今日は、愛読書、致知、の中から紹介させてください。

  • 木下博勝 公式ブログ/今日は、愛読書、致知、の中から紹介させてください。 画像1
  • 木下博勝 公式ブログ/今日は、愛読書、致知、の中から紹介させてください。 画像2

       「雪絵ちゃんとの最後の約束」
       
       
            山元加津子(特別支援学級教諭)
        
       『致知』2010年10月号
       連載第27回 生命のメッセージより


────────────────────────────────────


雪絵ちゃんは十二月二十八日、
雪のきれいな日に生まれた女の子で、
多発性硬化症(MS)といって、
頭の中のいろいろな部分が硬くなっていって、
目が見えなくなったり、耳が聞こえなくなったり、
手足が動かなくなったりする病気でした。

だけど雪絵ちゃんはいつも
「雪絵はMSでよかったよ」と言うんです。

「MSだから気づけた素敵なことがあるし、
 車椅子だからこそ知っている素敵なことがいっぱいあるよ。
 だからMSの私を丸ごと愛するの」って。


私はそんな雪絵ちゃんが大好きで、
学校を離れてからもずっとお友達で、
「きょうはこんなことがあったよ」と話しては
「かっこちゃん、よかったね」と言ってくれていました。

でも、病気はどんどん進行して、
ほとんど手足が動かせなくなってしまいました。


 (中略)


雪絵ちゃんは十月に大きな再発があり、
意識不明になりました。

そして十二月二十三日にはまた再発するのですが、
翌日私は出版の件で一年前から
韓国に行くことが決まっていたので、
小松空港へ向かったのです。

ところが、とってもいいお天気なのに
飛行機が飛ばないのです。
韓国の出版社の方にお電話したら


「おかしいですね、羽田便も福岡便も出ていますよ。
 こっちもとても天気がいいのに」
 
 
と。仕方がないので、次の二十六日の便で行くことになりました。
そして二十六日の九時、出発の準備をしていたら、
電話のベルがなりました。
雪絵ちゃんが亡くなった報せでした。


お家へ駆けつけると、雪絵ちゃんは眠るような
優しい顔で横になっていました。

お母さんは


「雪絵はきょう亡くなろうと
 決めていたんだと思います」
 
 
とおっしゃいました。
お正月になったら遠くの病院に
転院することが決まっていて、
お家が大好きな雪絵ちゃんはかつてその病院には
行きたくないと言っていたそうで、
「きっと二十八日の誕生日もお正月も家で過ごそうと
 思ったんだと思います」と。
 
私は韓国に行かなければいけない事情をお話ししたら、


「雪絵は先生と行った温泉旅行が
 すごく嬉しかったみたいですから、
 形見のものを持って、雪絵を連れて行ってください」
 
 
といくつか雪絵ちゃんのものをくださって、
それを手に私はお通夜もお葬式にも出ないで旅立ったんです。

韓国に着いてからも私は短かった雪絵ちゃんの
人生を思っていました。


「MSでよかった」と言っていたけれど、
 本当は強がって言っていただけなんじゃない?
 本当はつらい人生だったんじゃない?


そんなふうに思っていたのですが、
偶然持っていた荷物の中に、
雪絵ちゃんがつくった詩がありました。



  誕生日


 私、今日うまれたの。


 一分一秒の狂いもなく、今日誕生しました。


 少しでもずれていたら、今頃健康だったかもしれない。


 今の人生を送るには、一分一秒のくるいもなく
 生まれてこなければいけなかったの。


 結構これって難しいんだよ。


 一二月二八日、私の大好きで、大切で、しあわせな日。


 今日生まれてきて大成功!


「すのう」に生まれてきて、これもまた大成功!


     ※すのう=雪絵ちゃんのペンネーム



私は悲しくて悲しくて、日本に帰ってきてからも
ご飯も食べられなかったし、夜も眠れませんでした。


「これからは一体誰が私の話を聞いて
“よかったね”って言ってくれるの」


みたいな自分勝手な思いになっていたんです。

このままじゃ自分自身がダメになってしまうなと感じた時、
最後に雪絵ちゃんと話した日のことを思い出しました。


「かっこちゃん、きょうはどうしても
 聞いてほしいことがあるの。
 いまから言うことは、絶対にダメとか嫌とか言わないで」
 

と何度も念押しするんですね。


「いいよ、何でも聞くよ」


と言うと、雪絵ちゃんは私にこう言ったんです。


「前にかっこちゃんは病気や障がいは大事だって言ったよね。
 人間はみんな違ってみんなが大事だということも
 科学的に証明されているとも言ったよね。

 それを世界中の人が当たり前に知っている世の中に、
 かっこちゃんがして」


“世界中なんて、そんなこと私には無理”と言いかけた時、
雪絵ちゃんに


「何にも言わないで。何でも聞いてくれるって言ったよね」


と言われて、私は


「分かったよ」


と約束したんです。

そうだ、雪絵ちゃんとの約束を果たさなきゃ。
この思いが私に再び立ち上がる力を与えてくれました。
そして本や講演を通じて、多くの人にそのことを
伝えたいと思うようになったのです。

 
  • コメント(全46件)
  • ひーちゃん 
    2/3 09:44

    涙が出ました
    キノピー先生
    これからも体調に気をつけて、お仕事がんばってくださいね
    から応援してます


  • アイリーン 
    2/3 09:51

    12月28日は次男坊の誕生日でもあります。
    その同じ日にわずかな違いで健康に生まれた次男をとてもラッキーだと思います
    彼は長男と同じく中学校で不登校になりましたが、今は昼夜逆転を繰り返しながら、それでも友だちを作って元気に通信制高校へ通っています。
  • さよりり☆イベ休みます 
    2/3 09:55

    長かったけど、読みました
    いのちの大切さを教えてくれる人や出来事は時々、必要だな
    と思います。
    忘れていることが多いので



  • ひさらん 
    2/3 09:58

    泣けてきまし
    胸がじ〜んと

  • ☆aki☆ 
    2/3 09:58

    キノピー
    はよ

    朝から…涙・

    娘が居ますが、一分一秒狂いなく私のところに生まれて来てくれて
    康な事に感謝です


    キノピーも毎日忙しい
    と思いますが 健康に注意して お仕事頑張って下さいね

  • ここ  
    2/3 10:10

    思い、伝わりました

  • 寝音ネオン 
    2/3 10:20

    ありがとうございま

  • 《ホッと一息》 
    2/3 10:21

    いつも頑張って明るいキノピ〜先生、日記ありがとうございましたm(__)m

  • ちこ@パニャニャンダー 
    2/3 10:39

    いい話をありがとうございます。
    心の中がじーんと熱くなりました
  • みぃーゆぅママ 
    2/3 10:55

    健康で、産まれてきた事の方が奇跡なのに、日々の生活で、あれも出来るように、これも出来るようにと、多くを望んでしまう!私は、まだまだ未熟な親です!産まれてきてくれただけで、充分なのに
  • あさ美★イベ協力ありがとう★ 
    2/3 10:59

    いいお話しありがとうございまし
    胸にキュンとくる話しでし
    人間このような話しを聞くと心が洗練されます
    ご冥福をお祈りいたします

  • トロル 
    2/3 11:05

    命の大切さ。健康のありがたさ。人は周りの人に支えられながら生きている。痛感しました。
  • 聖・林檎 
    2/3 11:06

    雪絵ちゃんは、先生に巡り逢えて、幸せでしたね。御冥福をお祈り致します。
  •  
    2/3 11:06

    わたしはゆきえちゃんみたくジブンでよかったって
    思えなかったけど

    「大成功!」っていえるように生きたいです
  • マオポポ◆ 
    2/3 11:17

    色んなこと考えさせられま

    このお話教えてくださり、先生ありがとーございます

  • キャンディ☆彡裏チケ終了☆ 
    2/3 11:32

    ひとりひとり生まれてきた事が奇跡だし 子供は みんな宝物です

    それぞれ ひとりひとりにドラマがありますね

  • ゆうゆ 
    2/3 12:06

    久し振りに先生のブログを読もうと思ったら…

    中で読んだのがまずかった……
    涙があふれ落ちそうです

    ってゆっくりもう一度読みます

  • †† ル ナ †† 
    2/3 12:32

    先生の日記に初めてコメントさせて頂きます…

    彼女と同じ誕生日…

    思わず涙が溢れてきました

    沢山の


    思い出して…




    生きらなければ…


  • ★トモシバ★ 
    2/3 12:35

    有り触れた生活の中で私たち健常者が当たり前にしている事が幸せなのだと言う事を気付かせてくれた一人の男の子の話しをします。
    私は障害者施設の介護員でした。
    ディ利用の方で施設まで送迎中のバスでいきなり『ぼくの夢はね〜』と笑顔で話しかけて来たのは私より一つ年上の当時二十歳の電動車椅子に呼吸器を付けた男の子。彼の夢は『映画館に行きたい』
    呼吸器付きの大きな車椅子では僕は行けないと淡々と話す。今でも彼の言葉や顔が頭から離れない。命が限られているのも知りながらも沢山の夢を語り通信の大学に行き将来何になりたいか探していると言っていた。一生懸命に生きた彼の22年の人生が幸せであったことを願うばかりです。
  • まい(少しの間放置します)  
    2/3 12:35

    良い話をありがとうございます

    また…載せて下さい

  • よし 
    2/3 12:52

    木下先生、山元加津子先生をご紹介頂きありがとうございま



    僕も山元加津子先生の本をいくつか読みましたが、特に「ゆうき君の海」はオススメですよ



    昨年の僕の日記でも、紹介させて頂いていますので、先生宜しければご覧下さい



    それにしても、山元加津子先生の本を読んでいると、いつも身がつまされますね



    健康であるのに、10あるうちの一つか二つ、不足したぐらいでブツブツ不平不満を言う自分が恥ずかしいです


    今日も大切な気づきをありがとうございます

  • りん子☆ 
    2/3 13:06

    私も病気と闘っている一人ですが雪絵ちゃんのように病気になってよかった…とはなかなか思えないですね

    前向きに毎日明るく生きて行かないとダメだとわかってはいるけど気がつけば…後ろ向きに進んで行こうとしてる自分がいます


    雪絵ちゃんを見習って頑張らなくちゃ!


    そぅ思えたひと時でした


    ありがとうございました。

  • ももリッチ 
    2/3 13:06

    なんか

    ありがとうございました。
  • た・まま >_<なかなか此処に来れない 
    2/3 14:29

    ありがとうございました。

    忙しくて無くしかけていた気付きを取り戻しました
  • ミント(睡眠不足で疲れ気味) 
    2/3 15:18

    ありがとうございました。
  • 彩ピョン(少し放置中m(_ _)m) 
    2/3 15:48

    私もMSです

    私は「MSに勝
    と思って,毎日頑張ってま

  • マドンナ 
    2/3 16:42

    「病気で、良かった」なんて思って生きられるなんてなんて強いんでしょ

    私の主人も46歳で障害者になってしまいましたが、私がなんて不幸なんだろ
    て泣きました
    でも、今は、主人の夢や諦めない精神、生きている奇跡に感謝させられっぱなしです

    先生との出会いにも感謝します

  • シルク 
    2/3 17:23

    先生、ありがとうございます。

    私も、病気があります。幸い、まだ発病はしていませんが、難病指定の病気です。普通に暮らせているのに、前向きになれない自分が居ました…。今は、少しづつですが、この病気が私なんだって思う様になれてはきました。今は、幸せだって思います。でも、雪絵ちゃんの様に強くはありません…。ちっぽけな自分です
    んな私も、母親になります。病気が50%の確率で遺伝します。それでも産もうと思ったのは、自分は、今は幸せだから、もしもこの子が同じ病気になっても、丸ごと愛するし一番の理解者になれる、と思ったからです。周りから見ればきっと、遺伝するって分かってるのに…って、思われるかも知れません。でも、先生の日記読んで改めて、勇気を貰いました。
    ありがとうございま

  • アンジェリーナ 
    2/3 19:37


    健康って本当は何だろうな、と思いました。
    身体が健康なだけが健康じゃない、心や、想い、考え方は大切だと思いました

    身体は健康でも、心が健康じゃない、人が、多い、世の中、かも、しれない、と思いました

    雪絵さんの意思が実現なる様に、私も心したいと思いました
    先生、大切な事をありがとうございます



  • 香澄(多忙) 
    2/3 19:42

    こんばんは。

    話しを読んでいて胸が切なくなりました


    雪絵ちゃんは病気と闘いながら、精一杯人生をまっとうした事がわかります。


    病気があっても前向きに生きた彼女は強いですね。

    ありがとうございます。
  • あお 
    2/3 20:43

    前向きに生きる気持ちを思い出しました
    どんな境遇でも、幸せを感じられる心を持って
    生きていこう!ありがとうございました

  • やしがに 
    2/3 21:43

    私ももう少し器の大きな人になりたいです。

    日常の些細なことにすぐ『きぃー
    となったり、我慢できなかったり


    雪絵さんのように、全てをあるがままに受けとめて包み込めるような人に、私もなれたらいいな。

    先生のブログはいつも考えさせられることばかりです
    『気付き』をありがとうございま

  • mimi海賊モンプラ誘わないで 
    2/3 22:48

    素敵な、貴重な意味がたくさん詰まったお話ですね。
    聞けて良かったです
    ありがとうございます。
  • そら 
    2/4 00:04

    今、生きていて欲望だらけの自分だなぁって思いました。

    お休みが欲しい、洋服が欲しい、JEWELRYが欲しい…幸せだと感じられない自分

    自分自身が惨めに思えてきました

    自分の人生の意味をもう一度、考えたいと思います。

    幸せって、自分の心の豊かさから感じられるものですよね。

  • さくらこ イベゆったりペース 
    2/4 01:49

    去年、母を膵臓癌で亡くしました

    最初は「治療は本当に正しかったのか」と怒りの感情が出たりしていました。

    今は、医療ではなすすべが無いと分かった時、母に残された時間をどう過ごさせてあげることが本人にとって幸せかを考えてあげるのが、医療であり看護なんだと思えるようになりました

    先生はそれを大事にしてくださったのだと思います。

    一周忌が来たら、お世話になった先生方・看護師長に御礼のお手紙を書こうと思ってま

  • だい 
    2/4 02:04

    辛い事だらけだけど頑張って生きます

  • くぅ(*^^*)アプリ× 
    2/4 08:12

    素敵なお話をありがとうございます。
    読みながら泣いてしまいました。
    私は偏頭痛持ちでストレスや疲れが出ると何度も吐いたり起き上がれない程の頭痛で1日寝たきりになります。そんな重い偏頭痛が2日続いたり、2日おきと短い間隔で頻繁に出ると、私は生きてる価値が無いと思い泣いてしまいます
    欧米では会社で偏頭痛休暇制度を取り入れ始めてる所があるそうです。
    日本ももっと偏頭痛に理解ある国になってもらえたら…病人に優しい国なったら良いなと思います。
    でも何とか仕事は出来るので、こんな体でも感謝し、家族に八つ当たりしたりもありましたが優しくしようと思います。
    気付かせて頂きありがとうございました

  • さくら 
    2/4 10:39

    これって先生の話しですか?それとも本の中の話し?
  • 愛АА蝶 
    2/4 17:58

    泣けてきました。私も入院中突然危篤状態になり、2日眠り続け生還しました
    だ入院中です
    篤状態の時あの世を見ました。なぜか心地よく亡き父と話してたような
    の顔は知りません。でも話して光の方向に指差し帰れと言ってくれたのは父であり、助かった命大切に精一杯生きようと思ってます
  • ゆろみん 
    2/4 20:04

    よいお話しありがとうございますm(__)m

    偶然にして、お話しに出てくる雪絵ちゃんと同じ誕生日の私です


    一分一秒違っても、自分に生まれてくることはなかったし、家族や友人など周りの人と出会うことなかったかもしれないと思うと大事だなと思いました。


  • 帰ってきたはらはじめ 
    2/4 23:34


    出会いによる枝。

    自分が木の幹だとすれば 枝が伸びている幹との境目は 出会いのような気がします。


    私はジャガーさんを通して先生を知りました。


    テレビでよく、ジャガーさんが先生をひっぱたいたり喝を入れてるのを見てましたが、ジャガーさんは お家では尽くして下さっているのだな、と感じていました。 そもそもお互いが尊敬しあわなければ 成立しないやりとりだと。


    私が帰省したとき、郷里の公民館で先生のトークショウがあって見に行きたかったのだけど、東京に帰る日だったので行けませんでした。


    娯楽の少ない地域なので 地元の人は、自治体で開催するこの催しは楽しみなようです


    そんなで私は 先生に親しみを感じてしまっているのです。


    ひとの思いは こんなに薄い縁にさえ親しみを持つものなんですね


    これからのご活躍お祈り申し上げます。



  • (株)夢★ 
    2/5 08:27

    現在も 病気に 苦しむ子供がいるんだよな‥ と思えば
    健康な 身体を 大切に
    心と 体が 健康を保ち続けられるようにすることを 意識して 生活していこうと思いました。

  • じゅんたろうハコニワ以外お誘い× 
    2/5 15:00

    主人公が違いますが、山元さんの絵本「きいちゃん」は私の大事な本です。何度読んでも感動して涙がでま


    このお話を掲載の本は初めて知りました、ありがとうございます!

  • ウズメ☆皆さんさいなら〜☆ 
    2/7 04:43

    先生
    敵なお話 ありがとうございまし
    きっと雪絵さん 泣いたと思います。が 自分が 泣けば 家族も自分自身の存在も否定してしま
    そうじゃないよ
    有るものは 総て 一緒ととても 強い意志で 前を見据えて 前向きに なった時 感謝が 生まれたのだと思います。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)