死生観について

  • 木下博勝 公式ブログ/死生観について 画像1
  • 木下博勝 公式ブログ/死生観について 画像2
先日、雑誌の対談で、帝京平成大学の、井手口先生とご一緒させて頂きました。

その中で、死生観 についての問いかけを頂きました。外科医として、今までに臨終に立ち会った事は、数えきれないほどあります。でも改めて考えたのは、3月に他界した弟の際でした。


言志四録から引用した言葉を話しました。


同時に、鎌倉女子大学学長の福井先生から教えて頂いた、ハイデッカーの存在と時間にも触れて、人生の終わりを意識して時間を大切に日々を送るように心掛けている旨をお話しました。

しかし、正直に申し上げまして、存在と時間は、僕にとっては非常に難解でして、読破出来ていません。


最近、その事を福井学長先生にお伝えしたところ、著者を頂きました。


死生論を含む内容で、これから勉強させて頂きます。

いつか、皆さんにも、内容をお伝え出来ればと考えています。


皆さんは、死生観について考えた経験、ありますか?

 
  • コメント(全30件)
  • AQUA 
    5/25 14:53

    死生観を学ぶために編入し、ホスピス勤務もいいなと考えていましたが、死生観について考えるほど病んできて、そっちの方面は諦めました(^^;)
  • ミルク今までありがとう感謝ごめんね 
    5/25 14:56

    母や従兄弟が婦長や医師や看護師をしているので 自然と他の人よりは人の生き死について考えることはあります

    本当に難しい問題ですよね


  • ギラ,クリイベ協力感謝Ω  
    5/25 15:06


    最近70代で亡くなる人が多くて、母親は78才いつお迎えが来てもおかしくない歳なので心の準備、母親には悔いなく楽しんでもらいたいと思うようになった

  • ☆アイス☆ 
    5/25 15:17

    若くして命を落としてしまう人、大往生の末最後を迎える人 定めとは生まれた時から決まっているのでしょうか
  • ゆずる 
    5/25 15:20

    大学の卒論が、ヨーロッパ中世の霊魂観念についてでした。

    時代と共に生死観は変わります。しかし、時代、国境、人種、宗教が変わっても、「今現在」を精一杯生き抜く先により良い死後の世界や来世がある、という根底思想は原始時代も現代も変わっていないと思います
  • 三毛猫 
    5/25 15:32

    ここ2、3年に身内が続けて鬼籍に入り、今も墓参りから戻る途中です。
    精一杯生きる事が亡くなった人への孝行だと思います
  • ☆ハイジ☆【皆さん水分補給して下さい】 
    5/25 15:43

    生まれて今現在を生きているのが奇跡…
    死んだら 生まれる前 何も知らない時に戻るだけ…
    なのか 前世があって来世があるのか…
    この問題は正解が解りませんね

    宇宙の終わりを探すのと同じくらい考えても解らない

  • KEKO(スマホ使いにくい…)  
    5/25 15:48

    一昨年、父が突然他界。
    その2ヶ月後に息子を妊娠しました。

    生命の不思議を感じています。

    生き死にを考える事は、この人生をいかに生きていくかにつながると思います。
    今を精一杯生きていくことが一番大切ですね
  • Hakuto 
    5/25 15:54

    死は何を語るか、というのが一つの死生観でしょうか
    まだ20代ですが、原発の事故で同年代の方が二人亡くなられ、自殺してゆく人を知り、今までに同級生の通夜にも行き、三度親類の葬儀に立ち会いました。
    失うと、得るものがあるというのを思うのです
    私はより多くを得させてあげたい
    時の積み重ねは、きっとそのために。
  • のんこ 
    5/25 16:43

    日私はまだ60にもならない人のお通夜に行く所なので よけいに考えさせられました 自分もそうですが いつこの世を終わりにさせられるのだろうかと このところテレビで有名な方が続いて亡くなられましたよね誰も予想はしてなかったとおもいます それを自分に置き換えてしまうんです 悲しいです。
  • かすん(仲間&友達&飴も種も感謝アバコンお願い(^○^) 
    5/25 16:57

    自ら命を投げ出してしまう方は、天国には逝けないと聞いた事が有りますが、私は生きているので分かりません。
    しかし、全うを生き抜いた方は天国に逝っていると信じたいです。

    震災の様に、命からがらに助かった方々や、命を投げ出してしまう方は、悔しくて亡くなられた方々の、かけがえのない命の分まで、生き抜いて欲しいです。命を粗末にだけは、して頂きたくないです。生きる事は辛い時も沢山あると思いますが、少しずつ立ち止まりながらも、今を乗り越えれていけたら、光り輝く道は自然と繋がっていると思います。
  • トロル 
    5/25 17:06

    先生こんにち
    死生感‥考えさせられます。私は死後の世界は無いと思います。人間は生まれ変わらないと思います。死んだら無になると思います。
    でも‥姉の家 注文新築戸建てを建ててる途中父が亡くなり 父は家を見るのを楽しみにしていました。姉も是非見せたいと言っていました
    知り合いの大工さんが建ててる途中病気になり亡くなりました。工事が遅れて父も見れませんでした。当初の新築戸建て入居予定だったら 見られました
    姉は更にリスクがあ今まで住んでいた中古戸建てを売らないと住宅ローンが二重になり大変な状態になっていました。 でも‥父の一回忌にその日に売れましたント その日だったのです
    父は心配性でずっと中古戸建てが売れたらいいけど‥って生前言ってました。
    私はこの出来事は偶然なのか‥不思議に思っています
  • ウズメ☆皆さんさいなら〜☆ 
    5/25 17:32

    死生観は 医療関係に 勤めて おりましたので 人の死は 身近な事でした。 ただ1度 手術を 受けた時 麻酔が 戻らす生死を彷徨った事 癌の疑いが あり 悩んだ時 死を 強く感じたのを覚えていま
    死は いつも 隣り合わせ 避けては 通れない
    間の 長短も 分からない…だから 今を 一生懸命生きないと。そう言えば 昔 畳の上で 苦労したけど 良い人生だったと 言える 生き方をしなさい
    言われまし

  • ☆みか☆∞ありがとう∞ 
    5/25 17:42

    難しい事は分かりませんが
    「人は生まれたらいつ死が訪れるか分からない」という事だけは言えると思います。
    今この時間を元気に生きていても明日はどうなるか分かりません。それは年齢にかかわらず世の中の人達皆に言える事ですよね
    人生は一度き
    生まれ変わる…は無いと思います
    なので人生に悔いが残らない為にも自分のやりたい事を出来る限り頑張りたいです。
    人生を楽しく過ごすのも自分の努力しだいだと思います。
  • 慈崢(じそう)ゲームお誘い×m(_ _)m 
    5/25 17:58

    人の命は死んで終わりではなく、生まれ変わり死に変わりしながら、永遠無窮に生き通すものです。
    生きている間に葛藤して御魂を磨き、死んでいる間に、生きていた時に決定された、それぞれの霊界に行って、そこで修行して、修行が明けたら、また生まれ変わるんですよ
    それを永遠無窮に繰り返しながら御魂を磨き、神様に近づいていくわけです。
    そして、その御魂達の中から、菅原道真のように、神上がりする御魂も出てきます。

    動物と違って、人間はこのように御魂磨きを神様に許されているから、文明が急激に発達したと言えるでしょう。

  • ママちゃん(装具に慣れました!) 
    5/25 18:22

    死生観をあまり考えていないです。でも…正直に生きていきたいと、考えてます

  • こころね♪グリ。休みます 
    5/25 18:28



    存在や時間す
    夢の中の空間かも知れない
    と時々、思う事があります

    わざわざ手等
    ぶつけてみて、痛いとかんじると
    『生きてるのか』と思ったり。

    お腹がすいた時も『生きてるなぁ』とおもったり。

    でも、実際はタンパク質の塊まりで、神経に電気が通っているただの物体に過ぎないと思ったり。

    その中で感情等や相手との意思の疎通が有ったりするのかと思うと

    『ちっぽけだなぁ』
    なんて思ってみたり

    最後には、
    『幸でありたい』と言うのが正直な話しになり

    では『幸せ』とは?

    と言う疑問になり

    幸せとは、
    『ささやかで穏やかな暮らし』という結論になりました。


    話しがズレた気がしますが
  • チビボス(モンプラ&海賊×) 
    5/25 19:00

    生死観 についてですよね。 私は、16年前(高校生)の時、交通事故で脳内出血で意識不明でした。 その中で、幽体離脱
    分のお葬式の
    を感じました
  • 松嶋7個 
    5/25 19:46

    ん〜〜
    難しいですぅ
    ヽ(´Д`;)ノアゥア...
  • といぷりん♪# 
    5/25 19:59

    私は母を看取ってから色々と考えるようになりました

    でも何が良いとか悪いとか…答えはなかなか見出だせずにいます

  • *月の夜星の朝*  
    5/25 21:09


    今日死んだとしても
    悔いはない!
    て一日を送りたい。


    そんなふうに思っていても、些細なことに腹立てたり、不快に思ったり…

    自分はどこに向かっ
    生きているのか、
    を明確に出来てることが 大事なように思います。

    私も2月に実母を亡くしましたが、身近な人を亡くすと、死について考えて、意識して生きるようになった自分がいます

    (o^∀^o)
  • よし 
    5/25 21:59

    先生、こんばんは


    死生観ですか

    僕は、「死生命あり」と思っています。

    すべては天
    はたらきで、我々人智のおよばないことは、深く考えないようにしています。

    ただ、気持ちの中では、「一日一
    」を意識して、今できることを精一杯やるようにしています


    また、僕は2年前に尊敬する祖父を亡くしましたが、最近、よく祖父からの呼びかけを耳にします。

    先日の日記にも書きましたが、いつまで経っても心配なんでしょう


    先生は、弟さんからの呼びかけはありますか?

    きっと、先生のご活躍を天
    ら見てみえると思いますよ

  • 善(その時歴史はちょっと動いた。) 
    5/25 22:29

    小さい頃から死ぬのは怖いと思っていましたがここ数年間は精神的病により楽になりたいと願っていました

    しかし、母が今年他界したのをきっかけにもう一度頑張って生きようと思うようになりました


    人間どうなるかはわからないですね。



  • アンジュ 
    5/25 22:31

    最愛の祖母や父を亡くした時に、人は必ず死ぬということを感じました。 頭では、分かっていたことですが、やはり身内を亡くすことほど大きな哀しみは、ありません。自分もいつかは、死を迎える。そう考えると、切ない気持ちになってしまいます。だけど、私の人生、良かった…と言えるように生きていきたいです
  • みいのら♪ 
    5/25 22:44

    答えは出ません…

    まだ考え中です。

    うまい言葉が使えず、とても言葉は悪いですが

    父を亡くした時にも、様々考えたけど、
    一期一会と思い日々大事に生きたいと願ってきたけど

    やっぱ
    他人事だったんだなぁって風に今は思えます。
    言葉悪くてごめんなさいm(_ _)m

    死に至る病にかかり
    とりあえず生還してから半年になります

    大事に生きる
    それまで考えてたことの甘さに気づきました。

    まだ
    みつかりませんが、

    朝日に会うた
    感謝の日々を
    とりあえず今
    送っています
  • すぱんく また、会いましょう。 
    5/25 23:05

    今度わかりやすく教えて下さい
  • ちぃ 
    5/25 23:06

    看取りに係わる職に付いています

    日々、考えさせられますが答えが出ないまま勤務してます


    答えなんか無いですよね
  • ありがとぉ日記up<Nomoreフクシマ> 
    5/26 09:31


    仏法の金言に
    『臨終只今』とあります。

    3月11日の未曽有の大震災はたいへんな悲劇です‥

    いまも心は痛みますし大変なshockでし



    生かされてい

    一寸先は何方もわかりません‥
    いま生かされている
    かけがえのない今を精一杯に生きたいと思いま


    生老病死の四苦とさらに八苦の中
    『愛別離苦』
    ございます‥


    どんな苦しみ
    当人には地獄ですね


    弟さまのご冥福を心よりお祈りいたしま


    鎌倉の長谷寺は紫陽花が美しい水無月
    なりますね


  • じゅん 
    5/26 19:41

    私は、未だに『大切な』人を見送った事はありません
    でも
    なぜこの世に生きて来て、死んでいくのか…
    何故に
    この世
    この両親に来たのか?など
    宗教的でなく
    何とな
    想います。

    暇なのかな…




  • ぽにょ、妊娠中につき放置中 
    5/27 21:53

    高齢者介護しています。段々食べられなくなり死ぬのではなく、更に胃婁になって生きるのは果たして本人は幸せか等と考える毎日です。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)