先日、新人のマネージャーに似た話をしたばかりです。

  • 木下博勝 公式ブログ/先日、新人のマネージャーに似た話をしたばかりです。 画像1
「プアなイノベーションより、優れたイミテーションを」
       佐々木常夫(東レ経営研究所特別顧問)


二十代という年代は知識も知恵も不足しているため、
いろいろな回り道をし、時間をロスしてしまいがちです。

ただ、私のように失敗を重ねてきた人間は、
次は失敗をしないようにと心掛けるため、
三十代に入るとそれほど失敗をしなくなります。

そして管理職になって人を使うようになると、
そこで人間は飛躍的に成長していくものだと感じています。

自分自身を振り返って最も成長したと思われるのは
三十代後半から四十代にかけてでしたが、
本当は二十代の時にもっと伸びなければいけないと考えています。

そしてそのためには二十代の時に
どんな人が周りにいたかが重要になってくる。

しかし会社の中では皆、自分自身の仕事に追われているため、
メンターとなってくれるような人はほとんどいません。

従ってその年代には、この人ならと思える人を自ら探しに行き、
私を指導してくださいとお願いをすればよいでしょう。

当時の私が行わなかったのはその点で、
せっかく優秀な人がたくさん周りにいたのだから、
その人たちに教えを請うようにしていれば、
もう少しよい二十代が過ごせたのではないかと反省しています。


また、仕事を早く覚えるための秘訣は、
優れた人のやり方を真似るということです。

尊敬する上司が朝何時に出社するのか、
お客様とどう接しているのか、
どんな電話のかけ方をしているのか、等々。

私はよく


「プアなイノベーションより、優れたイミテーションを」


と述べていますが、一般的な会社の仕事で、
創造性を求められる仕事はほとんどありません。
従って、優れた仕事をしている上司や先輩のやり方を
注意深く観察し、どんどん真似ていけばよいのです。

最後に僕の経験例をお話します。
当時の僕は、医者に成り立てで、全く使い物にならない研修医で、何とか早く医師として認められたいと思っていました。

当時、最も尊敬して、少しでも近づきたい存在は武藤教授(現在、癌研有明病院、上席常務理事)です。
知識も経験も、到底及ばない僕は、教授回診等で教授がおっしゃった事を全て書き留めて暗記したり、恥ずかしい話ですが、教授が当時お使いだった万年筆(大変高価でしたので、月給のほとんどを費やして)を買って、カルテや書類等は万年筆で書いたり、机の前に教授の写真を飾って、めったにお会いできない教授に毎日お会いできるように、自分を戒めていました。

不思議と、数年続けていますと、教授がお考えになるであろう事が分かってくるのです。教授だったら多分こうお考えになって、このように行動されるだろう。

若いときの、社会人としての第一歩は、尊敬できる方を徹底的にまねをすることではないでしょうか。

 
  • コメント(全27件)
  • お蜜柑。 
    10/27 09:19

    そうなんですが、『前に教えたでしょ』とかって、熱心に指導してくれない職場ばかりですよ
    まれた環境にもよりますね
  • Salonni 
    10/27 09:27

    本当、その通りです
  • ゆずる 
    10/27 09:48

    私の職場では、仕事ができる人って裏表激しくて性格が悪い人が多いんですが
    尊敬する人をみつけて頑張ります

  • あどな【節電中】クリノッペオン活&ちょこっとファームのみ活動中:アプリ招待NG 
    10/27 09:54

    いい話を有難うございます
    私も昔いい上司や先輩にそこそこ恵まれてた方ではないでしょうか

    自分は今訳アリで働いてはいないけど
    もしまた働くならいい方の見本にならなくてはと思います

    というか職場に限ら
    いろんな場面にも応用はきくと思うので
    日頃から(人生の先輩として…なんせアラフォーですから)自覚を持たなくてはなりません
  • _. 
    10/27 09:56


    今、すごく感じていることです


    20代の頃を反省できるようになったこと
    30代になった自分が
    何らかの成長をしたからなのだと考えています
    そして、今は
    身近にすごく尊敬できる人はこれといっていないです

    いろんな人の「いいところ」「優れているところ」を見抜い
    自分に取り入れる努力をしています。

    グリーで出会った人たちから
    多くのことを学ぶことができていますの

    とても感謝しています。
    長文失礼しましたm(_ _)m

  • *すみれ* 
    10/27 10:39

    とてもよい話をきかせてもらいました参考になります私もそうしてみます すこし悩んでたから仕事ができる人をまねてみます☆⌒(>。≪)
  • ぺりぱとす☆))) 
    10/27 10:57


     おはようございま
    疲れ様です。
     癌研有明病院がたまたま近いのでお話しが身近に感じ、少しお喋り…

    わたしはお医者様ではございませんがモンブランをタケイ屋で仕入れて使いました〜その万年筆は練馬の靴屋さんに物品調達に行った折に紛失しました(笑)そのあたりから多少方向があやふやになりはじめていたのかも知れませんが。当時、尊敬する上司がモンブラン使っていたので奮発して買い求めた記憶がございます。無意識に真似をしていたんですね、まねび…。
    今日も示唆に富むお話しをありがとございまし



  • *あこ* 
    10/27 11:01

    まさに今実践していることでしたので、記事を拝見して納得しました。
    私にとっては今の職場の上司です
    「厳しく言うのは成長を願っているから」と口に出して言ってくださる方です。とても幸せなことだと思っています。怖いけど
    (笑)
    最初は真似だったとしても、確実に自分のものにしていきたいと思います

  • ‡ひまわり‡  
    10/27 11:45

    吊橋 ダッシュしたお姿に吹き出してしまいました


    高所恐怖症なんです

  • たびお街歩き 
    10/27 11:59

    20代のころは上司に恵まれませんでしたが、私自身も卑屈になりすぎてたように思います。もったいない過ごし方でした
  • キャンディ 
    10/27 12:13

    私もそう思います。
  • シェリ♪(放置) 
    10/27 12:47

    先生



    先生みたぃな方に話聞いて貰ったり治療して貰いたいです




  • 沙耶香(LAM) 
    10/27 15:23


    ( ^^)Y☆Y(^^ )

  • いちご (事情により近いうちに退会) 
    10/27 15:37

    確かに20代のころは 人間として 成長期ですが 自ら 教えてもらいに行くというのは いまの若者はどうでしょう。環境がかなり左右され その人にもよりますが やはりいかに自分の意志がどう考えてるかにもよると思います
  • モコたん 
    10/27 17:43

    なるほど〜


    でもそこまで 仕事に力を注ぎたくないなぁーと思う自分がいます


    もちろん働くのは嫌いじゃないんですが
  • みこ 
    10/27 18:28

    私もまず大先輩の仕事ぶり、発言、身だしなみなどを真似ていたことを思い出しました!真似るのは大事ですね

  • ちびサボテン 
    10/27 22:24


    素晴らしいお考えだ
    同感しました

    今はなかなか尊敬できるような上司や先輩はいませんが、自分自身がそのように思われるような人間になりたいものです


  • 涼介 
    10/27 22:28

    尊敬できる人を見つけるまで、数年を要しました!!
    しかも、表の顔しか知りませんが。。
    でも、その先輩の言葉を金言に、
    頑張ってます!!
    出会った良い人を、
    いかに記憶して向上するかですかね!!

    人生、数字じゃない!!(とか、ちょっと言わせてください(笑))
  • はち#順調に回復中 
    10/27 23:34

    尊敬できる人は大事ですね

    私も早く見つけたいな〜


  • 42 
    10/28 00:16

    日々、尊敬し敬愛する先輩や他部署の上司ですが、素晴らしい所など見習わさせて頂いてます
    「門前の小僧」に習って身に付けたい物は、仰るとおり真似からですね☆
    私は有り難いです。
    お手本としたい方が、側にいらっしゃる事がどれだけ素晴らしい事か、よく解りました

    先生、ありがとうございます。
  • ☆えっちゃん★ 
    10/28 00:49

    こんばんは。私は割と恵まれた環境に居たのだと、振り返って思いました!沢山 尊敬出来る方が居ましたから
    も今は
    現実は厳しいもので

  • ◇◆アクア◆◇それでも地球は回ってる◇◆ 
    10/28 06:15


    ぉはょぅござぃマス

    私の尊敬する人は、母です


    人間性ゃ生き方など見習うべきところが沢山あります。。。



  • アヤ@ケータイメーカー変えるので、メールしないで、もう、精神的喪失、憔悴 
    10/29 11:51

    木下先生お早うございます

    尊敬する人も大事ですが、私は今、理解者が「欲しい」って感じですねぇ

    パートナーは大事ですねぇ



  • あずき 
    10/30 06:22

    後輩育成の立場になって常々感じることです
    似て学ぶこと…がなかなか伝わらない
    敬する相手を見つけられないのもあるだろうけど、なにより向上心がないのが残念で
    十代の今、気づいて欲しいなぁ。苦戦してます

  • へ〜10代目源蔵 
    10/30 15:35

    こんにちは


    確かに僕も仕事にはいったばかりの、20代の頃は憧れた上司達の真似をして、仕事を覚えていまし


    参考になりました


    ありがとうございま

  • ライム 
    10/30 21:52

    先生お願いします。教えて下さい
    ちの父は、シャイドレイガーと言う病気です。訪問看護の人や、他の内科の先生二人が、特定疾患になるから、手続きして貰いなさいって、言ってくれたです。神経内科の担当先生が、パーキンソン病じゃないから、成らない。パーキンソン病症候群だから駄目って、言うです。でも、家の母は、パーキンソン病症候群の多系統萎縮症と言う病気で、特定疾患と障害1級になりました。父の病気は、やっぱり成らないでしょうか?先生お願いします。教えて下さい。
  • ワカメ 
    11/2 19:38

    いつも勉強になるお話をありがとうございます
    振り返れば私の20代は、お手本となる師匠のような方を探そうともしませんでした。

    今思うと非常に残念です。

    先日、社内の会議で、先生のブログを紹介させて頂きました

    事後報告ですみません。
    弊社は若いスタッフも多い為、皆、真剣に読み入ってました

    これからも為になるお話、教訓など、是非教えて下さい。

    ありがとうございました。


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)