「ごめんなさいね おかあさん」,

       
       
         向野幾世(奈良大学講師)

          『致知』2002年9月号より



 ごめんなさいね おかあさん

 ごめんなさいね おかあさん

 ぼくが生まれて ごめんなさい

 ぼくを背負う かあさんの

 細いうなじに ぼくはいう

 ぼくさえ 生まれなかったら

 かあさんの しらがもなかったろうね

 大きくなった このぼくを

 背負って歩く かなしさも

「かたわな子だね」とふりかえる

 つめたい視線に 泣くことも

 ぼくさえ 生まれなかったら



 ありがとう おかあさん

 ありがとう おかあさん

 おかあさんが いるかぎり

 ぼくは生きていくのです

 脳性マヒを 生きていく

 やさしさこそが 大切で
 
 悲しさこそが 美しい

 そんな 人の生き方を

 教えてくれた おかあさん

 おかあさん

 あなたがそこに いるかぎり



この詩は、いまから27年前、
15歳で亡くなった山田康文くん──
やっちゃんが作った詩です。

重度の脳性マヒで、全身が不自由、口も利けないやっちゃんが、
いのちのたけを託して作った詩です。

私が勤めていた奈良県立明日香養護学校に
やっちゃんが入学してきたのは昭和43年、
彼が8歳の時でした。

以来、担任として、学部主事として、
そして最後は言語訓練教師として
足かけ8年の付き合いでした。

この詩が生まれたのは、やっちゃんが亡くなる、
わずか2か月前のことでした。

当時私は、養護学校卒業後の障害者たちが集える
「たんぽぽの家」をつくろうと、障害児のお母さん方とともに、
「奈良たんぽぽの会」を結成していました。

この運動もいまではOLや学生など若者たちの支持を得て、
全国で4,000人の会員を擁する全国運動に盛り上がっています。

その活動の一環として、養護学校の生徒の詩に
フォーク好きの学生さんが曲をつけ、
奈良文化会館の大ホールで
コンサートをする企画が持ち上がったのです。

障害程度の軽い子は、自分で詩を書くことができます。
文字が書けない子でも、手足の指や口を使って
電動タイプを打つことができます。

しかし、やっちゃんのように重度の子の場合は、
先生である私が抱きしめて、全身で言葉を聞くのです。


私が言う言葉がやっちゃんの言いたい言葉だったら、
やっちゃんはウインクでイエスのサインを出します。

ノーのときは下を出す。脳性マヒの緊張や
アテノーゼ(不随意運動)さえも、
やっちゃんの発する意思表示です。

そうやって時間をかけてやっちゃんの言葉の世界に
近づいていく作業が始まりました。



言語訓練をしていた私の手元には、
一人ひとりの子どものノートがありました。

やっちゃんのノートには、どのページも


「ありがとう」

「おかあさん、ごめんね」


という2つの言葉で埋まっていました。


最初は『ごめんね おかあさん』
これを題にしようかと私が言うと、
“ノーノー、いやだ”と舌を出します。

それじゃ、男らしく
『ごめんよ かあさん』これはどう?と言うと、
またノーのサイン。

今度は上下を逆にして、
『かあさん ごめんよ』とやってみます。

どうもピッタリこないんだなあ、というやっちゃんの顔。

私の頭に浮かぶ限りの言葉の組み合わせの中から、
やっと、やっちゃんがウインクでイエスのサインを出したのは、


『ごめんなさいね おかあさん』


でした。


こうやって何か月もかけてやっと前半部分ができた時、
やっちゃんのお母さんに見てもらいました。

読み終えてもお母さんは無言でした。

ただ目頭を押さえて、立ちつくしていました。


「やっちゃんが、これを……」


と、かすかに言われたように思います。

そのせり上がる思いが私にも伝わってきました。


『わたしの息子よ』と呼びかけたお母さんの詩が
私の手元に届いたのは、すぐ次の日のことです。
今度は私が立ちつくしました。



 わたしの息子よ ゆるしてね

 わたしのむすこよ ゆるしてね

 このかあさんを ゆるしておくれ

 お前が 脳性マヒと知ったとき

 ああごめんなさいと 泣きました

 いっぱいいっぱい 泣きました

 いつまでたっても 歩けない

 お前を背負って歩くとき

 肩にくいこむ重さより

「歩きたかろうね」と 母心

“重くはない”と聞いている

 あなたの心が せつなくて
 
 

 私の息子よ ありがとう

 ありがとう 息子よ

 あなたのすがたを見守って

 お母さんは 生きていく

 悲しいまでの がんばりと

 人をいたわるほほえみの

 その笑顔で 生きている

 脳性マヒの わが息子

 そこに あなたがいるかぎり



 このお母さんの心を受け止めるようにしてやっちゃんは、
 後半の詩づくりにまた挑んだのです。
 
 やっちゃんが言う「ごめんなさいね」は、
 母へのいたわりと思いやりがあふれていました。


 
  • コメント(全83件)
  • アキ★ゲームしません 
    3/23 16:57

    障害がなかったら、やっちゃんの人生はどうなっていたのか…カウンセラーになっていたのかなと涙しながら想像しまし

  • といぷりん♪# 
    3/23 16:59

    親子の愛を本当に感じます

    最近、忘れてる人が多いような…


  • カリス 〜☆God bless you☆〜 
    3/23 17:11

    水野源三さんを思い出しました。
  • $如月$ 次回会う時は、月下の光の中で… 
    3/23 17:17

    (;∇;)
    諸行無情の鐘が鳴る
    ひとえに風のまえの塵と同じ…
    色即是空 空即是色

  • ぺこちゃん(^^)箱イベ参加少し遅れます 
    3/23 17:26

    涙が止まらないです。自分は何様かと思いました。人に後ろ指をさされないようにと叱る自分は何様なんでしょう。彼の個性を否定し人格を否定し、可愛いはずの我が子に。。。私は何様なんでしょう。先生、自分を見つめ直す機会を、ありがとうございます
  • フェアリー白石 
    3/23 17:35

    何事かとビックリし
    つい
    見入ってしまいまし

    心がきゅっと切なく苦しくなるけどなんだか暖かくて幸せになりました

    ん?
    自分でも良くわからない
  • デイジ- 
    3/23 17:51

    電車の中で見てます
    涙が溢れてくるのを堪えるのが大変でした。
    私の娘はダウン症です。
    それを聞いた日は、《何でなん
    でなん

    泣きわめき自分を責めました。
    幸いなことに、何も合併症もなく健康そのものです。
    そして、この子がいてくれて、私は様々な障害を持つお子さんやご家族と知り合えました。

    誰にも優しい娘です
    喋るとどもってしまうから本当の気持ちは日記やお絵かき帳に書いてます
    たまに見ると、《お母さん大好き》、《お母さん嫌い》どちらも書いてあります(笑)
    《お母さん嫌い》は明らかにカミナリ
    落としてやった時ですね(笑)
    分りやすい娘です

    大好きです



  • 春君のママ  
    3/23 17:57

    私も見入ってしまいました

    家の長男はアスペルガー症候群と言われています…
    長男の場合はまだ軽度と言われてはいますが…

    実は明日も診察と言語のリハビリがあります…


    木下先生なら私達の話しを聞いてくれそうですね!

  • My dearest Dr.K (^з^)-☆ 
    3/23 18:16

    先生
    が止まりませんでし
    私も子供を持ってお母さんの気持ちもやっちゃんさんの気持ちも分かるの
    素敵なお仕事をされました

  • みずき 
    3/23 18:20

     
    こんばんは

     
    ジーンと、してしまいました。
     
    詩に、温かさや、辛い思いが、にじみ出ている気がしました
     
     

  • 皆様ありがとうございました 
    3/23 18:35

    涙がでました
  • のぁ&愛&虎ママ‡ツリハコׇ 
    3/23 19:54

    涙が止まりません
  • ‡нιме‡ 
    3/23 20:46


    (>_<。)


  • ふーたん 
    3/23 21:21


    涙が出るお話しです

    お互いに思いやる心素晴らしい

  • 火影§日本を取り戻す! 
    3/23 21:31


    こんばんは('-'*)

    私の三女も重度心身障害者です。

    産まれた病院で…多分…院内感染で、風邪の菌が脊髄に入ってしまい…

    髄膜炎に…。

    新生児であった為、発病の発見が遅れ、新生児センターのある身障の病院に転院した時には『手遅れ』だと言われました

    助かるのは五分だと

    何とか命は取り留めましたが、三歳の時発作を起こし、検査結果は髄膜炎の後遺症で水頭症になり、それに伴うてんかん発作と左半身マヒを発病したとのことでした。

    その当時は絶望感に襲われましたが、上に二人の娘が居た為、何とか前向きにやってこれました。

    三女は今年25才になります。

    左半身にマヒがあるものの、自分で歩き、自分でトイレも食事も出来ます

    お風呂だけは手伝ってやりますがf^_^;


    そういう環境に育った為か、長女は正看護師になり、次女は福祉課を卒業し、住環境の資格も取りました。

    長女と次女は結婚し、子供もそれぞれ二人出来、障害者の三女もとても可愛がって、私も一息ついたところです。

    三女が『手遅れ』と言われた時は、何とか命だけは、と願っていましたが、障害の子供を持つということは、当人しかわからない苦労があったと思います

    私はいい加減な母親ですが、とてもご苦労なさったことと思います

    頭が下がる思いです

    携わった先生も感じられたでしょう。

    支離滅裂になってしまいました


    長々、申し訳ございませんでした

    また、心温まる逸話をお待ちしております。
  • いちご*お仲間サン感謝デス* 
    3/23 22:30


    胸が詰まりました・



    自分が親になって、日々色々な事に気づかされます。
    子供から学ぶ事ばかりです
  • ともちゃん(今までお世話になりました。ありがとうございました) 
    3/23 22:33

    子供二人餓死させたあのバカな母親や子供を虐待、暴行死させたバカ夫婦に読ませてもきっとなんとも思わないんだろうなぁ…
  • ★みぃ☆ 
    3/23 22:38

    私の甥も産まれながらに小児脳性麻痺、笑う事しか出来ない、周りの顔色が暗い事や口調が荒い言葉使いをすると泣いて騒ぐ[やめろ]っていつも家族一同が仲良しで居る事が彼の願いです。私はこの甥の笑顔にいつも支えられて居ます。
  • 芋奉行 地震雷火事コロナ((゚□゚;)) 
    3/23 22:53


    心に響きまし


    私も日々親に感謝し

    子供にも色んな感動を体験して欲しいと思いま


  •  
    3/23 23:15

    涙が止まりません…
  • 海姫ウサギ(左側に人工股関節入ってます) 
    3/23 23:19

    切ないけど
    温かくなる詩ですね



  • めぐ*結愛・優翔LOVE* 
    3/24 00:02

    私は親の立場にたってこの詩を読みました。
    脳性麻痺で産まれた我が子になんど謝ったんでしょう

    どれほど自分を責めたんでしょう

    母親の思いを考えると涙がとまりません


  • メリー 
    3/24 00:03

    この子供は お母さんがかわいそうって思ってるんだね(T_T)世の中不公平だね
    でもお母さんはこの子供に色々教えてもらい感謝してると思います(^^)どんな子供が生まれても自分が生んだからかわいがらないとね(^^)v
  • ゆきっぴ 
    3/24 00:27

    赤ちゃんの頃の病気や生まれつきの障害って、なんか神様から選ばれたのかなぁーって思っちゃいます。
    人間は心も成長して、この子はすぐれているから、もう少しレベルの高い課題にしようって選ばれたんじゃないかなぁー
    そして選ばれた子は、そうなることを知っていて、それを乗り越えられる親を選んできていると思います。

  • チェリー苺ママ♪今まで有難う☆ 
    3/24 00:28

    涙が自然に溢れました。
    今日も素晴らしい感謝の1日でした。
    明日も謙虚に努めたいと思いました。
    ありがとうございます。
    息子は軽度のアスペルガー。4歳から現在も先生方、ことばを育てる親の会メンバーに支えられ、中学生生活を充実させて頂いています。往復で4時間病院へ通っていた頃が嘘のように幸せです
    言語訓練の先生には今でも、本当に感謝します。時々つまづきがあれば、相談相手になって下さいます。
    繋がりは大切な手立て。
    何とか生き抜く力を育てさせて頂きたく思っています
    長々すみません。
  • ドラ 
    3/24 00:34

    涙が出ました

    私事ながら、現在 初めての妊娠をしました。まだ未婚ですが、どんなことがあってもお腹の子は私が守ると決めていま
    どんな状況でも産まれてくる子には産まれる意味があると思っています
    生、感動的な詩を紹介して下さってありがとうございます

  • エアまま 
    3/24 00:52

    ごめんなさいね おかあさん…
    胸が締め付けられる思いで

    コメントの言葉が 見付かりません…
    先生 ありがとうございま

  • はまち 
    3/24 01:04

    とてもかなしいです(TT)なぜ子どもが重い病気をかかえて産まれなければならないのかわかりません(;_;)なにも悪いことをしてもいないのに…
  • ☆HiMami☆ 
    3/24 01:12

    涙が止まりません。私の長女は、生まれつき心臓と股関節が弱く…最近学習障害が発覚しました。毎日泣いてどんどん落ちる…会社にも長期休暇を貰うところです。私は何て弱い母親なんだろう。私はどんだけ甘えてるんだろう。子供たちには私しかいないのに。先生、ありがとうございます。勇気と力、強さと優しさを教えて貰いました。ありがとうございます。
  • きくどん 
    3/24 01:31

    感動で
    我が息子も今
    元気になりましたが、心臓が悪かったのです。一歳の時手術をしました。
    時々僕産まれてきて良かっ

    聞いてくる時があります。私は、産まれてきてくれて良かったよ ありがとう
    息子に言うと、何とも言えない笑顔で、私を見ます。今小5ですが、やっぱり子どもは宝です

    私の方が、息子に体に傷つけてごめんね
    …でも、息子は大丈夫だよ 痛くないからと…ニコニコして答えてくれました。長くなりすみません

  • たびお街歩き 
    3/24 01:38

    いつも感動するお話をありがとうございます。
  • いよばば 20〜06時offm(_ _)m 
    3/24 03:57

    今、夜中に、泣きながら、詩を読ませていただきました。
    母の愛は、無償ですよね。いつ、どんな時も、子供がいてくれるから、毎日、頑張れるんですよね。息子の寝顔みながら、あたしの子供として産まれてきてくれたことに、感謝してます
  • ^ ^ 
    3/24 04:21

    りがとう先生
  • ☆ちぃ☆7月末まで超多忙… 
    3/24 05:45

    母親の立場 子供の立場 どちらに立ってみても切ないですよね…
    悲しみや大変さもあったでしょうが 子供の笑顔や仕草一つ一つが お母さんのエネルギーになったのだと思いま

    育児=育自 日々実

  • 紫陽…今までありがとうございました 
    3/24 06:12


    この世に生まれてき
    辛いこと、悲しいこと、沢山ありますね

    重度の障害
    胸が痛みます

    子供さんの気持ち
    お母さんの気持ち

    それで

    出逢っ
    喜び

    きっとあったと思います
  • なぁたん 
    3/24 09:44

    涙がとまりません。でもたくさんの愛が感じられました。ごめんなさい。上手く言葉が出てきません。明日一週間ぶりに息子に会えます。毎日仕事で辛いですけど息子の為にがんばります
  • バナナケーキ★元気&やる気 UP 
    3/24 11:22

    素晴らしい親子です

    涙が溢れて なかなか止まりませ

    母として がんばらなければ…

    木ノ下先生ありがとうございまし
  • あこ 
    3/24 12:26

    自らに置き換えて、相手の立場に立つ…って、ただの傲りなんでしょうか
    それでも相手を思う気持ちは忘れず生きたいと思います。
    ありがとうございました。
  • しゅん 
    3/24 12:39

    ほんとに、胸が苦しくなりました
    私の娘も病気で200万人に1人の難病です。
    今だに、原因、治療法も確立していない難病です。

    娘と重なってしまい、泣いてしまいました。

    本当に今思うのは、子供は出来の悪い子供でもいい、健康ならそれだけで十分です。
    しみじみ思います。
  • 金正恩 
    3/24 16:37

    詩にも感動しますが、コメント欄に書き込まれる数々のエピソードも、読んでいて考えさせられるものばかりです。ブログも一期一会だなと感じます。
  • ゆんちゃん 
    3/24 19:08

    うまく表現出来ません…
    子供さんもお母さんも大変だったけど貴重な経験です
    生まれ変わってもまた親子で今度は長く楽しく過ごして欲しいです

  • 42 
    3/25 00:46

    愛が深いですね。

    同じ立場に自分を置き換えた時、私はこんなになれるかしら
    己の未熟さを痛感します。
  • ひなや 
    3/25 01:52

    学生時代にこの詩を読んだことを思い出しました。

    やっちゃんとお母さんの人を思う優しい気持ちは見習わなければ、と自省しました。

    そして、言葉を発することが困難であっても「やっちゃん」の思いを推察ではなくきちんと聴いている先生にも感激しました。

    木下先生、ステキなブログありがとうございました


  • ちびくろ 
    3/25 08:25

    木下先生、


    すばらしい詩を有り難う御座いま



    こちらも、胸がいっぱいになりま



    こどもは、全身で親へ向かってきてくれるのですよね



    病気じゃなくてもぶつかるし、


    病気でもぶつかるし



    でも、どちらも愛があるから、ぶつかるし、怒りも悲しみも、思いやりの心も、生まれるのですよね



    先生、いつも素敵な日記を、有り難う御座います。
  • アルプスの少女ハイジ 
    3/25 14:34

    きのぴー先日
    んにち


    敵な日記で
    がとまりませんでし
    とても
    が温まりまし


    私は
    症心身障害児施設で
    育士と介護の仕事をしています


    改めて
    母さん
    ども達の気持ちを考えなが
    初心にもどっ
    笑顔と
    いやり
    もって
    張りま


    きのぴー先日
    りがとうございまし


    お忙し
    毎日ですが
    身体気をつけて下さいねo(^-^)o


    HAPPYいっぱいありますように

  • みりん・る 
    3/25 23:13

    母親に

    生まれてきてごめんなさい
    なんてこと

    言うもんじゃない。

    そんなこと息子には思わないで欲しい。




  • キャラメルポップ 
    3/25 23:27

    暖かいですね


    言葉の発せられない子供の言葉を探ると、やはりお母さんへの愛情ですよ


    私も昔は障害を持つ子供たちの看護師として小児科で働き、自分の息子も発達障害だと解ってから、離婚して、大変な毎日を頑張りながら、今ならいろんな母親の大変さに理解出来る心境にあります。

    だけど、息子はとても優しく、ある意味私は息子に支えられて頑張って仕事しています


    これもまた人


    ケセラセラ



  • ⊂すぴ♪穏ヤカニ過ゴセマスヨウニ(´∀`)⊃ 
    3/28 12:32

    我が子に“産まれてきてごめんなさい”って言われるのは辛いなぁ


    でも母親だったら
    “障害のある子に産んでごめんなさい”って思ってしまいますよね


    子供の立場だ
    親にそう言われるのも辛いですね


    “ごめんなさい”は心の中にしまって
    “ありがとう”だけ言おうと思いました


  • ☆SHIZUKA☆ 
    3/28 22:20


    そこに あなたがいるかぎ



  • ななちん* 
    3/31 22:03

    我が子も脳性麻痺で何もわからない状態です。
    読んで泣きました。お母さんの言葉は私の言葉のようでした
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)