アヤナ 
    6/29 20:51

    「易経」は東洋医学の基礎ですので、ぜひ熟読してください
    オススメは明治書院の今井宇三郎先生の「易経」上中下です

  • 。゚*ほしのゆめ*。゜ 
    6/30 01:18


    幸せをつかむために
    幸せを維持してゆくために
    必要かもしれないと思います …

    予兆は
    気づきにくい側面も
    ありますから

    気になったことを
    そのまま放置しないということが
    大切なのかな とも
    思います … 。。


  • なゅ☆how beautiful you are☆ 
    6/30 10:10



    木下先生の
    理解しやすく
    文章にして下さる日
    大好きです




  • アヤナ 
    7/1 21:03

    今井先生のものより読みやすいものがありました。医道の日本社の「周易と中医学」「マンガ易経入門」です。こっちの方が読みやすいかと思います。御存知だったらゴメンです。
  • 優作 
    7/3 13:05

    幸せをつかむために 幸せを維持してゆくために 必要かもしれないと思います … 予兆は 気づきにくい側面も ありますから 気になったことを そのまま放置しないということが 大切なのかな とも 思います … 。
    なゅ☆how beautiful you are☆
    6/30 10:10

    木下先生の 理解しやすく 文章にして下さる日記 大好きです

    アヤナ
    7/1 21:03

    今井先生のものより読みやすいものがありました。医道の日本社の「周易と中医学」「マンガ易経入門」です。こっちの方が読みやすいかと思います。御存知だったらゴメンです。
  • ぉかあさん♪ 
    7/4 17:56

    6年前、今の自宅賃貸に住みはじめた時
    その後の雨漏りの予兆を発見できてたら
    3年間雨漏りに悩まずに済んだかも知れません
    (苦笑)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)