愛読書 致知よりエッセイを紹介させてください。「卒業証書のない卒業式」

  • 木下博勝 公式ブログ/愛読書 致知よりエッセイを紹介させてください。「卒業証書のない卒業式」 画像1
我が、鎌倉女子大学も19日に卒業式が行われます。
教え子たちが育って行く、僕にとっては2回目の経験になりますが、今日の山村先生のエッセイを読んで、涙が流れてきました。

著者の山村洋子さんは、
 研修プロジェクト「Tea Time Network」を主宰し、
 一流企業を中心に年間百数十社の企業研修と講演で
 東奔西走の日々を過ごしてこられました。
産能大学総合研究所の講師をはじめ、
 名古屋女子文化短期大学(現・名古屋文化短期大学)、
 名古屋女子商科短期大学(現・名古屋経営短期大学)、
 江南女子短期大学等の非常勤講師を務める傍ら、
 中部日本放送 (CBCラジオ)の
 ニュースキャスターやコメンテーターとして活躍。
 10年間で700回を超える講演をこなす。


以下、本文です。

今年もまた卒業式の季節がやってきました。
桜の便りと共に、この時期が来ると、必ず思い出す
“1通の手紙”があります。
きょうはある学生から私宛に届いた、
その卒業にまつわる手紙を紹介します。


学生の名はオリエさんといいます。
私がまだ大学で講義をしていた頃のことですが、
あれから月日は流れたものの、
平成の不況が今なお続いているせいか、
この手紙を受け取ったのはついきのうのことのように思われます。


そう言えば、かつて私がCBCラジオの早朝番組を
担当していた時にも、
受け取ったばかりのこの手紙をマイクに向かって読み上げて、
少し胸をつまらせたことを思い出します。


オリエさんの思いは、心情は、今皆様に届くでしょうか。
(手紙は原文のままです)



       ☆ ☆

山村先生

きょうは記念すべき日なんですよね。私達大学の卒業式です。

ほんとうなら今頃、卒業式の会場で
“仰げば尊し”を歌っているはずなのですが、
私は今ひとり近くの白川公園で
“下町の太陽”を口ずさみながら、
昼食におにぎりを食べています。


毎日自分で作って、会社の昼休みに
この公園でひとり食べています。
外食はいっさいしたことがありません。

どうしても喉が乾いた時だけは、
自販機の缶コーヒーを飲む程度です。
きょうも仕事が5時に終わったら、
また6時から12時まで別のところでアルバイトです。

もうこんな生活が半年位続いています。


先生。きょうもいい天気ですよ。
3月とは言え、太陽がとても眩しくて・・・。
やっぱりこの歌、歌っています。


そう言えば山村先生は講義が始まる前の
“おはよう”の挨拶がわりに、
そしてまた私達のクラスが何となく元気がない時に、
「みんなどうしたの?こんなに天気がいいというのに・・・」と言いながら、
よくこの歌、歌っていましたよね。


先生が「みんな知っているでしょ。“下町の太陽”」と聞くと
「知らないよ、そんな古い歌」と笑われながらも、
先生が何度も歌うものだから、
そのうちみんなも覚えてしまいましたね。


今から約2年前。
山村先生が初めて私達の大学へ着任された日の4月。
私もこの大学の新入生でした。
この大学に来て、山村先生にも会えたし、
学校の雰囲気もよく、私はこの大学が気に入り、
嬉しくて仕方がないと思っていた入学式の1週間後でした。


友達もでき大はしゃぎで家に帰ったその晩、
私の父の経営している会社が倒産したことを、
父から知らされたのです。
陶器を輸出している小さな会社でした。

でも不債額が多かったため、
家や土地も全部取り上げられることになりました。

毎日家に帰ると、紙が貼られた家具や電化製品が
ひとつづつなくなっていくのです。
ついに冷蔵庫もテーブルもなにもかもなくなってしまいました。


母が勤めはじめました。
でも私はそのまま大学に通っていたのです。

弟もいました。高校生です。
何としてでも高校だけは出さなくてはと、
私は4時半に授業が終わるとすぐアルバイトに出かけました。

夜中の12時まで働くので、
最初は夕食が込になっていたはずなのに、
実際働いてみると夕食が出ないどころか、
食べる時間さえないほどの忙しい仕事場でした。


夜中の1時頃帰宅すると、
何もなくなってしまった台所の床に
サランラップに包んだ小さなおにぎりが2個、
いつも置いてありました。

これが私の夕食です。毎晩、母が作って置いてくれるんです。


その後、父は蒸発し、見つかった時自殺未遂をしました。
私達家族は家を追い出され、
小さなバラックのようなところに移り住むことになりました。

この時点で大学をやめることを迫られていました。
でも私は絶対にやめませんでした。

朝、学校に行く前の早朝2時間、学校が終わってからの6時間。
土曜、日曜も返上し、私は夢中で働きながら、
こうやって1年半を過ごしたのです。



でも、とうとう大学をやめなければならない時が来ました。
行政体の手が私のところまで伸びてきたのです。
負債額も多く、また債権者が何人もいる場合は、
その債務者の家族が大学へ行くことは
許されないということでした。


あと半年で卒業できたと言うのに・・・。
ほんとうに悔しかったです。


私は今、朝9時から5時まで、夕方6時から12時まで、
2ヶ所で働いています。
昔、先生は、朝9時から5時まで、
そして夕方5時半から朝8時半までの勤務を
仮眠時間4時間という中で、
2年間続けたことがあるって話してくれましたよね。

それを思えばまだまだ楽なほうです。
それに先生は、妹さんが死んでしまったそうだけど、
私には弟もいるし・・・。


先生、教えてくれましたよね。私達に。

「私は弱い人間です。あなたたちだけではありません。
だから一緒に、こんな弱い自分から今日こそ抜け出しましょう」
って。

そして「みんな太陽のようになろうよ」 とも言いました。
「知らず知らずのうちに相手の心を開かせるような、
そんな太陽のような人になろうよね」って。
先生。色んなことを教えてくれて、ありがとう。


私はきょう、白川公園でたったひとりの卒業式をしています。
卒業証書のない卒業式です。そして、私が卒業式に歌う歌は、
“仰げば尊し”ではなく“下町の太陽”です。
不思議なことに、このほうがずっと元気が出るんです。


先生。聞こえますか。私の歌・・・。私の声・・・・。
ありがとう。山村先生。
また明日から新しい気持ちで頑張ります。

オリエより


       ☆ ☆


不況とは言え、大学の卒業式は年々派手になっています。
そんな中で、こういう卒業式をひとりで
そっとあげた人がいたことを私は忘れません。

オリエさんのひたむきに生きた日々が、一途に貫いた努力が、
必ず実る日の来ることを祈り続けています。


平成23年 桜の蕾、ふくらんで・・・・・・

 
  • コメント(全24件)
  • よし 
    3/9 13:49

    山村洋子さん、CBCラジオの「冨カン」聴いていました


    また、著書である「赤い自伝車に乗って」は素晴らしい本


    木下先生、お読みになられましたか?

  • 花咲 芽論(メロン) 
    3/9 14:00

    せつないなぁ
    と半年だったのに
    政は待った無しで取り立てるんだ
    悔しかっただろうね
    んなに
    悔しかっただろうね
    れなの
    るく張り切っ
    きてる
    んな素敵な娘に幸せが来ないはずがない
    っときっと
    かめるよね
    ゃなき
    哀想すぎる

    神様
    んちゃんの幸せの半分をこの娘にあげて下さい
    願いします
    m(_ _)mm(_ _)m
  • ぶたネコ*明日は明日の風が吹く〜☆ 
    3/9 15:14


    思わず涙が出ました


  • いちご (事情により近いうちに退会) 
    3/9 15:47

    言葉がでません。大学生の娘に 言っても たぶん体験しないことには 実感しないだろうなぁ〜
  • ぺりぱとす☆))) 
    3/9 15:59

    お疲れ様です


  • 今日のわんこ 
    3/9 15:59

    我が娘も明日中学の卒業式を迎えます。学区外から自転車で、親の車をあてにせず、三年間通い続けて、最後に県中体連から優秀選手という勲章をいただきました。悔しく辛く苦しいこともあったようでしたが、乗りきった娘に拍手です。
  • かすん(仲間&友達&飴も種も感謝(*^^*) 
    3/9 16:21

    この人はオリエさんと云う人は凄い力を持っています
    行政の対応が可笑し
    頑張ってる人に光を与えな
    努力して大学生活をを全うしようとしているのに、救いの手がない
    って、どうするの?と感じ
    白川公園って、何県なんだろ?生き方が素晴らしい
    けない力が凄
    味方は絶対に既に居ると思います

  • ぼった*イベ感謝*タビ…どうしようかな 
    3/9 16:29

    素敵ですね
    んでみたくなりまし

  • さくら 
    3/9 16:47

    長いよ
  • ブータン 
    3/9 17:32


    心の奥がグっとあつくなります。

    現在 八方ふさがりで何処を見ても真っ暗闇に見えていましたが・・・急に目の前が明るくなりました。

    『自分に甘えていてはならない』と自分の足りなさを感じます。

    何不自由なく生活できているのに・・・勝手に暗闇を自分で作り出していました



  • ♪みやび♪ 
    3/9 18:02

    泣けま


    今、喫茶店にいるから涙は出せませんが、家だったら泣いています

    なんて健気に生きているオリエさん。彼女に幸せが訪れることを願って止みません。

    また地に足をつけて生きるってこういうことなのかなとも感じました。
  • あず 
    3/9 18:16

    実は私も明日、専門学校の卒業式です。あらためて、学ぶ幸せを有り難く思います。
  • ヨットさん 
    3/9 18:21

    木下先生も生徒に慕われていますよ。
    さしい先生になってください。

  • 補充トナー(毎日暑いね〜(;^_^A) 
    3/9 18:50

    涙が出ましたよ…
  • はんちゅん 
    3/9 20:11

    先生お話聞かせて下さってありがとうございました
    ても心にしみました。今ある生活がどれだけ幸せなのかが分かりました
    日から日々感謝しながら暮らしたいと思います

  • のん 
    3/9 22:05

    素敵なお話ですね。
    人それぞれ色々な卒業式があると思います。

  • 未来のみっちゃん 
    3/9 22:49

    政治家が志を持つ為に必読すべし
  • みっつ 
    3/9 23:34

    泣いてしまいました

  • 42 
    3/9 23:50

    幸多き日々が、穏やかな日々が、いつか必ず訪れますことを心より御祈願致します。
  • aco 
    3/10 01:57

    資本主義の教えでは
    当然だと言えますよ

    全ては自己責任出だと教えていますよね

    こういった学校に行きたい子供を
    教育から遠ざける資本主義にはなんの疑問も感じませんか?

    1つ言っておきます
    自分はなんの主義も持ちません
    すべてこれからの時代には不要だからで


    まず判断する基準から見直したほうがいいです
    今ではどの論理もすでに崩れています

    こういうことを教える事が教育のいちばん大事なことです

    勉強できなくなった人を納得させるため
    知識を教えるのでもなく
    一部分からだけしか見ていない資本主義の正統性で
    要求を押さえつけるために教育をするのではありませ

    選択をさせるためで
    その基準を教えずに素晴らしいことをしているなど思わないほうがいいで

    今の教育はテストのためだといえます
    ですが、そんなものには人間の価値を計ることは不可能です

    「テストがすべて」だとか、誤まった方向に子供を進めることは絶対に避けてください

    どんな有名な学校だろうと
    本人のやりたいことに必要なければ、なんの意味もありませ

    逆に言えば、学校でなくて
    本人に必要な経験であればなんの問題もありません

    誰かが意見を挟む必要もなければ
    同情もいりません

    もっと言えば、どんなことが自分のためになるかは人それぞれ違います

    あなたのような大人が教育について話すなら
    現在の教育システムの矛盾を問い、話し合うべきです


  • ママチュッ(療養中にて放置気味) 
    3/10 02:08

    心が洗われる思いがしました。
    先生、素敵なお話ありがとうございます



  • とと(マイペースで復活) 
    3/10 02:21

    涙が出ました

    そう言う真面目な学生を 学校は特別支援出来ないんですかね!?
    娘が今大学生です。
    勉強にクラブにバイトにと 頑張ってます…
    先輩の1人も 同じように 親が病気で入院し 会社首になり 学費だけでなく生活費までその子がバイトから捻出するようになり 学校辞められたそうです…
    学校が好きで 真面目に勉強する人だったらしく 娘も残念がってました


    何から何まで おかしな世の中ですよね
  • のんこ 
    3/10 09:29

    社会は意地悪ですね 親が負債をかかえてるからと言って 自分の力で大学に行ってるのまで辞めさせるなんて非情な世の中ですね 涙が出ます

  • 《ホッと一息》 
    3/10 11:35

    オリエさんのような人が沢山、世の中にいるのでしょうね


    この世に、神様なんていないんですね



    合格祈願している人々へ!
    もっと大切な…祈願をするべし



    学歴で
    儲けて
    〜資格をとり
    政権を取っている人間は…

    本当に、猿から進化しているとは、思えないけど…


    好き好んで、産まれてきたわけじゃない私たち


    人類も…絶滅しかねないただの、生命体なんだから、価値のある社会を築くよう次期世代を育て上げてくださいね
    ノピー先生
    応援していま


    たいし君によろしく

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)