愛読書、致知より、「本当の学びとは」

  • 木下博勝 公式ブログ/愛読書、致知より、「本当の学びとは」 画像1
日本人ではない方が、日本の武道からその精神、極意を体得されたのには驚きました
ジャック・パイエ(合気道無限塾主宰)

             『致知』2008年11月号「致知随想」


 私が合気道という言葉を知ったのは約三十年前、
 大学生の時でした。
 
 ブルース・リーに魅せられて
 フランスの古武道の道場に通っていた私に、
 ある道場生がビデオを見せてくれたのです。

 そこには道着に袴姿の小柄な年配の男性が登場していました。
 驚いたことに、その男性は何人もの大男を、
 目にも留まらぬ速さで次々に投げ飛ばすのです。
 
 しかも、表情は穏やかで、その動きに少しも無理がありません。

 思わず目を見張りました。
 
 と同時に「これはインチキではないか」という疑問が湧き、
 ぜひ日本に行って確かめてみたいという衝動に駆られました。
 
 いま振り返ると、この時の思いが私の人生を決めたのだと思います。

 その武道家は塩田剛三という、その道の達人でした。

 若くして合気道創始者・植芝盛平先生の門を叩き、
 内弟子として技を究められた方でした。
 
 塩田先生に会いたいという思いは日に日に募り、
 僅かな貯金を手に、大学卒業と同時に
 フランスから日本へと飛び立ちました。


 その頃の私は日本に対する知識は皆無に近く、
 日本語も喋れません。インターネットなどない時代です。
 
 来日に当たっては日本の知人に先生が主宰する
 養神館(東京)の連絡先を調べてもらい、
 自分の足で探し回って入門を申し込んだのです。


 近くに安いアパートを借り、道場には毎日足を運びました。
 ビデオで見た華麗な演武に憧れて入門したものの、
 日々の稽古は地味な基本技の繰り返し。
 あまりの難しさに音を上げそうになることもありました。

 道場の雰囲気に慣れ、仲間と打ち解けるようになった頃、
 私は大きな壁にぶつかりました。
 貯金が底をついたのです。
 
 未練はありましたが、帰国の決意を固め、
 先生のご子息・塩田泰久さん(現館長)にその旨を伝えました。
 
 すると泰久さんは「そんなに合気道が好きなら」と
 塩田先生を紹介くださいました。

 この時、先生にかけていただいた言葉は
 終生忘れないでしょう。
 
 
 「あなたにチャンスを与えます。
  三か月間、道場で寝起きして稽古をしなさい。
  ただし朝早く起きて掃除をし、
  一日六時間の稽古に出るんですよ」。
  
 
 私は胸が熱くなりました。
 以来、道場一階の部屋で他の内弟子と寝食を共にしながら、
 毎日六時間の稽古に汗を流しました。
 
 三か月の約束は四か月、五か月と延び、
 一年経った時に、内弟子として認めていただいたのです。

 私たち西洋人は、頭で考え納得できるもの以外は
 なかなか受け入れません。
 しかし道場には、技を細かく説明してくれる
 先輩はいませんでした。
 
 
 「技は盗むもの」と教わり、先生や先輩の動きを観察し、
 見様見真似で技を身につけねばならないのです。

 入門から数年が経ち、技が上達してくると、
 塩田先生に随行し、演武の受け身を
 取らせていただく機会も増えてきました。
 
 技のタイミングやスピードを直接学べるのはもちろんですが、
 それ以上に先生の日常生活に教わることが数多くありました。

 先生は
 
 
 「行住坐臥一切の時勢これ最善の道場」
 
 
 という禅の言葉を好んで口にされ、
 それだけに日常生活のすべてを修業と考えておられました。
 
 内弟子にとっては、そういう師の呼吸を一瞬にして掴み、
 先を読んで行動するのも大切な修業です。
 
 例えば、先生が事務室を出られる時は、
 必ず先回りしてタイミングよくドアを開けねばなりません。
 
 広い事務室には三つのドアがあり、
 先生がどのドアから出てこられるかを
 足音や気配で敏感に察知して、即座に動く。
 
 風呂に入られる場合も同様で、
 先生が入られる時間を見計らい、最高の湯加減でご案内する。

 ご多忙な先生は接客などが長引くことも多く、
 先を読んで動くのは大変でした。
 
 しかし、一瞬でもタイミングを逃すと
 内弟子として失格だと自分に言い聞かせていましたので、
 常に真剣勝負の気構えで臨みました。
 
 不思議なことに、こういう訓練を重ねるうちに、
 道場でも相手の呼吸や動きが
 自然に読み取れるようになったのです。

 またそのことで先生の信頼を得られたのは
 何より幸せなことでした。

 通算八年間の内弟子生活を終えた私は
 ヨーロッパの道場で指導をした後、
 二〇〇〇年にロサンゼルス、
 二〇〇六年には京都で道場を開設しました。
 
 現在も大学で仕事をしながら
 二つの道場で指導を続けていますが、
 合気道中心の生活は決して楽ではありません。
 家族を養うために副業を優先し、
 三年ほど稽古を休んだ時期があります。

 そういう時は、職場を道場と思い、
 仕事に打ち込みました。
 
 パソコンを打つ場合は身体のバランスを取る、
 歩く時には身体の中心線を意識するといった
 武道の基本を絶えず意識したのです。
 
 三年後に稽古を再開し、久々に参加した演武会では、
 美しい技を披露することができました。

 合気道を通して、私は「学ぶ」とは
 どういうものかを教わりました。
 
 月謝を払い、それに見合う分だけ
 手取り足取り教えてもらう
 ギブ・アンド・テイクの考えだけでは、
 本当のものは伝えることができません。
 
 大事なことはあくまで「ギブ」であり、
 「テイク」ではないということで、
 与えれば与えるほど多くのものが
 自分のものとなって戻ってくるのです。
 
 また師と一体となって教えを素直に受け入れる、
 教わるのを待つのではなく、
 すすんで盗み取ろうとする姿勢が学びの原点なのだと思います。

 合気道は和の武道と言われます。
 相手を力ずくで倒そうとせず、
 一つになる気持ちがあって初めて技は相手に通用します。
 
 塩田先生は会った瞬間、相手と一体になれる方でした。

 合気道の極意について先生はある時、
 
 
 「自分を殺しに来た人と友達になるのが最強の技だ」
 
 
 と話されたことがあります。
 それを思うと、
 この道は限りなく深く修業をゆるがせにできません。

 
  • コメント(全24件)
  • ルパン 
    6/6 00:26


    すごいです


    感動しました

  • たくまる GT@巻き起こせmihimaru旋風☆ 
    6/6 00:28

    感動しました・・・
  • 皆様ありがとうございました 
    6/6 00:31

    センセ
    いから 後で読む

  • すぱんく また、会いましょう。 
    6/6 00:33

    素晴らしいです。

    私には、できない
  • まったりお茶 改め お茶パー♪( ´▽`) 
    6/6 00:43

    合気道の極意は、ありとあらゆる面で、役に立ちます
    勉強・仕事・人間関係・国家間、全てにおいて……

    記載されておりますように、教えて貰うのを待つのではなく、自ら学びとろうとする姿勢も、素晴らしいで


    今の日本人が忘れ去っている、『和の心
    この『和の心』の究極型が、塩田氏の御言葉ですね

  • ☆ハイジ☆【皆さん水分補給して下さい】 
    6/6 00:45

    長〜い


    でも全部読んだよ


    いい話しやね

  • アキ★ゲームしません 
    6/6 00:57

    長かったー。でも読み終えたらいいお話でした
  • ヤスコーズC  
    6/6 01:21

    植芝盛平さん…聞いたことあります。
  • §ちびちゃん§ 
    6/6 01:28

    凄い精神力ですね

    殺しに来た人とお友達にな



    このような気持ちで外交をして頂けたら(殺しに来たはちょっと違います
    )世界が平和になる気がします



    でもどうしたらお友達になれるのかな?懐に入るの?

    この方法ならイジメも無くなるのでは


    相手を読んで合わせるの?

    詳しく知りたいけど、自分で体得しないといけないのでしょうね



  • 年子双子ママ・ぴらりん 
    6/6 02:51

    素晴らしいお話しでした

    奇しくも本日は6月6日…
    ジンクスですが
    日本には 6月6日の6歳の女子に 何か習い事とゆうか 教わる事を始めたら『一生モノ』になると聞いてます

    私は不覚な親
    今思い出しオロオロ


    んで
    私の娘には発達障害(広汎性発達障害とADHDの複合型)
    で かつ言語障害もありま

    せめて『言の葉』と
    合気道でゆうとこの『呼吸』などを 身につけさせたい…


    そうですよね
    お金で 才能までは買えません
  • Blue熊本復興母骨折治療中ギブスしてます。 
    6/6 03:05

    先生お疲れさま〜
    この本の内容と記事への思いと伝えたい思いが熱い…先生Coolに見えて
    燃えて文章付いてくの大変でしたが国境超えた絆は素晴らしい…よく文章転記されたなと関心
    ぅ〜

  • ゆずは 
    6/6 04:43

    この話を、みんなに伝えようとする先生の姿勢に感動しまし

    とてもいいお話を忙しい中打っていただいて、ありがたいです。

    ところで表紙の方、子供達をプールに通わせたり何か指導されていて、でも東日本大震災で家(道場?)や奥さんを亡くされた方…?
  • モコたん 
    6/6 04:53

    素晴らしいです。

    自分の仕事も、その考え方で できたら
    もっと成長できるような気がします。
  • 紫水晶@協力多謝。時々男装。寝落ち魔。 
    6/6 06:36

    肝に銘じます
    ありがとう
    ございました
  • ぴよちゃん 
    6/6 07:00


  • よし 
    6/6 07:40

    先生、おはようございます


    「行住坐臥」いい言葉です


    僕もそのように物事に打ち込みま


    また、最近少しずつですが、「教えること」とは「教わること」なんだ
    気づいてきました



    今日もスタッフと一緒に「共育」したいと思います

  • 香澄(多忙) 
    6/6 08:15

    おはようございます


    フランスの方がそこまで熱心に、合気道を学ぶ姿に感銘を受けました。

  • 松嶋7個 
    6/6 19:59

    合気道
    かっこいいです!
    惚れちまうやろ〜 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
  •  
    6/6 21:04

    木下先生、久しぶりの書き込みをさせて頂きます。

    初めに御友人の方の難関の宇宙飛行士抜擢、御目出とう御座居ます

    話しは変わりますが今の日本武道に於いて想う事は、「日本人の武道は弱く成った。」と云う事です

    例えば相撲ですが此処何年か日本人の横綱が不在のままです

    今日本の武道に在って、日本人の武道に対する心構えが外国人拠りも衰退して居るのでは無いでしょうか。

    其の事が国技試合の結果に現れて居る様な感じを払拭出来ません。

    日本武道の心構えを一番持って居られる者は外国人(モンゴル人)の方様に存じます。
  • 42 
    6/7 00:25

    「見て取れ」と、母によく叱られたものです、昔。
    それから、近頃の若者には「門前の小僧」と言う諺を言っても伝わりません。
    日本の師弟関係の良さが失われつつあるのか…
    マニュアル文化が浸透し、良い事と悪い事の二面性が顕著に現れていると思います。
  • トンボ(退会します(^_^)/~) 
    6/10 19:03

    何度も何度も読みかえしています。人生を一貫して向学の精神で励んできた方々がおられたんですね。そして人の心も見通せるような力も得られた凄さ
    すれかけていた人間の尊厳を感じることができました
  • ぺりぱとす☆))) 
    6/11 05:49


    行住坐臥一切の時勢これ最善の道場(禅)

    世俗内聖化(キ)

    やはり行き着くところは一ツのように感じます。典座教訓(ママ)にも確か日常茶飯事が道場とゆうようなお話ですが…

    合気道
    し先生ご自身に触れられた文章でした
    りがとうございまし

  • うさぴ(^ω^)大好きなうさぴが死んで一年。ボチボチ顔出しています。 
    6/13 08:27

    うちの親父は今は合気道師範、師匠は塩田剛三館長

    私はまだ小さかったからわからなかったけど塩田館長って素晴らしい方だったのですね
  • ミキティ@性教育ハンター 
    7/7 07:39

    はじめまして

    うちの子供、空手を習わせています。

    勝って嬉しい
    負けて悔しい

    を知った空手仲間達
    物凄い根性の持ち主
    さらに弱い子には優しく接する
    子供達に育っています。

    いじめなんか考えられない世界です。

    しかし空手習わしてると言ったら
    痛いのに可哀
    というママ友が多数です。

    日本人は武道の精神
    完全に忘れていますよね。

    とりもどさなければ

    失礼いたしましたm(__)m
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)