今朝の産経新聞より

  • 木下博勝 公式ブログ/今朝の産経新聞より 画像1
  • 木下博勝 公式ブログ/今朝の産経新聞より 画像2
  • 木下博勝 公式ブログ/今朝の産経新聞より 画像3
大学の補習講義について、賛否があるようです。

鎌倉女子大学では、補習講義は行われいませんし必要も感じませんが、個人的には必要があれば行っても問題ないと考えます。

基礎学力を上げなければ、専門の理解にも支障がでる事は間違いないと思います。

ゆとり教育の弊害かもしれまそんが、確かに大学生の基礎学力は低下していると感じます。

子供の頃から学習の癖をつけるような、国を挙げての教育を希望します。

 
  • コメント(全25件)
  • ハート 
    1/6 14:00

    このままだと、ほかのアジアの国に学力が負けてしまいますね……
  • 湘南電車:大学生やってます 
    1/6 14:00

    恥ずかしい話、私は基礎学力が低いのでごさいます。
    私みたいに中学生の時にさぼった人って、沢山いるのでしょうかね
  • かすん(仲間&友達&飴も種も感謝アバコンお願い(^○^) 
    1/6 14:12

    誤字が

    疲れてませんかね

    補習には大概サボりからくる原因が有りそうですが、復習は大切だと思います。
    一度だけで覚えている人は少ないとは思われますが…

  • ★ひとみ★姫2歳★ 
    1/6 14:32

    うちの息子の基礎学力アップに、頭抱えてます

  • 楪otochosyococo.lovely. 
    1/6 14:32

    頑張って、キノピーさん…
  • 沙耶香(LAM) 
    1/6 15:28


    きのピー先生


    【ありがとうございます】

    ありがとうございました〜


  • かすん(仲間&友達&飴も種も感謝アバコンお願い(^○^) 
    1/6 16:07

    先生には珍しいなと思いました

    誤字が二ヵ所で。
    ホームページに来られた方がいらっしゃいましたので、指摘しておきますね。
    先生も私も間違いは有っても普通ですので気にしないで下さいね

    補習講義は行われいません
    ゆとり教育の弊害かもしれまそんが…

    慌てて、だと思います。
    先生も疲れてると思うし忙しい中なので日記を書いて貰えるの嬉しいんで

    ありがとうございま

  • 火影§日本を取り戻す! 
    1/6 16:24


    こんにちは(゚▽゚)/

    産経の文字を見て、すわ山岡大臣の失言の話かと…。

    私も女子大出身者ですが、補習は必要かと…。

    まあ、今の日本では無理ですわね

    なんせ、日教組が…

    幹事長からして…。


  • ぺりぱとす☆))) 
    1/6 16:50


    補講で学力が補えるとは個人的には思いません

    課題を自らの問題と認識出来るか、後期中等教育課程において、「将来の選択」を明確にしていくことが大切ではないでしょうか。

    大学にて、専門課程を十分学べるように基礎学力を養うのはもっと早い段階及び家庭学習の課題だと思っております。
  • 。+mo桃mo+。 
    1/6 17:54


    木下先生…
    お久しぶりです^^ゞ


    年末年始Hawaiiに行って先日帰国しました^^♪


    今年も 先生のブログを楽しみにしておりますね‥


    良い年で有りますょうに!


    お仕事 頑張って下さい!


  • お蜜柑。 
    1/6 18:57

    え〜とぉ、誤字脱字はいつもの事なので、指摘なんてする人はモグリですね。
    学生が学習したいっていうんなら、補講だろうが補習だろうが、やってくれるんなら受ければいいと思います。
  • カール 
    1/6 19:07

    どうですか、それはオズモンズでしょう。Ψ
  • みぃ 
    1/6 19:28

    先生!頑張って下さいね!
  • ちゃも☆ 
    1/6 20:31

    大阪府では、橋下さんが教育に力を入れてくれているおかげで少しづつ変わりつつありますよ☆彡
    道徳や勉強は、ホント知的財産ですし治安にもかかわりますよね
  • にゃんだらリンゴ 
    1/6 21:09

    補習講義はあった方がいいと思います。

    大学の授業だけではもの足りなくて専門学校に行く人もいるくらいですか




  • 姐御 
    1/6 22:01

    大学は自ら学ぶ場だと思います。
  • 42 
    1/6 22:35

    「ゆとり教育」には甚だ呆れます
    この世代に対して私が感じる違和感を他にも感じる方がいらっしゃる事を望みます。

    先ず自分で考え、行動する事を極端に嫌がります。と、云うより、責任感や責任がかかる事を究極に嫌がります。
    叱られるには、叱られるなりの理由が有るのに、理由はともかく、叱った方が悪者扱い

    全く「ゆとり教育」って、モンスターを教育するための物だったのかと疑いたくなります。
    「ゆとり」は終わったからいい加減、夢から覚めて現実に戻ってくれ☆
    付き合ってられない
  • ☆えっちゃん★ 
    1/7 00:11

    先生こんばん

    その話、私には頭が痛い話です

    昭和生まれの私は、ゆとり教育の意味がワカラナイ

    私達の時代は新任の教師が一生懸命 補習をしてくれる先生沢山居ましたよ〜

    学力低下してるなら、何かしらやっていかない
  • ♪みやび♪ 
    1/7 02:55

    義務教育レベルを踏襲していない人が、なぜ大学に入れるのか不思議です

    下位に位置する大学は、経営のために、大学生になれるレベルにない人を合格させているのではないでしょうか。
    それこそが問題の根幹だと思います。
  • といぷりん♪# 
    1/7 10:57

    少子化から、お金を出せばどこかに入れるみたいな大学受験システムから変えないと一生懸命に勉強する機会さえなく社会人になる人も多い世の中になってる気がしま

  • Evelyn 
    1/7 14:09

    仕事が忙しく、親が子どもの実態を知らないまま、勉強は塾に行かせればなんとかなるだろう、と簡単に考えている家庭が増えているように感じます。鉛筆の持ち方だっておかしいし、鉛筆を持たない方の手で紙を押さえない。家庭での教育が減っているからではないでしょうか。
  • みっちー 
    1/7 14:33

    弊害かもしれまそん
  • ゆりあ 
    1/7 19:29

    小さい時に、子供の長所を誉めることを、きちんとして安心信頼感を築けた上で


    どれだけ教師が勉強の楽しさを子供たちに伝えられるかにかかっているのではないかと思います。


    先生が勉強を教えるのではなく、勉強って、こんなふうにやると楽しいんだよ、と、自ら学習する姿勢を授業中に展開していくような先生が


    そんな魅力的な先生の育成も大切なことだと思います




  • lancer☆温故知新☆ 
    1/7 21:39

    円周率の話を聞くと「ゆとり教育」の「ゆとり」と「教育」の捉え方、やり方を間違ってしまったのかなと思います。「ゆとり教育」の意義は、国際性、自主性、自立性を育むことにあったとすると、ある間違った使い方をした結果から全否定してしまうにはどうなのかなぁと個人的には意見として持っています。「ゆとり教育」をうまく取り入れているフィンランドや秋田の例もありますし、「ゆとり教育」とは直接関係ないかもしれませんが、音楽、フィギアスケートでは、昔では考えられないくらい多くの方々が活躍するようになりました。結局は我々を含めて本人が何を学びたいかが重要なのではないかなと私は考えます。ちょっと疑問に思ったのですが、補習を先生が必要だと思っても、簡単にはできないような現実があるってことでしょうか
  • MOI 
    1/9 06:47

    本来は基礎学力がある上で学ぶべき環境なハズの大学で、それができない状況下とは恐ろしいもので

    基礎学力だけでなく、心も幼稚な人が増えた気がしま

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)