正直申しまして、僕もこの随想を読んで涙しました。孤児たちのオモニ

  • 木下博勝 公式ブログ/正直申しまして、僕もこの随想を読んで涙しました。孤児たちのオモニ 画像1
今でも、モッポで日本人に会うことは、ほとんどありません。ソウルから飛行機とバスを乗り継いで、約4時間の場所にあります。当時は、日本人がそこで活動しているなど、誰も考えなかったでしょう。
         
田内基(たうち・もと=社会福祉法人こころの家族理事長)

             『致知』2008年6月号「致知随想」
  

 母が他界して今年で四十年の歳月が流れました。

 最近、韓国のテレビ局が母のドキュメンタリーを制作したり、
 古里の高知で顕彰の動きが盛り上がったり、
 その足跡が広く紹介される機会も増えてきました。
 
 日韓両国の人々が過去の不幸な歴史を乗り越え、
 人間愛や平和について考えるよすがとなれば、
 天国の母も本望だと思います。


 母の名は田内千鶴子(韓国名・尹鶴子)。
 戦後の韓国で孤児院を運営し、三千人の孤児を育てあげ、
 皆から「オモニ」(お母さん)と慕われ続けました。
 
 日本人に対する迫害が最も激しかった時代、
 反日感情と貧しさに耐えつつ
 一人で施設を切り盛りする苦労は
 筆舌に尽くしがたいものがあったことでしょうが、
 間近にいた私は、母が泣き言や愚痴を言う姿を
 一度も見たことがありません。
 
 逆にどのような状況でも、
 信仰に裏打ちされた献身的努力を続け、
 孤児の幸せのためだけに人生を捧げ尽くした人でした。

 昭和四十三年に五十六歳で亡くなった時、
 市民葬に三万人が参列しました。
 清貧に生きた無名の日本人の死を、
 これほど多くの人が悼み、号泣した例は
 韓国の歴史にあったでしょうか。

 母は大正元年に高知県で生まれ、
 幼少期に朝鮮総督府に勤めていた父親に呼ばれて
 韓国に移ります。
 
 そして二十六歳の時、ボロボロの身なりで
 孤児の救済に当たっていた
 韓国人キリスト教伝道師の父と出会い、結婚。
 
 韓国南西部・木浦市内にある、
 孤児院とは名ばかりの廃屋同然の木浦共生園で、
 四、五十人の孤児と寝起きを共にしながらの
 新婚生活をスタートします。


 しかし、貧しくも希望に燃えた二人三脚の日々は
 長くは続きませんでした。
 
 やがて訪れる朝鮮戦争の最中、
 父が食料調達に行ったまま消息を絶ってしまったからです。
 
 以来、母は父の帰りを夢見ながら、
 一人で共生園の運営を続けます。
 父が帰るまでは何としても孤児院を守る
 という一念だったといいます。

 動乱で親を亡くした孤児の数は増え続ける一方で、
 運営は困難を極めました。
 
 建物の拡充も必要でしたが、差し当たり必要なのは
 きょう口にする食料でした。
 
 母自らリヤカーを引いて残飯を集め、
 役所を訪れては援助を訴えました。
 まるで物乞いです。
 
 しかし母は周囲の雑音を意に介することなく、
 たどたどしい韓国語を話しながら
 小さな体で食料や資金の確保に走り回り、孤児を育てていくのです。

 病気の子は夜を徹して看病し、
 ひもじい思いをする子には自分の食事を分け与えました。
 
 一緒に遊び、歌い、抱擁し、そして祈り、
 精いっぱいの愛情を注ぎました。
 
 いつも温かい視線を注いでくれる母を、
 孤児たちはいつの間にか皆本当の母親のように
 慕うようになりました。


 戦後間もない頃、凶器を手にした村人が突然、
 共生園を訪れ、日本人である母の命を奪おうと
 したことがあります。
 
 その時、孤児たちは「オモニに手を出させるものか」と
 一斉に母を取り囲んだのです。
 
 村人は無言のまま立ち去りましたが、
 母は後にこの時を振り返り、
 
 
 「孤児たちが守ってくれた命。
  ならば、死ぬまで孤児のために命を捧げようと決意した」
 
  
 と話していました。
 
 その言葉どおり母は終生、この誓いを貫き通すのです。
 
 私も幼い頃からそういう母を見てきました。
 しかし私の幼少期はいい思い出ばかりではありません。
 
 日々の生活は食事も寝る場所も孤児と一緒。
 母は我が子を絶対に特別扱いしませんでしたから、
 近所の子から虐められて帰っても、
 悩みを打ち明ける場もないのです。
 
 寂しさと悔しさでいっぱいになり、
 母ばかりか行方不明になった父すら
 憎らしく思ったことは数えきれません。
 
 事あるごとに反抗を繰り返し、
 屈折した親子の関係はその後長く続きました。

 母と心を分かち合えるだけのまとまった時間が
 ようやく持てたのは、亡くなる直前でした。
 
 がんに侵された母を付きっきりで看病する中で、
 それまでのわだかまりが氷解していくのを
 感じることができたのです。

 死の床で、母は「梅干しが食べたい」と
 呟くように言いました。
 
 当たり前のように韓国語を話しチマチョゴリを着、
 キムチを食べ、誰からも韓国人だと思われていた母が、
 意識朦朧とした状態で発した日本語でした。
 
 この言葉を聞いた時、母の心の奥底には
 ずっと祖国への憧憬があったのだと気づいたのです。


 母の死後、私は二十六歳で施設の経営を継ぎました。
 経営は火の車で資金面での苦労は絶えませんでしたが、
 多くの方々の協力で、共生園を軸に障害者施設、
 職業訓練校、保育所など幅広い福祉事業を
 展開することができました。
 
 大阪に在日コリアンの特別養護老人ホーム
 「故郷の家」を建てたのは平成元年のことです。

 その後、大阪市生野区、神戸市に「故郷の家」を完成させ、
 今年十月、京都市の東九条に四番目の
 「故郷の家京都」を竣工します。

 私は日本に来るとは夢にも思いませんでした。
 
 しかし、ある時在日のお年寄りの孤独死が
 相次いでいるというニュースを耳にし、強い衝撃を受けたのです。

 祖国に帰ろうにも帰れず、親きょうだいを思いながら
 死んでいったお年寄りの姿が、異郷の地で
 「梅干しが食べたい」と言って死んだ母の姿と重なりました。
 
 韓国語を話しキムチを食べながら
 安らかな死を迎えられる場を提供したかったのです。

 母は五十六年の生涯で、国境を超えて愛し合う
 素晴らしさを身をもって示しました。
 
 そして木浦の人々もまた日本人である母を
 心から愛してくれました。
 私が日本で福祉事業を営むのも、
 その恩に報いたいという思いゆえであり、
 それが母の願いにこたえることだと信じています。

 
  • コメント(全16件)
  • りんこ 
    5/7 09:35

    一部分だけでしたが感動しました 今の日本における震災の復旧とは比べてはいけない事ですが生きて!活きて!行く上では…同じ様な事と受け止めてしまいました
    んな人間なのですから!!
  • さよなら 
    5/7 09:42

    涙がとまりません

  • うーσぐだぐだめんどくせーっ(´д`|||) 
    5/7 09:51

    日本人だから韓国人だから…なんてないですよ


    みんなお母さん、お父さんから生まれ愛され故郷を思う権利や気持ちは同じであって欲しい



  • みんみ 
    5/7 09:52

    感動しました

    カナダのケベックにも、マルガリットブルジョワというよく似た女性がいました

    女性とはここまで素晴らしいことができるんですね


  • みか☆LP☆ 
    5/7 10:21



    素晴らしい女性です

    息子さんも素晴らしい方


    感動しました


    自分の子供を育てるのも大変なのに…

    とても真似出来る事ではありませ


    日本人の誇りです



  • ダッチヤうさぎ 
    5/7 10:30

    はじめましてうさぎと言います。私の祖父母他界しましたが韓国のもっぽから日本に来ました。祖父は公安にはいりながヤミ米しきり韓国の同胞をかばっていたと生前聞きましたが決して、暮らしは大変ながらも大阪総連の叔父となんとか商売で得たものもっぽに幼い頃の記憶ですが、医薬品物品など送り韓国の親戚を日本に呼び自社と喫茶店などでアルバイトさせ専門学校に通学させて今ではソウルで自営業しております。祖父は中之島から大東市に家を買った時日本人と朝鮮韓国人の子供集め野球チーム作ったと聞きましたが、祖父母他界の時みとる事出来てまだ、胸が痛いですが良かったと先祖に感謝です。お墓は大東市ともっぽに分骨してあり長男長女として先祖に何か貢献する事出来たらと考えさせられました。祖父が良く人をわらかせよと怒らすのは簡単だとゆうてました。私もキリスト教プロテクトですが、バスティクト関係なく迎えて頂けるなら桃谷のオモニにあいに行く時そちらにお寄りしたいです。カンサンニダ
  • まきちゃん 
    5/7 11:22



    先生

    長々と
    りがとぅございまし

    複雑な心境になりながら,
    ながら読ませていただきましたm(_ _)m



  • みっつ 
    5/7 11:47

    素晴らしいお話しですね。
    感銘を受けました。
  • ちか 
    5/7 11:59

    私は高知市内に住んでます
    もちろん彼女の事は自然と知ってますよ

    彼女は市内の方ではなかったと思いますが、市内にも海を越えてそちらを向いて石碑が建ってますよ
  • (株)夢★ 
    5/7 12:38

    実父母がいなかったら 自分はどうなってしまっていたのか、いないとして居場所がなかった どうするの
    想像するだけでも難しい
    と思いました

  • アンジュ 
    5/7 16:36

    読みながら涙が止まりませんでした。私の叔母も海外へ嫁ぎました。並々ならぬ苦労があったと思います。異国の土地で生き抜く強さ、想像を超える厳しさ…。今なお地球のどこかで争いが絶えず 国や宗教の違いで尊い命が失われている悲しみ。平和を願い、祈り、行動しなければと強く感じました
  • お蜜柑。 
    5/7 17:44

    蛸の名産地ですね。でも反日教育はどうにかしてほしいですね。孤児が多い事がそもそも問題だし。
  • 天使 ♪ 
    5/7 19:05


    数年前に、このお話しを知り、号泣したことがありました。


    お母様は人間として素晴らしい生き方をされました。
    それは誰もが認めることと思います。


    私はこの息子さんの、幼少期の辛さや寂しさが手にとるように分かりました。


    こんなに立派な母の子供でも、寂しい思いをする子供がいること…
    ならば、平凡な母から生まれた私がそのような気持ちになることなど、ごく自然なこと

    そのように感じたのを覚えています。


    最後には理解しあえ、よかったです。


    長くなってごめんなさい。
    素敵なお話しありがとうございます。



  • 318ヽ(=゚ω゚) 
    5/7 19:46

    くりた陸さんの漫画にもなっています。
  • ママちゃん(装具に慣れました!) 
    5/7 21:11

    素晴らしい話しです
    第二次世界大戦終了後はとても過酷な、時代に韓国で頑張っていた日本人がいた事は…私達の誇りですね
    も、第二次世界中に日本人がした事を忘れないで…後世に伝えなければと思いま

  • たまちゃん 
    5/7 21:21

    私に出来ることは何だろう…と じっと我が掌を見つめてしまいました

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)