特攻隊の真実 致知 2006年8月号より


メールマガジンで、とても心に感じるものがありましたので、紹介させて頂きます。


  戦争という逃れ得ぬ境涯の中で、国を思い、
  愛する人を思い、散っていった若者たち。

  同じ時代に生きた者の務めとして、
  その純粋な思いを書きつづってきた
  作家・神坂次郎さんの対談記事を抜粋してご紹介します。



第七十二振武隊員の千田孝正伍長のことは、
お芝居でも書いて随分感動を呼びました。
 
第七十二振武隊というのは、
昭和20年5月27日に、万世飛行場から出撃した部隊なんですが、
自分たちから“特攻ほがらか部隊”
と名づけたくらいに陽気で愉快な連中の集まりでした。

出撃前に1週間ほど滞在していた横田村(現・東背振村)では、
夜になると地元の人々が慰問に訪れていたのですが、
隊員たちの元気な余興に、
逆に村の人々が元気づけられるほどだったそうです。

中でも人気者の千田伍長が、
ひょうきんな身振り手振りで踊る特攻唄は、
村の人々を爆笑させました。

ところが、出撃前日の夕方、
竹林の中であの陽気な千田伍長が、


「お母さん、お母さん」


と泣きながら日本刀を振り回していたのを、
通りかかった女子青年団員の
松元ヒミ子さんが見ているんですね。

そういう話になると、もう、
涙が溢れてきて、私などは何もしゃべれなくなる……。

なかなかいまの人には
理解していただけないとは思いますが、
いかに私たちの青春というのが
凄まじいものであったかということです。

松元ヒミ子さんはおっしゃっています。


「日本を救うため、祖国のために、
 いま本気で戦っているのは
 大臣でも政治家でも将軍でも学者でもなか。

 体当り精神を持ったひたむきな若者や一途な少年たちだけだと、
 あのころ、私たち特攻係りの女子団員は
 みな心の中でそう思うておりました。

 ですから、拝むような気持ちで特攻を見送ったものです。
 特攻機のプロペラから吹きつける土ほこりは、
 私たちの頬に流れる涙にこびりついて離れませんでした。

 38年(談話当時)たったいまも、
 その時の土ほこりのように心の裡にこびりついているのは、
 朗らかで歌の上手な19歳の少年航空兵出の人が、
 出撃の前の日の夕がた


 『お母さん、お母さん』


 と薄ぐらい竹林のなかで、
 泣きながら日本刀を振りまわしていた姿です。
 ──立派でした。あンひとたちは……」  


ただ私は、決して戦争を肯定したり、
特攻を美化したりするつもりはありません。

特攻は戦術ではなく、指揮官の無能、堕落を示す
“統率の外道”です。
私は、その特攻に倒れた若者たちが見せてくれた、
人間の尊厳、生きる誇りを語り伝えていきたいのです。
 
自分の命を白熱化させ、
完全燃焼させて飛び立っていった特攻の若者たちは、
生きていた歳月はわずかでも、その人生には
いまのような生ぬるい価値観を
拒絶したような厳しさがありました。

その厳しさの中で自分の人生、
命の尊厳を見事に結晶させていったのです。

日本人としての誇りを持って飛んでいって
ついに還ることのなかった彼らのことを語り続けることで、
愛する日本の未来に新たな光がもたらされることを願っています。


 
  • コメント(全79件)
  • ス〜☆友愛丸☆仲間は大切! 
    8/12 08:01

    知覧に行きました


    犬と笑顔で戯れるあどけない顔は
    忘れられませ

  • ☆がんばれ東日本☆日本は1つ☆MIC☆ 
    8/12 08:04

    の大切さを感じさせられま

  • gum 
    8/12 08:04


    いろん
    戦争の
    犠牲になった方々の上に

    私たち達の今の生活

    成り立ってんだと
    思います…

    鹿児島にゎ

    知覧特攻基地があり

    訪れる度に
    込み上げてくるもの

    抑える事が出来ませ
  • ガンディー 
    8/12 08:06

    なるほ

  • ☆ハイジ☆(皆さんありがとう*) 
    8/12 08:11

    特攻隊…出撃の時 敬礼してかっこよく飛び立って行くイメージがあるけど 内心は『お母さん』寂しく悲しい想いだったんでしょう
    涙が止まりません
    (;_;)
  • マイケル・ジャンクション 
    8/12 08:12

    戦争体験者はどんどん減っていきます。

    こういう話は体験のない私達が、確実に受け継いでいかなければいけないものですね。

    紹介してくださって、ありがとうございます。
  •  
    8/12 08:17

    大正生まれの母から戦時中の話はよく聞きましたが、一度も辛かったとか暗い話はしないままに亡くなりました。それはそれで、母の愛だったのでしょう
  • 凛華 
    8/12 08:20

    戦争が終わっても、親を失った悲しみを抱えながら生きている人は今もいます。 私達はそれを忘れてはいけないと思う。 木下先生のブログは真面目に受けとめなければいけない題材もとりあげてくれるのでよいです

  • 美紀 
    8/12 08:22

    こういう日記必要です。

    特攻隊の多くの方が「お母さん」と最後に言い亡くなっていったそうです

    戦争で犠牲になるのは、結局国民なんですよね

    今いろいろとある日本ですが、戦時中を想像すると、不景気と言えど衣食住はあり、日々平和に過ごせてることに感謝してます

  • まゆまゆ★13日以降長期放置。  
    8/12 08:23

    読んでいて、その風景が目に浮かぶようで涙がでました。苦労を忘れては、いけませんね。
  • ララ£今日から夜勤務£ 
    8/12 08:24


    おはよぅございます


    先日…
    特攻隊だった身内の
    展示会を開い
    また改たな想いがありました…

    今年の年末に
    沖縄に行き
    手をあわせて来ます

    戦争は
    身近でないようで身近でした…(>_<。)
  • アレックス 
    8/12 08:28

    タイムスリップしたらいまの時期みんな行きだけの燃料の戦闘機に悲壮感いっぱいで乗り込んでるんでしょう

  • やまやま 
    8/12 08:36

    昔、祖父や戦友会の人から色々聞き暗く怖い時代だったんだとは思いますが、正直には自身は体験していないので本当の苦しさがわかりません(体験したくないですが)
    ただ伝えていく事をやめてはいけないと思いま
  • 香澄(多忙) 
    8/12 08:40

    おはようございます


    戦時中の話は、当時14歳頃だった両親から聞かされて育ちました。

    多感な時期を戦時中に過ごし、戦地へ散った若い男性達…。

    もっと長く生きたいと思った事でしょう

    命の尊さ、平和に付いて深く考えさせられる時期ですね。

  • 更紗《今月中に退会します》 
    8/12 08:59



    blog読ませていただいてるうちに
    涙が溢れてとまらなくなりました



    日本人として
    人間として
    重く深く心に刻みこ
    どのように
    生きていくことが
    犠牲に報いることなのか…

    あらためて考えさせていただく機会をありがとうございます


    言葉ひとつ
    態度ひとつ
    心をこめて


    語り伝えていかなくてはいけない



  • キャンディ☆彡裏チケ終了☆ 
    8/12 09:06

    特攻隊で散った若い青年たちの記事や番組を見ると やり切れない思いでいっぱいです。自分が親になった今、自分の息子が…と考えたら恐ろしいです
    時の大臣や政治家たちも 人の親だったでしょうに…。今の日本も問題山積みですが、戦争には理不尽な事が多過ぎます

  • のびのびの〜ん 
    8/12 09:10

    読んでいて涙が止まりません。
    皆 昔はこうやって お国の為にと…犠牲になり、亡くなっていったのでしょうか…
    未来のある人達ばかりが何故…本当に可哀相でなりません。
    命の大事さ…忘れてはなりませんね。
    そして こういう事があった日本を 絶対忘れてはいけないですね

  • るーちゃん《要請×》 
    8/12 09:11

    松元さんのお話に胸があつくなりました

    鹿児島の知覧にある特攻隊記念館へ数年前に行きましたが、館内にある特攻隊員のお写真の前に立ってると皆さんの悲しみや無念さで押し潰せるような感じになり、涙が流れてしまってました

    人を人とも思わない身勝手な攻撃方法?作戦に憤りを感じます。
    二度とこんな戦争をおこさないよう、一人一人が平和について考えねばなりませんね



  • シルク 
    8/12 09:14

    昨年の夏、鹿児島の知覧特攻基地に小学生の子供を連れて行きました。 私も初めて行き、突撃前に母親宛に書いた沢山の手紙を読み涙が止まりませんでした。そこで放映されてる特攻隊のビデオも帰ってレンタルで借り子供たちと見ました。 とてもとても感動しました。 沢山の尊い命を無駄にしてはいけないと思いました
  • ミカン姫(モンプラ×、ドリと釣りは△) 
    8/12 09:18

    おはようございます。祖父母の年代が戦時中を体験しています。

    の戦争時代の特集も必要ありますが私が怖がるので見ないでいてくれました。ただ普通の田舎町での戦時中の生活は語ってくれました。私も子供ながらに戦争で犠牲になるのは普通の国民生活ということだけは理解してました。

    当時の特攻隊だった若い人達が守りたかったのは国家ではなく家族がいる場所だと思います。


    戦争は二度と起こしてほしくないし怖い体験したくないです。(祖父母達の年代の方の思いや苦労を踏みにじるからです)
  • トロル 
    8/12 09:19

    涙が出てしまいました! 誰も死にたくない 他人に見せ
    独りで泣いていた人
    たくさんいたんでしょう あの時代の人
    すごく心が強
    いろんな事ガマンしたりわがままなんて言ってられな
    家族のため
    生活のため
    みんなで協力して
    自然と相手を思いやる気持
    やさしさが身に付いていた
    死を見ていたからこ
    命の大切さも感じて
    生きる事が精一杯
    助け合い 人間の原点を自然に学んでい
    今の人 今のこども 今の私たち‥今の親‥ 自分を含め‥なんなんだろう‥
  • たぃ(肉の会・副会長) 
    8/12 09:25


    飛んだら最後
    後は敵の弾に当たり死ぬか…自らが敵に当たり死ぬか…選択肢は2つに1つ…

    人間として、生ける者として生きる選択肢を剥奪され
    自分と同じような年齢の少年達が散った

    そんな
    現実放れしたような
    史実が存在すること
    恐ろしいです

    自分はどうでしょう
    今…
    爆弾しょって死んでこい…
    そんな事を言われたら…

    当時の人々は…祖国の為…自分の家族のため…愛する者のため…死ぬことしか選択肢を与えられなかった…
    悲しい…悔いがある…死にたくない…
    その思いを押し殺して戦場へ旅立った彼らのその行動は敬意を表するものがあります。
    決して戦争で彼らの特攻は肯定されるべきではない。

    ただ…彼らの死が(特攻隊のみならず全ての戦死者)
    今の日本を築く原動力になったのは紛れもない事実か

    未来ある命を投げ出
    腐った上層部指揮官の命令の下
    受け入れ難い…とても納得できる作戦でなくと
    日本ため…家族のため、愛する者のため
    散った彼らの
    英霊に感謝と
    哀悼の意を…

  • はなはな(暫く放置します) 
    8/12 09:31

    朝から涙がこぼれました。これを読んだのも縁ですね
  • ☆あき☆今月グリ卒業。皆様ありがとう 
    8/12 09:36

    先生、話は逸れますが憲法第9条の件はどう思われますか
    意見をお聞かせください。
    戦争について考える事がありまして、是非とも色んな人の話が聞きたいです。
  • ぴぃちゃん 
    8/12 09:42

    先生…ごめんなさい

    涙しながら読んでたんですが 実際 きれいごとのコメントになっちゃう
    分は、戦争を体験せず テレビや人の話だけを聞いて いつも涙するだけで… 私…私は、何をすればいいですか?全世界の全人類の幸せを祈ることしか出来ない?
  • ぉかあさん♪ 
    8/12 09:43

    おはようございます!木下先生推薦のその著書、ぜひ探して読んで見ます!今の自分達の存在理由を改めて考えさせられます。なんでもかんでも米国かぶれ、過去の悲劇を忘れアメリカ最高!とはしゃぐ若者、そして“団塊Jr.”の私…。でも確かに戦争は正当化できないけど、米国の作りだした『芸術文化』には罪はない…音楽や映画には…、と考えてしまう私です
  • 橙556鬼ごっこ中 
    8/12 09:44

    特攻服、なにでできているかご存知ですか?
    あれは犬だそうです
    動物も犠牲になったそうです。動物園もそれはむごい状態だったそうですね。宮崎のそれに近いかもしれませんね

    連合軍のパイロットの顔が見えた話なども聞きました。当時わずか2〜3才の子も覚えているそうです。それほどの恐怖だったんですよ。

    私は満州からの引き揚げ者に育てられましたf^_^;その方は最近急にやせられて衰弱したそうです。だから私も覚悟しなければなりませんf^_^;ただ女性の引き揚げ者の恐怖、想像はおまかせします。

    だから私は戦争が嫌いです。泣かされ、犠牲になるのは、老人、女性、子供みたいな弱いものです。
  • 夏(さようなら) 
    8/12 09:48

    >>特攻は戦術ではなく、指揮官の無能、堕落を示す
    >>“統率の外道”です。

    まさにそうですね。勝つ方法を見出せない、引き際の判断が出来ない、指導者・指揮官の下での、その人たちの命令による若者の死は、どれだけの意味を持つものになるのでしょう。せめて、戦局の好転に役立つものであるならば、まだ良かったのかもしれません(あくまで、比較の話です)。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)