愛読書、致知より、渕上貴美子さん(杉並学院中学高等学校合唱部指揮者)「小児がん病棟での慰問演奏」

  • 木下博勝 公式ブログ/愛読書、致知より、渕上貴美子さん(杉並学院中学高等学校合唱部指揮者)「小児がん病棟での慰問演奏」 画像1
いつも、僕のブログに目を通していただきまして、ありがとうございます。感想や感じ方は人それぞれで、僕と同じ考えを求めているわけではありません。今日は、皆さん、何を感じていただけるでしょうか。
        
       『致知』2009年3月号
        

(20年間の合唱指導の中で、
 特に忘れられない出来事をお聞かせください」の質問に)


 7年前、小児科の末期がん患者の病棟に
 演奏をしに行った時のことです。

 学校のある卒業生の方から

 「病院にいる子供たちに、あなたたちの
 天使の歌声を聴かせてあげてもらえないか」

 とお話があり、私も「ぜひ」と言って
 受けさせていただいたんです。


 病院には全員ブレザーを着ていったのですが、
 黒っぽい服では威圧感があるからと、
 その場で上着を脱がされて、全身に消毒液をかけられました。

 寒い時期だったんですが、扉を開けると、
 物凄く暑くて、狭い部屋だったんです。
 
 目の前には、本当にこの子がもうがんなんだろうか、
 と思うような赤ちゃんから、
 放射線で髪の毛がぼさぼさになってしまっている子、
 頬全体が陥没して顔が半分ない子だとか、
 もうそれは、見ただけでも
 体に震えがくるようなひどい状態の子たちがたくさん……。


 その子たちの前で、私たちは部屋の隅っこのほうに
 へばり付くように立ちました。
 
 敷かれたホットカーペットの上には、
 お母さん方も座っていたり、
 廊下にはドクターや看護師さんの姿も見えました。
 
 私は壁の一番端に行って、指揮棒を振ったんですが、
 もう涙が止まらなくて、本当に……。


 私の目の前で、お母さんが乳飲み子をギューッと抱えながら、
 涙をポロポロ零すんですよね。
 
 あぁ、自分の子はこんなに
 大きくまで育つことができないんだ、とか、
 いろいろ思われたんじゃないかと思うんですが、
 看護師さんもドクターも皆泣いていらして、
 泣いていなかったのは、当のがんの子供たちだけで。


 私も我慢しなくちゃ、と思うんですが、
 もう悲しくて悲しくて、
 生徒たちも涙をポロポロ零しながら、
 でも必死に笑顔をつくって、一所懸命歌って。
 
 そしたら歌が終わった後に、
 髪の毛のない子や顔の陥没した子たちが

 「お姉ちゃんたち、どうして泣いてるの」
 
 って言うんです。看護師さんが
 
 「あなたたちがあんまり一所懸命聴いてくれるから、
  お姉ちゃんたち感動しちゃったのよ。楽しかった?」
  
 と尋ねました。するとその中の一人が
 
 「凄く楽しかったぁ。
  大きくなったらお姉ちゃんと一緒に歌いたい」
  
 って、もう私、本当に胸が張り裂けそうで…。
 
 
 その時に、心から、あぁ歌は素晴らしいと思いましたし、
 いま生きていて、自分のできることを一所懸命やることが、
 どんなに大切なことかを凄く強く感じました。


 その帰りの電車の中で、ある生徒が
 
 
 「先生、あんなに皆を悲しませちゃって、
  私たちが合唱をしに行ったことは
  本当によかったんだろうか?」
  
 と言ったんです。何しろあの場にいた大人たちが
 あまりにも涙を流していましたから。

 その時に私は
 
 
 「うん、よかったんだよ。
  たぶん、お母さんも、病院の先生も、看護師さんも、
  皆悲しくて、もう泣きたくて、泣きたくてね。
  
  でも、いま一所懸命生きている子たちの前で
  泣けないでしょ? 
  
  それを、あなたたちの歌で感動したふりをしてね、
  思いっきり泣くことができたからよかったのよ。
  
  明日からまた笑顔で頑張っていけると思う」
  
 と言ったんです。すると生徒が
 
 
 「そうか。じゃあ私たちの歌で少しは楽になったのかな?」
 
 
 と言うから
 
 
 「そうよ。そして歌を聴いていた子たちが
 『お姉ちゃんと一緒に歌いたい』と言った。
  生きよう、って。
 
  いや、生きるということは分からないかもしれないし、
  もしかしたら一か月後には命がない体かもしれないけれど、
  少しでも希望を持って生きようとしたということは、
  素晴らしいことだから」
  
 
 と話して、お互いに感動しながら
 学校に戻ったことがあるんです。


 私は、生きているということは、
 自分一人がここに存在して、
 ただ呼吸をしているのではなく、
 いろいろな人と出会って、怒ったり、笑ったり、悲しんだり、
 苦しみを分かち合ったりして、
 相手の心や周りにいる人たちの心を、
 ちゃんと感じられることではないかと思うんです。


 私が慰問演奏に行った時に、
 「いまを大切に生きなければ」と強く思ったのは、
 幼くして亡くなってしまう子たちもいるんだから
 頑張って生きよう、という思いではなくて、
 あの時、あの部屋の中で、
 それぞれの人の心がうごめいていたんですね。

 無邪気に喜んでいる子供や、
 日頃泣けない家族の人たち……、
 そういう、たくさんの思いが
 満ち溢れている中に入ったから、
 あぁ、ちゃんと生きていかなくちゃ、
 神様から与えられたこの命を、
 大切にしなくちゃいけないと感じたのだと思うんです。


 谷川俊太郎さんの詩に
 
 
 「生きているということ
 
  いま生きているということ
 
  泣けるということ
 
  笑えるということ
 
  怒れるということ」
 
  
 という言葉がありますが、本当にそんな思いですね。
 
 そうやって、いろいろな人の思いを感じられることで、
 人間は生きている価値が生まれてくるものだと思います。

 
  • コメント(全38件)
  • ゆりっち♪ 
    2/27 11:43

    ただた
    感動しました…。

    胸に響きます…。

    良いお話しを、日記に綴って頂いて、ありがとうございました。
  • きくどん 
    2/27 11:56

    すごい 感動しました。私の息子は1歳の時心臓の手術をこども病院でしました。その時、やはり、いろんな病気のお子さんがいて、いろんな話をしたことを思い出しました

    今では、9歳になりとても 元気ですが

    その時、やはり心臓病で亡くなられた子がいまして、(電池が切れるまで)と
    詩を残して…自分の心臓がおもちゃのように電池を替えれればいいのにと言うような詩でした

    長くなりスミマセン
  • ツバちゃん〜今日で退会します。お元気で! 
    2/27 11:59

    今日も良いお話しをありがとうございま

  • kiyon£シバシ留守シマス! 
    2/27 12:02

    生きること 生きているこ

    今の時

    心の病気 虐めに 苦しみ

    自ら 命を絶

    私の 身内では 息子 娘残し

    心の病気で 命を絶
    金銭的には 豊かであって

    救うこと 出来ませんでし

    小児がん 私自身 医療現場で働きながらも

    関わりなく

    凄まじい 現場なのだろう

    推測でしか 感じられませんが

    生まれた 我が子が 命短いと

    その日を 待

    分かって居て

    悲しみは 想像すら

    出来ないデス

    最近は 医療機関で
    音楽会を取り入れ

    私も 一度 参加しました

    確かに戦後の荒れた日本に
    美空ひばりサンの歌が人の心を明るく救ったと

    誰しも音楽嫌いな人は少な

    健康であれば

    見えない わからな
    健康が どんなに有り難いことか

    深い 日記 有り難うございました。



  • 今日のわんこ 
    2/27 12:19

    私も、子供の頃合唱をやっていて、老人ホームに行って歌を披露しました。私が、赤トンボ、ふるさとを独唱した時に、おばあちゃん、おじいちゃんが目をハンカチで拭っている姿、私たちに、手を合わせて拝むような姿を思いだしました。子供ながらに、歌い終わると涙が出てきたことを覚えています。

    衛生士学校時代も、障害のある子達の施設で実習させていただいた時、ある中学生が、私の担当でした。一番最初に目にとまるくらいの、かなりの障害がある女の子でした。私は、今まで生きてきて見たことのない外見でした。皆、思わず、無言になるほど・・。しかし、彼女は、普通に私に近寄り、「あたしも、先生みたい仕事につきたいな!」と言ってきました。私は、まだ学生で、なんて返答したらよいのか分かりませんでしたが、「ありがとう!あたしは、まだ学生だから、先生じゃないけど、一緒に頑張ろうね!」と言ったような記憶があります。自分の精一杯の言葉でした。彼女は、今の自分、将来の自分に前向きに生きていたんですね。彼女に対して偏見の目で見ていた自分が恥ずかしかったですね

    生きること、この世に生まれて、価値のない命はない
    私は親になってやっと分かりました。生まれてきて生きてるだけで幸せだと思わなきゃ
    私自身にもいい聞かせている次第です。木下先生いつもいい話を載せてくれてありがと
    自分を見つめるいい機会を与えてくれてありがとう。
  • チャマ<携帯解約の為*退会又は永久放置/お仲間さんに感謝 今まで ありがとう 
    2/27 12:32

    私は ほぼ40年前 高校の 部活で 箏曲部
    琴ですが いろんなところに 慰問に行って 感動した事を思い出しまし


    じいんと胸に きますね

    昔を 思い出しまし


    泣ける 慰問先も 有りました

    自分達が 勉強させてもらった経験沢山有りました

    涙しながら 今読んでいました

    ありがとうございました

  • 慈崢(じそう)ゲームお誘い×m(_ _)m 
    2/27 12:34

    妻が難病だからね。
    こういう記事は、読むの辛いね。
    泣けてくるよ

  • ゆらら‡皆様に感謝‡ 
    2/27 12:39

    「生きていること」
    今 子供が 学校で習っています

    子供自信 意味は分かっていないかも知れませんが この詩を 心に刻んでいてほしいです。


    今回の話は 読んでいて(皆様のコメントも)涙が出てきました

    そして 私は 人前では いつも笑顔でいよう
    と 思いました。…出来るだけ


    キノピー先生 素晴らしいお話 ありがとうございまし

  • チビ 
    2/27 13:11

    当たり前の事が、幸せなんですよね。

    歩くこ
    食べること
    学校へいくこ
    仕事へ行くこ


    病気は当たり前の事を絶たれてしまいます。
    重ければ重いほど…
  • ライラック 
    2/27 13:23

    私の友人も15才で逝ってしまいました。…白血病でした。当時の事を忘れてはいません。が、今に甘えて生活している自分に深く反省します。
  • 正十七角形[] 
    2/27 13:30

    僕は身近に難病の人はいないので、正直いまいち分かりません。
  • ポヨポヨ 
    2/27 14:05

    生きていること、それも健康で暮らせることに感謝します。
  • さよりり☆イベ休みます 
    2/27 14:07

    いろんな人たちが、色々な形で、
    同じ時間を生きている。
    教室の中より、もっとキビシイ世界があり、
    病気という戦場で、
    いのちをかけて闘う人たち

    私も持病があるので、病気って残酷だといつも思っています

    でも、それを通して人に出会ったりしたことは、宝物のようです



  • まる(みんなのところにいくんだよ) 
    2/27 14:49

    私は9年間ALS患者さんを在宅で介護させていただいていました
    治る見込みも治療法もなく日常が呼吸器をつけてる生活が当たり前(生きるためには必要)
    会話は50音の読み取
    24時間の介護生活

    でもひとりとして弱音を口にする患者さんは居ませんでした
    前向きな姿勢で時には私たちに忘れかけた大切な気持ちを教えてもらいま


  • ひろりん 
    2/27 14:56

    今日は長男の命日です。生きていたら7歳でした。早産で3か月も早く生まれてきて、すぐに保育器に入れられました。
    小さいけど、生きようと一生懸命に頑張っていました

    でも、あまりに体が小さかったために抵抗力がなく、最後は感染症にかかってしまい3週間で旅立ちました。息をひきとる間際に初めて息子を自分の腕に抱っこする事ができました。可愛いかったです。。息子は自分の腕のなかで静かに息をひきとりました。
    つらくて、かなしい体験でした。。何のために生まれてきたのか。ただ苦しむためだけに生まれてきた息子に申し訳なくて自分を責めました

    7年たった今は悲しみもだんだんと癒えました
    息子に会えて良かった。生まれてきてくれて良かったと思えるようになりました


  • なおたん☆やや放置気味☆ 
    2/27 16:28

    この世の中、悩みのない人間なんていない。理由はどうあれ自ら命を絶つ方々、いらない命ならどうぞ、生きたくても生きられない子供達に譲って下さい。それが叶わないのならせめてドナーカードを持って下さい。
  • ハッピー 
    2/27 16:31


  • リサーチ向井莉子 
    2/27 17:14

    お疲れ様です
    ちの死んだおばあちゃんみたいな活動ありがとうございます


    因みに、うちのおばあちゃんはよく交通刑務所慰問しておりました
  • さくらこ イベゆったりペース 
    2/27 17:52

    自分より大切な人を永遠に失ってしまうことは、どうしてこんなにも悲しいんだろう…と思います。

    私も喪失感が大き過ぎて泣く事ができなかったけれど、一周忌が近付き、最近「こんなにも我慢してたのか」と自分でも思うくらい毎日泣いてます

  • さゆ[桜[塾] 
    2/27 19:14

    感謝…
  • ぷるぅ翔 
    2/27 19:30

    我が家には障害のある4歳の息子がいます。このお話、とても感動しました。
  • たけっち 
    2/27 20:08

    久しぶりに感動しました
    い話ありがとうございまし

  • 紫乃 
    2/27 20:27

    誰かを励ます事は、自分も励まされている。

    そう聞いたことがあります


    何事にも懸命にまた純粋に生きる姿ほど素晴らしく、胸打たれるものはないですよね。
  • 紫水晶@協力多謝。時々男装。寝落ち魔。 
    2/27 22:28

    ありがとう
    ございました

    報われましたm(__)m
  • トロル 
    2/27 23:05

    が出ました。
    私の父は55歳でがん
    亡くしました
    今でも思い出します
    辛い治療 痛い思い 痩せていく姿‥
    冷たい看護婦の顔
    冷たい看護婦の言葉
    悔しい思いがよみがえりました。

    子供たちが頑張っている姿
    親の気持ち‥

    なんとも言えない気持ちになります。
    只‥痛い治療
    子供たちには痛い思いはさせたくないです。

  • ぴぃちゃん 
    2/27 23:07

    私も 普段感じてるものが 自然と涙として 溢れてきました。
    今を一生懸命生きる事が 人間にとって どれほど 素晴らしい事か…
  • のんこ 
    2/28 00:00

    私も胃ガンを切った人間です兄姉弟と私兄弟5人のうち4人胃ガンを切って生き残ったのが私だけなのです 兄弟を無くした私も 淋しい思いをしてますが 小さい子供が がんと戦ってる その親は さぞかし やりきれない思いでしょう 子供に孫に先立たれたうちの親もさぞ 辛かったろうな と思いました 胸がつまる思いで
  • クゥmam 
    2/28 00:03

    谷川俊太郎さんの詩は小学校の教科書にも載っていて、子どもの毎日の音読の宿題で何度か聞いた事があります。
    短い言葉の中に“生きる”事の深い意味を感じます。
  • aco 
    2/28 01:04

    何年も前の話だけど
    癌の治療方法を見つけた医師が
    それを発表しようとした途端に、医師免許を剥奪され
    海外に住まなければならなかった事はどう考えていますか?

    その理由も、効果がないということでも
    違法ということでもなく

    ただ、自分達の巨大な利権を守りたいだけです
    矛盾は感じませんか

    癌は現代の西洋医学では治せないことも
    薄々気づいているのではないですか?

    決定的な間違いの上に成り立っている医学は
    がん治療にはなんの効果もないことを知っていても
    それでも報酬のためにぶら下がるのですか?

    人は、自分が、より正しいと思うことをするべきです
    自分の子供たちにどんな未来を残すつもりですか?

    骨髄造血説の不合理を認識してください

    この話をすれば医師として出世がないことも知っています
    ですが、本当に正しいことは何か?を考えてください



  • かすん(仲間&友達&飴も種も感謝アバコンお願い(^○^) 
    2/28 07:36

    確かに子供は強いねぇ〜
    一杯に生きようとしている
    人は健常じゃない子供を不憫に思ったり、子供が大人の行動をどう捉えているか気になるけども、子供は素直に今を生きているので奥深くまで考えないし、考えられな
    慰問という形に、こだわらずに、元気や勇気や活力を子供に貰いに行くって考えれば、泣いてられないと感じると思いま
    大人の人は子供が成長出来ないと思って泣くのかもしれないけども、子供に感動を残せて嬉しいってのと、辛さを泣いて、泣く事で救われて、明日からも、子供の為にも頑張ろうって励みになったと思います
    は大切だから大事にして欲しいで
    人は弱いけども、生きているから何でも出来るので…
    でも楽しいことを考えて欲しく、守り守られて生きていると思いま
    タイシ君、ジャガーさん居なくて淋しいねぇ
    うすぐ帰って来るのかな

  • よし 
    2/28 07:42

    木下先生、おはようございます。
    素敵なブログをありがとうございます


    人生は、「いま」という時間と、「ここ」という場所しかありませんもんね。

    今日も「いま、ここ」を大切に精一杯生きようと思います。

    いつも気づきを頂き、感謝しています。
  • 42 
    2/28 10:32

    精一杯生き抜かなくては、この子達対して恥ずかしくて顔向け出来ませんね。

  • ユジン(o^^o)  
    2/28 11:48

    よくわかりま


    我が子
    腸捻転
    イリウスや
    腎臓の病気(VUR)
    7時間以上かかる手術を4回受け
    何度も泣きました

    他にも沢山の余病で病院で暮らした時期は長く

    小児癌
    切っても治らない病気の子供さん達の多くや

    仲良くなったお母さんの子供さんが亡くなった

    沢山の病の戦いを見せつけられました

    我が子
    お陰様
    普通の子のように育たないと告知されたのが学校にも通え

    今やゴルフ大好き
    大学も終え
    身長も高く
    お腹に大きな切腹傷が沢山ある人には見えませ

    保育園の入園
    小中高校の卒入学式
    有り難くて有り難く
    涙が止まりませんでした

    長男の命は
    色々な運が繋ぎまし

    赤ちゃんの時
    ミルクを吐き出し
    普通なら見過ごしてしまう
    しかし義姉が心配し
    大事を取り
    病院へ

    その病院も母が誤診され腹膜炎になった せいで先生も念入りに診て下さ
    赤ちゃんなのにレントゲンを撮る

    腸がりんごの皮のように
    直ぐに紹介状を持参で小児病院に着くと
    外科医がチームを作って検査と手術とな
    このケースは手遅れになるところでした
    運が強いと言われましたが
    そこから2年
    病院に居る時間ばかりでし

    今でも
    幼い命が戦うドキュメントをテレビで観ると
    涙で見えず
    親の気持ちを思うと喉を締め付けられま

    この世の命
    深い深い意味を持ってると感じています

  • 未来のみっちゃん 
    2/28 13:38

    目の刺激がなければ失明する。誰からも触られないで育った子供は発育不全でストレスホルモンのレベルが高い。画面じゃなく、生身の生き物に触れなくては、本物の生き物にならないと思う。
  • ゆっこ 
    2/28 16:23

    先生、ありがとうございます。

    文章を読んで泣きました。

    娘は明日で6ヶ月。本当に今を生きています。

    泣きわめいて抱っこばかりの日々…それでも、全身で生きようとしている娘。私は今に感謝しながら生きていかなくちゃならないのに、ついイライラして
    罰が当たりますね


    本当に大切なことを気付かせてくださり、ありがとうございました

  • ブータン 
    2/28 18:42



    生かされている事に感謝します。


  • マリーゴールド 
    3/2 00:49

    こういう場所で泣かない自分でいたい。すぐ泣くので


    笑顔を、気持ちを、生きる力を伝染させる自分でいたい。

    そのために現実を知り、向上させていかないと、です



  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)