真実の父に。今朝も愛読書致知から勉強させていただきます。

  • 木下博勝 公式ブログ/真実の父に。今朝も愛読書致知から勉強させていただきます。 画像1
「お母さん、ぼくは家に帰ってきたんか」
       
上月照宗(曹洞宗大本山永平寺監院)

親と子といえば、私には
どうしても忘れられない逸話があるんです。

土井敏春という中尉の話です。

昭和16年の安慶の攻略線の際、土井中尉は
部下5人を連れて将校斥候に出たのですが、
敵の地雷に引っ掛かってしまった。

    (中略)

一瞬にして5人の部下が
即死してしまったのだから惨いことです。

助かったのは土井中尉一人。
しかし、彼自身も両足と片腕を吹き飛ばされ、
爆風で脳、眼、耳が完全にやられてしまった。

あまりの苦しさに舌を噛み切って自害するといわれますが、
土井中尉は上下の歯もガタガタになってしまった。
死ぬに死ねません。これほど悲惨なことはありません。

どこにいて、何をしているのかもわからない。
声だけは出るものですから、病院に担ぎこまれても、
ただ怒鳴り散らすばかりです。

まだ昭和16年のころでしたし、将校ですから、
病院や看護婦は至れり尽くせりの看護をしたのですが、
本人にしてみれば地獄です。

目は見えない、耳は聞こえない、自分で歩くことも、
物に触れることもできない。

食事も食べさせてもらうのはいいが、
しょっちゅう漏らして看護婦の世話になる。
ただ、怒鳴るだけしかできず、介護に反発しますから、
ついには病院中のだれにも嫌われてしまった。

それで内地送還になり、
最後は箱根の療養所に落ち着くのです。
その連絡がお母さんのところに届きます。


すでに、夫を亡くしていたお母さんは
その当時はみんなそうでしたが、
息子のために毎日毎日、陰膳を供えて
彼の無事な帰還を祈っていました。

ですから、息子が帰ってきたという知らせに
母は娘と夫の弟さんを連れて、取るものも取りあえず、
箱根に駆けつけたんですね。

療養所では面会謝絶です。院長にお願いしても、

「せっかく来られたのですが、
 息子さんにはとてもあなた方のことはわからないでしょう。
 今日はお帰りください」

と聞き入れてもらえない。

しかし、母にとっては待ちに待った息子の帰還です。
何とか一目でいいから会わせてほしいと懇願し、
やっとの思いで院長の許可を取ることができました。

病院に案内されると廊下の向こうから
「わぁー」という訳のわからない怒鳴り声が聞こえます。
どうもその声は、自分の息子らしい。
毎日陰膳を供えて息子の無事を祈っていた
自分の息子の声であったのです。

たまらなくなって、その怒鳴り声をたどって
足早に病室に飛び込みます。

するとそのベッドの上に置かれているのは、
手足を取られ、包帯の中から口だけがのぞいている“物体”。
息子の影すらありません。声だけが息子です。

「あぁー」と母は息子に飛び付いて、
「敏春!」「敏春!」と叫ぶのですが、
耳も目も聞こえない息子には通じません。

それどころか、「うるさい! 何するんだ!」といって、
残された片腕で母を払いのけようともがくのです。


何度呼んでも、体を揺すっても暴れるだけです。
妹さんが「兄さん!兄さん!」と抱きついても、
叔父さんがやっても全然、受け答えません。
三人はおいおい泣き、看護婦も、
たまらずもらい泣きしました。

何もわからない土井中尉はただわめき、
怒鳴っているばかりです。

こんな悲惨な光景はありますまい。
しばらくして、面会の時間を過ぎたことだし、

「またいいことがあるでしょう。今日はもう帰りましょう」

と院長が病室を出ると、妹さんと叔父さんも泣きながら、
それについて帰ります。

しかし、お母さんは動こうとしない。
どうするのか、見ていると、
彼女はそばにあった椅子を指して
看護婦にこういうのです。


「すみません。
 この椅子を吊ってくださいませんか」


そして、それをベッドに近寄せると
お母さんはその上に乗るや、もろ肌脱いでお乳を出し、
それをガバッと土井中尉の顔の
包帯の裂け目から出ているその口へ、
「敏春!」といって押しあてたのです。


その瞬間どうでしょう。

それまで、訳のわからないことを怒鳴っていた土井中尉は、
突然、ワーッと大声で泣き出してしまった。
そして、その残された右腕の人差し指で
しきりに母親の顔を撫で回して


「お母さん! お母さんだなあ、
 お母さん、ぼくは家に帰ってきたんか。
 家に帰ってきたんか」


と、むしゃぶりついて離さない。
母はもう口から出る言葉もありません。

時間です、母は土井中尉の腕をしっかり握って、
また来るよ、また来るよといって、帰っていきました。

すると、どうでしょう。
母と別れた土井中尉はそれからぴたりと怒鳴ることを
やめてしまいました。

その翌朝、看護婦がそばにいることがわかっていて、
彼は静かにいいました。


「ぼくは勝手なことばかりいって、申し訳なかった。
 これからは歌を作りたい。
 すまないが、それを書きとどめていただけますか」


その最初の歌が、


 見えざれば、母上の顔なでてみぬ
 頬やわらかに 笑みていませる



目が見えないので、お母さんの顔、
この二本の指でさすってみた、
そしたらお母さんの顔がやわらかで、
笑って見えるようであった。

土井中尉の心の眼、心眼には
母親の顔は豊かな、慈母観世音菩薩さまのように
映ったのに違いありません。


  (中略)


この話はその現場に立ち会っていた
相沢京子さんという看護婦から聞いたものなのですが、
その相沢さん自身も母親の姿を目の当たりにして、
患者の心になり切る看護というものに目覚めたということです。


道元禅師の言葉にこうあります。


「この法は、人々の分上に豊かにそなわれりといえども、
 未だ修せざるには現れず、証せざるには得ることなし」


「法」とは「仏性」のことです。
ですから、すべての生きとし生けるものには
みな仏性があると、根本信条を諭されます。

しかし、道元禅師は、それも修行して
磨きをかけないと本当の光が出てこない。

本当に磨きをかけることによって、
真実の父親、母親になれ、
その真実の人がそのものになり切ってこそ
偉大な力を発揮するということになるのです。

 
  • コメント(全49件)
  • ^ ^ 
    3/1 09:18

    なんともいえない衝動をおぼえました…
  • ^ ^ 
    3/1 09:21

    言葉が出ないです…
  • くるみGF*療養中しばらく活動休止 
    3/1 09:27



    ぃぃ ぉ話 ァリガトーござぃまし


    朝から号泣シマシタ
    (TOT)



  • ☆ハイジ☆(GREE復活) 
    3/1 09:35

    泣ける話しですね


    私の伯父も片腕がなく全盲です 戦争は二度あってはならないですね

  • 屋根ノ上ノ猫  
    3/1 09:38

    今日から また 努力しま
  • ^ ^ 
    3/1 09:40

    そうですよね。戦争は絶対にあってはいけないんですよね。
  • みいのら♪ 
    3/1 09:58

    心の修行をし心を磨くことが大切なんですね。

    自分はダメだ…とかいいわけなんかしてたらいけないんですね。


  • 沙耶香(LAM) 
    3/1 10:00


    さぞ辛かったことでしょう
    出口のない闇に取り残された苦しみ。

    『母は強し』

    感情移入してしまいそうになりました。
  • ヘバラギ*庭は暫くおやすみします。 
    3/1 10:09

    泣きました。
    母親の愛は深いですね。
  • みりん・る 
    3/1 10:23

    お母さんてすごい。
  • ‡κμ† 
    3/1 10:58

    TVドラマでも見ているみたいだった…けど…



    母は強しです



  • たまき 
    3/1 11:01

    母親の愛情は凄いですね。
    13日に母親が亡くな
    寂しさでおかしくなってしまいそうです
    木下先生のようなお医者さまに診て頂きたかったです
  • ☆彡多忙m(_ _)m 
    3/1 11:21

    母の愛って偉大です

    見習わないと

  • 三毛猫☆彡(6/7まで休みます) 
    3/1 11:27

    私の母も今チューブにつながれて土井中尉と同じ状態です
    の手と言われる某心臓外科医を信じて命を預けたのに
    物状態の母を前に「手術は成功」
    TVで元神を手術したドクターは「手術は患者が日常生活を取り戻して成功」と
    者の選択を誤り自責の念でいっぱいです
    めんなさいお母さん
    任はとります

  • 42 
    3/1 12:10

    母を大切にします。

    祖母を大切にします

    私の宝物ですから。先生も大切な宝物大切になさって下さいね☆

  • 薫子 
    3/1 12:21

    子育てに悩む毎日ですが、今日の先生のお話を読んで目が覚めまし

  • ぽょ☆[クリノッペ協力感謝] 
    3/1 12:25

    今、会社でこの日記を読んでいます。不覚にも涙がでました
  • の〜(気まぐれ参加) 
    3/1 13:05

    ごい
    こんなコメントしか出来ないけど、本当に凄いと思いました。鳥肌がたちました。
  • たびお街歩き 
    3/1 13:11

    私も涙がでました。感動しました
  • あいこ 
    3/1 13:58

    涙が出ました

    親子の本能的な部分からの情愛も日々の積み重ねによってより深いものへと成長するんですね
  • 《ホッと一息》 
    3/1 13:59

    自然災害があるのに…絶対に人災は…あってはならないです

  • キャンドル 
    3/1 14:38

    介護の仕事をしています。親子間の愛情 は、深く尊いものですね。築き上げるというより、命の繋がりが自然とそうさせるのかも…
  • ☆えっちゃん★ 
    3/1 14:45

    どういう言葉を書けばよいか、わかりません。色々深く考えさせられるものです
  • *さくら* 
    3/1 15:03

    ありがとうございました。
    うちは母子家庭なのですが、将来像がつかめない出口のない不安というのがあります。でもこんな不安ってちっぽけなものなんですよね。

    1日1日必死に生きたいです^^
  • ぴよちゃん 
    3/1 15:08

    先生、泣けました
    ちにも息子がいますので・

  • かずちゃん 
    3/1 17:30

    先生素晴らしい話を読ませてもらって、感動しました
    親の愛は子供に通じたんですね

    泣けてきまし

  • スイカ大船長グラシアス☆ 
    3/1 18:33

    母の愛は凄い


    感動しました




  • ケイコ IN減〜仲間解除OKです(>_<) 
    3/1 19:13

    感動しました
    泣です

  • みゆたん≪志≫ 
    3/1 19:18

    自分の子どもを虐待する親がいる昨今…

    これが本当の 親子の姿であるべきです

    政治不信 経済低迷期…そんな中でも 今 私達は恵まれ過ぎています

    人間として 本当に大切なモノはナニか 一人一人が考えないといけない時期だと思います
  • 輝望(招待×・リク聖戦のみ) 
    3/1 19:32

    母の力はすごいですね。
    親は大切にしないといけませんね
  • 小喬 
    3/1 19:34

    私も一応、母親してますが、尊敬されるように、頑張ります、感動する事最近なくて、
    りがとうございまし

  • 退会します今までありがとう 
    3/1 19:56

    娘…朝帰りばかり…
    眠れない毎日
    仕事1年後…
    子供が産まれる…
    母親になると…きっとわかるはず
    どれだけ泣いて眠れない日々があったか

  • みゅう☆絆 
    3/1 20:09

    とても一言ではいいつくせないですね 感動しました
  • tak 
    3/1 21:14

    この豊かな毎日……

    東日本大震災でも感動するお話しが有りましたよね…

    我々は忘れてきたものが多すぎるのかも

    行き過ぎた個人主義を考え直しても良い時期なのかも

    江戸時代までは、この国には法律なんて無かったんですよね
  • なお 
    3/1 21:20



    ( ̄^
    )

  • あすかGD 
    3/1 21:58

    先々月友達の息子が17歳の若さで自ら命を絶ちました
    一生懸命生きる事‥ただそれだけでも十分な親孝行なのだと思いました
    素敵日記ありがとうございました

  • キャンディ♪☆いつも有難うございますm(_ _)m感謝で一杯ですm(_ _)m 
    3/2 06:59

    戦争で、毎日、陰善据え膳お供えしながら、どんな姿であれ 息子さんが、帰って来たと聞いた時は、本当に嬉しかったと思います。


    真珠湾攻撃のお話を思い出して もらい泣き しまし


    去年、広島県江田島に行って 戦争で、亡くなられた方々の衣類や書物を展示しているのを見て 今が、あるのは、この方々が、日本を守って下さったのだと 常々 思います。
  • あっこちゃん ☆暫くお休みします☆ 
    3/2 08:06

    初めてコメさせていただきます。

    母の心は偉大ですね。そして、この親子のような思いを二度とさせてはいけない。「地球上から悲惨の二字」を、なくしていかなければいけませんね。

    いいお話ありがとうございました

  • 。゚*ほしのゆめ*。゜ 
    3/2 09:15


    ただ


    ひたむきに
    生きるしかできません …

  • LUCKY() 
    3/2 10:49

    かあちゃん…

  • ‡まーちゃん‡ 
    3/2 10:51


    涙止まらない

  • rabbit 
    3/2 11:16

    意味が分からない
  • ☆みあ☆ 
    3/3 00:20

    壮絶なお話ありがとうございました。
    おかあさん。
    どんな人にも、誰にでも、かならずいらっしゃいますよね。

    ただいま息子の断乳中です。泣き叫んでおります。
  • なお*カノン 
    3/3 23:59

    目や耳の機能を失うだけで
    孤独で不安に思うのに…。

    戦争から帰ってきて
    全身包帯で怒り狂う息子に
    ショックを受けたと思うのに…。母親の息子への想い
    通じたんでしょうね

    2本の指で
    母親を顔を撫でて表情が見えたとは…

  • せんせ〜 ☆ 
    3/4 21:54

    言葉も、ありません
    母の愛は偉大ですね
  •  
    3/5 21:00

    この物資豊かな国日本では14年連続して自殺者が3万人を越えています
    ぜこうも命を絶つ人が多いのか悔しい限りです
    を粗末にしてはいけませんね。生きたい人が生きれなかった時代もあると言うのに。しかし今は今で生きにくい世の中なんですよね、確かに
  • チーチ 多忙の為クリイベお休み 
    3/6 00:08

    素晴らしい日記をありがとうございまし

  • ☆SHIZUKA☆ 
    3/9 13:02

    涙がとまらな
  • めぐ〔皆さんに感謝 (*^^*)〕 
    3/12 00:38

    母の愛は偉大ですね

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)