医者としてのすべてのプライドを懸けろ

上山博康
      (旭川赤十字病院第一脳神経外科部長脳卒中センター長)

             『致知』2007年6月号
             特集「切に生きる」より




秋田脳血管研究センターの
伊藤善太郎先生から学んだことはたくさんあります。

まず伊藤先生に接していて一番違和感があったのは、
患者さんが亡くなると深々と頭を下げて
「力及ばず申し訳ございませんでした」と謝るんですよ。

それまで、謝るなんて言葉は僕の辞書にはなかった。
重症で手の施しようのない患者さんに対して、


「そうやって謝ったら、こっちに落ち度がないのに
医療ミスのように取られてしまいませんか」


と言ったんです。すると伊藤先生はこうおっしゃったんです。


「それは上山、医者の論理だろう。
 医者にはダメだと分かっても、
 患者さんの側には分かるわけない。
 助けてほしいから来ているんだよ。
 俺たちに力がないから助けられないんだよ」


衝撃でした。
その時の伊藤先生の言葉はいまでも忘れません。

それから、


「目線の高さを変えるな」


とも言われました。


「患者は人生を懸けて手術台に上るんだ。
 俺たちは何を懸ける。おまえのプライドを懸けろ。
 医者としてのすべてのプライドを懸けろ。
 それしか患者の信頼に応える方法はないんだ」


普段は穏和な伊藤先生が、
その時ばかりはゾッとするくらいの気迫でした。


      (中略)


伊藤先生は44歳の若さで亡くなられましたが、
先生のバトンを本当の意味で受け取れたのは、
その後北大に戻って、
ある脳腫瘍の患者さんの手術を行ってからだと思います。


伊藤先生が亡くなった後、退官前の都留先生が
「戻ってこい」と声を掛けてくださいましてね。
再び北大で頑張っているところに
その患者さんは来られたのです。

それまで何度も開頭手術をしたけど腫瘍が取れない。
僕とは妙に気が合いましてね。
難しい症例でしたがなんとか助けてあげたかった。

それで、腫瘍に通じる内頸動脈から
カテーテルを通して特殊な接着剤を入れ、
腫瘍を固めて壊死させる
特別な手術を行うことにしたんです。


手術は順調に進み、終盤に差し掛かって
いよいよ接着剤を注入する段階に来ました。
四ccほど問題なく入りました。
そこでやめればよかったんですが、
腫瘍が大きかったのでさらに注入したんです。

その瞬間、接着剤がよそに流れ込まないよう
留めていた二本のクリップが開いたんだと思います。
接着剤は全部脳幹に流れていきました。
顕微鏡を見て分かりましたよ。
あっ、これはダメだって……。


あの時の感覚は生涯忘れません。
空気が凍りついたというか、
時間が停止して違う次元へ飛んでいったというか。

もう手術室にも、自分の個室にも、
どこにも行き場がないんです。
脳裏には手術前の彼の笑顔が浮かんでいました。


「俺には独り立ちできていない
 子どもが二人いるから、まだ死にたくないんだ。
 俺、先生に任せるから、頼むよ」


自分の愚かさが歯がゆくて、悔しくて……
そのままご家族のところに行き、
土下座して謝りました。
奥様は泣いたままでした。
ご長男が涙を拭きながら言ってくれました。


「……父は先生のことが好きで、
 先生を信頼して手術を受けると言いました。
 父の信じた先生が、
 一所懸命やってこうなったんだから、
 悔しいけど仕方ありません……」


あの時ですよ、伊藤先生の言葉の重さを
本当に理解できたのは。

患者さんは命を懸けて僕たちを信頼する。
手術前に遺書を書く人もいますが、
患者さんはそのくらいの覚悟で手術台に乗るんです。
医者にもそれと同等の覚悟が要るんです。

「先生に任せるから」と言ってくれた彼の悔しさが、
僕にはどうしても忘れられません。
いまでもあの笑顔が脳裏から離れません。
だから僕は手を抜けないんです。

 
  • コメント(全99件)
  • みゅう 
    11/22 13:40

    木下先生みたいな考えのドクターばかりだといいのに

    元ナースでしたが、そうじゃないドクターも沢山見てきました。

    いつ迄もその気持ちを忘れずに患者さんと向き合っていって下さいね。
  • なかちゃん(多忙につきお返事遅いです) 
    11/22 13:42

    先生、涙が出ました
    ここに過去を書き込まれることも先生のプライドと人生に対する姿勢をかけてのことだと思います。
    脳外科の世界に神と呼ばれる医師がいます。その医師がオペ後に言った「発症前に戻るくらい回復するよ」と言う言葉を信じて車椅子でほぼ意思の疎通すら難しい方をみておられる家族を知っています。神と家族が会ったのはオペの時の一度だけ。それでも家族のよりどころはその言葉なのです
    医師も人間。患者も人間。同じ人間なのだということを忘れてはいけないと思いました
  • 蜜柑 
    11/22 13:59

    とても心に響きまし
    ありがとうございま

    私はパニック障害に15年悩まされています。自宅から近い心療内科に通っていましたが先生と相性が合わず一時間かかる別の心療内科に通い そこで出会った先生は 薬の説明や その時の状態に合わせ診察してくれ今
    も減り完治に近付いてます。やはり信頼出来全てを 任せられる先生が一番ですし、大切なことだと思っています
    大変な お仕事だと思いますが お体に気を付けて頑張って下さい

  • あられ奈良(認知症姑と母介護中) 
    11/22 14:04

    う〜ん。考えさせられますね。どの医者にもこう思う気持ちかけらでもある事信じたい
  • みんみん(今まで有難う) 
    11/22 14:12



    やっと涙が止まりました



    上山先生はよ
    で拝見いたします。いつもその物腰に頭が下がる思いをしていましたが、そのような事があったのですね…

    いつも素晴らしいお話有難うございます



  • Djξснаκιξ  
    11/22 14:25

    何だか読んでて涙出て来ました。
    私が出会った救命救急センターの救命医、市立病院のセンター長でもある吉原秀明先生、思い出す度涙が出てしまいます、あの時最後まで諦めない救命処置、本当にこれぞ救命病棟24時、たとえ助からなかったとしても患者さんの遺族に対するケアが手熱い、優しい眼差しと穏やかな口調、スタッフにも丁寧、研修医が育って行くとテレビでも放送されました。
    良く本などでいい病院とか紹介してるけど、裏を反せば外来勤務医が問題なんですよ、私も経験してつくづく思いました
    専門医と言ってもたとえば関節リュウマチでも全身全体を診て下さる先生は少ないですね、

  • ぉかあさん♪ 
    11/22 17:08

    木下先生こんばんは

    職業に『上下』はないですが、
    私は医師の仕事を
    世の中で一番尊敬します。
    特に患者の為に自分の時間、命を削って尽力されてる方々。
    頭が下がる思いです
  • みっきいのぱり 
    11/22 17:56

    連想するのは購入して弟もおもしろいと共感してた医龍という漫画でした・・
  • ☆WHITE-SAND☆1月20日退会します☆ 
    11/22 18:07

    何故?…伊藤先生の様な…素晴らしい…先生が…44歳の若さで…天国に召されるのですか?何故?…

    患者は…何科にしても…助けて欲しいから…どうにかして欲しいから…必死で…叫び声をあげながら…病院
    行くんです。

    伊藤先生の…想いが…全てのお医者様に…伝わります様に。
  • トロル 
    11/22 18:09

    涙が出ました
    読みながら‥17年前
    思い出して‥
    涙がとまりません。
    うちの父も大手術をして から
    一年で亡くなりました。
    若かったです

    一生懸命仕事して
    後 何年かで定年退職‥ やっとゆっくりとできてこれから自分の人生
    楽しん
    欲しい
    孫を連れて歩くんだ
    なんて言っていました。
    悔しかったです。
    看護婦さんの
    冷たい態度!
    冷たい言葉!
    冷たい顔!

    脳裏から離れません

    お医者さま。
    看護婦さん。

    心の優しい方に出会いたかったです(T_T)

  • 神威☆琥珀 
    11/22 18:38

    人の命を助ける仕事に大変な職業だと思います
    張ってくださいね

  • 粒〜基本無言御免〜 
    11/22 18:50

    電車で泣かせないで下さい(;_;)


    帰ってからもう一回読んで考えたいです
  • はらはら(モンプラ誘わないでね) 
    11/22 18:50

    私は看護師ですが、感動しました


    患者さんとそのご家族のために、ベストのケアを提供できるよう、肝に銘じておきたいと思います。
  • まるこ 
    11/22 19:14

    重い重い言葉です。

    私も医療従事者なので、とても心に突き刺さります。

    患者さんが意識あるなしに関わらず、一瞬一瞬誠意を尽くしきることが大事だと改めて思いました。

    よっし、もっともっと学びますぞ
  • もっこもこ 
    11/22 19:19

    最近、夜間診療ですがドクターの態度に憤慨いたしました

    事前に電話で受診しても良いか確認したのにも関わらず、診察開始すぐに、「専門外だからわからないからね」と言い放ちました。

    こんな事なら別の病院に行くべきと後悔しました。

    最近、変な患者がいたり、医師不足で大変とは思いますが、それにしても残念な先生でした。

    キノピー先生みたいな先生だったら良かったのになぁ

  • けい 
    11/22 20:08

    一度は通る道ですね
    して初めてのオペの時は緊張もするでしょう。失敗した時も一生心に残るでしょ
    『初心忘れべからず』


  • 風凜…いつか宇宙の風になる 
    11/22 20:28

    素晴らしい志しある本物の医師の心。
    貫いていく生涯。
    感動しました
  • 裕奈【多忙】お誘いスルーします 
    11/22 20:40


    初めてコメントしま

    今年2月に大きな手術を受けまし
    信頼出来る医師のもとで…結果は大成功でした

    やはり患者側の気持ちに立てる先生はありがたいと思います
    本当に感謝していま

    人様の命を預かるのは並大抵のプレッシャーではないでしょうね

    感動しました
    陰ながら応援しております

  • はちゃん 
    11/22 20:42

    先生こんばん
    私も2ヶ月前に子宮筋腫で初めての開腹手術を経験しました麻酔科の先生婦人科の先生も凄くいい先生にめぐりあえて手術の不安がなくなり無事の退院することができました退院の日は祭日だったのですが担当の先生がみよくりに着てくれましたよ
  • 〇みぴ〇 
    11/22 21:32

    (ToT)
  • ノンちゃん 
    11/22 21:49

    患者さんの立場になって考えること、なかなか出来ないです

  • ことり[入院中のため放置気味] 
    11/22 22:00

    手術を受け通院中ですが、信頼した先生に、このように思われたら患者として幸せです。私は、今の医師を信頼しています。なかなか信頼できる医師に出会えないと思います
  •  
    11/22 22:22

    私は腕も人格も優れた医師に出会うと、その人が神に思えます。

    私の大切な家族や親族や知り合い…大好きな人を救ってくれて、完治したことを我がことのように喜んでいた医師を見た時…私はその人が神に見えました

  • あき 
    11/22 22:23

    小さな診療所でナースをしています。
    忙しさにまみれ、患者さんを流すことばかり考えてしまうことが、多い毎日。
    痛みをとってもらい、少しでも楽になりたい…そんな気持ちさえ流してしまいそうになっていた私には、とても重みのあることばです。実際に、治療をするのは、お医者さん
    伝えきれなかった患者さんの訴えを届けるのは、ナースの仕事。流されては、いけない…、もっとしっかり話を聞き、患者さんの気持ちがわかるナースになりたい…そんな風に思いました
  • こうね☆ 
    11/22 23:38

    感動


    今年は信頼できる先生に手術して貰えて良かったです


  • すぅ♪# 
    11/23 00:00

    私は葬儀の仕事をしています★

    亡くなられた方が真っ直ぐに天に昇れるようそして、残された方々が後悔のない見送りをと思って取り組んでいます。

    先生の言葉や想いは心に染み渡ります。

  • ユラリ 
    11/23 00:06

    なんか 感動して 涙が出てきました。
  • My dearest Dr.K (^з^)-☆ 
    11/23 00:29

    私も今日、元気で過ごせるのは素晴らしい先生方、看護師さん、リハビリの先生方に出会えたからだと思っています。日々、感謝(^人^)
  • 慈崢(じそう)ゲームお誘い×m(_ _)m 
    11/23 00:39

    頑張ってくださいね
    医者としての、全てのプライドをかけて

  • さるこ 
    11/23 01:02

    どんな仕事にも通じる事だと思います
    力で立ち向か
    これが全てですよ

  • ちゃお 
    11/23 01:16

    読んでいて涙が でました
  • 千弘(各ゲームイベント休止) 
    11/23 01:26

    毎日先生のブログを読ませて頂いてます。時々心に響くものがあり勉強になります。今回のは特に感動して涙が出ました。いつも有難う御座います
    これからも体に気を付けて頑張って下さい。
    陰ながら応援してます。
  • ウサビッチ 
    11/23 01:58

    私の息子は、三回手術を経験しました。全部5時間をこえる手術でした。
    一度目の手術、一年後に手術のやり直し、二度目の手術の時は『今度は違うやり方で…』流石に主人と私は先生に『もう、やり直しが無い様
    』と…
    年後、まさかの三度目の手
    二回目の時は『信用度は半減』で、三回目の手術は神にすがる思いでした
    は、元気になり、あの先生を信用して良かったと思える様になりました
    術室に入る息子の様子は何年たっても忘れません。
    そして先生の言った言葉も…忘れません
    医者さんは大変な仕事だと思います。体に気をつけて、お仕事頑張って下さいね

  • water 
    11/23 02:06

    こういうことが人間の本質なんだなと思うと同時に悲しいことがあふれます。

    ありがとうございます。
  • そら 
    11/23 03:17

    はっとしました。

    どんなお仕事にも言えることですよね。

    私ももっと自分自身のお仕事に向き合おうと思いました。
  • シーちゃん 
    11/23 04:01

    世の中の先生達が
    分でも こうして考えて頂けてた
    世の中は今より 変わってたかもしれませんね

  •  
    11/23 05:52

    失礼ですが…、これは、全て引用でしょうか?
    読んでいくうちに、木下先生の経験や意見や考えのように思えてしまって、あれっ?と元に戻って読み直すと、全て引用のようにも取れて…
    もし、全て引用であれば、最後にもそのことを明記した方がわかりやすいし、出来れば、先生ご自身の感想なり、意見なりを添えて頂けるとよろしいかと…。
    生意気を失礼しました。


  • ぽにょ、妊娠中につき放置中 
    11/23 05:57

    介護福祉士にて特別養護老人ホームに勤めています。10年になりますが今だに死後処置には慣れません。また亡くなるのが明け方が多く明け方の巡回は毎回ビクビクしてます
  • のんこ 
    11/23 08:00

    が出ました 医者にも 成功させてほしい気持はあると思います でも 思わぬ方へ行ってしまう 医者としても 悔しい思いだと思いますよ 医者も遊び半分でやるわけではありません、それでも助けられないのは 仕方ないではないですか 先生の方も辛いと思いますよ。家族と同様の悲しさを味わっていると思います
  • ひとし 
    11/23 08:01

    妻が一年前からバセドウ病で病院に入退院してます。バセドウ病の治療やってる病院は少なく、病院をたらい回しされ、やっと治療始めたのが今年の6月からです。やっと専門の病院にたどり着来ました。放射線やステロイド治療始めました。病院の先生は、治せないから、この病院は無理ですと言われ、自分と妻は半年地獄にいました。病院の先生を恨んだ事も有りました。でも今は先生も私達に希望をくれました。私達にとって、病院の先生は救いの神です。木下さんのコメントに感動しました。勇気も貰いました。有難う御座います。
  • クロリン(フローズンダイキリ) 
    11/23 08:33

    上山先生のお話しはテレビで拝見しました。

    私の父もあと一年は生きられると言われたのに、治療の為の放射線をかけすぎて、直接の死因は癌ではなく、レントゲン線宿酔で亡くなりました。


    私は初めから治療方針に疑問を持っていました

    でも父はその若い先生と馬があったようで、
    「治療で命が短くなっても、俺が信頼して先生に任せた命なんだから、それでいいんだ。」
    と言いました

    亡くなって直ぐに先生から
    「解剖させて下さい。」
    と言われましたが、
    「父が先生を信じて任せたのですから。
    とお断りしました。

    命を預けられる重み
    改めて先生方が受ける重圧がわかりました。



  • なっちん 
    11/23 19:16

    色々なる人の考えの重圧が
    染み入る文面に涙がでまし

    私は癌だと言われ手術の日程も決まっていて
    手術前の検査の時に主治医が変わりまし
    その先生は『私に六ヶ月命を預けては下さいませんか? 今手術に踏み切るには私は納得がいきません まだ若い身体に傷を そして気持ちにと 今手術をしてももう少し先に伸ばしても悪くなれば手術をしましょう』と
    それからモルモットの様に検査検査でし
    私の症例が珍しかったからですが
    先生にならと思い任せて…
    今は症状もな
    ただ身体は疲れやすく人より免疫力は低いみたいですが元気です

    私は特別です
    信頼がないと身体を任せられないです


  • ウズメ☆皆さんさいなら〜☆ 
    11/23 19:37

    先生
    れは 人として 辛い経験ですね
    れど医者として その苦い経験が 如何に これから生かされるか
    も 身内を亡くして 後悔したから 悔いがないように生きていくと 決めまし

  • みーにゃ 
    11/23 19:43

    私も医療の現場にいるものとして…小さな職場ではありますが患者さんの死を身近に感じる事があります。医師ではないので治療に関わる事はありませんが、また違った距離感で本人だけでなくご家族の方達との関わりがあって…やりきれない思いをする事もあり…そんな時自分の相手に対する接し方を悔いる事がないように…自分なりに大切に関わっていく努力は…現場にいる間は最大限していこうと思います。謝ればいい…だけでは人の心に届かない…その方には返せないかもしれないけど…経験として無駄にはしない姿勢を…謝るなら…きちんと持ちたいと思っています。医療の現場にはどうしようもない瞬間があるからこそ…すべて大切で真剣に向き合うべきだと…も。
  • ハナちゃん 
    11/24 01:15

    素晴らしい日記をありがとうございました。
  • *雪華*パンダはペットです! 
    11/24 03:56



    秋田脳研の伊藤善太郎先生

    懐かしいお名前です

    穏やかで納得できるように
    きちんと説明してくださる先生でした。

    母の再婚した方が、脳梗塞で脳研に入院中、胆管癌を併発。
    症状が出た時は末期でしたが、伊藤先生はきちんと説明してくれて、全て説明の通りの進行で
    家族として気持ちの整理もつき
    取り乱す事もなく、送ってあげられました。

    そして、久しぶりの我が家に帰る時、深々と車が見えなくなるまで頭をあげようとしなかった先生の姿は今でもはっきりと焼き付いております。

    それでお名前も忘れる事はありませんでした。

    やっぱり、脳研の先生は違うな……。と思ってました
  • マイケル・ジャンクション 
    11/24 08:10

    人間のやることに完璧はないと思います
    例え駄目だったとしても、プライドを持って全力を尽くすかどうかで、相手の気持ちは変わると思います。
    命に関わる職業の人達が、皆こういう心構えでいれば、患者やその家族の気持ちも少しは救われると思います。

    父が亡くなった時に、医者の態度というものを実感しました
  • R 
    11/24 09:22

    伊藤先生…素晴らしい方ですね

    そして伊藤先生の意志を継がれた木下先生も


    どうしようもない状態で最善を尽くして頂いても家族を亡くした傷みを医師にぶつける方もいる中で
    なかなかそんな風にはなれないと思いま

    医師だって人間ですから

  • 緑茶(そろそろ落ち着きたい、色んな意味で) 
    11/24 09:28

    私は医師でもナースでもありませんが、病院で働いてます。…胸が熱くなる先生の日記 読ませて頂き、ありがとうございました。
  • ゆみ♪イベント休みマス<(__)> 
    11/28 14:27

    葛藤のあるお仕事なんですね。

    でも、読ませて頂いて良かったです。

    私も医師を理解して応援したいひとりなので


    頑張って下さい。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)