喫煙率に関する

  • 木下博勝 公式ブログ/喫煙率に関する 画像1
皆さん、ありがとうございます。

今後の参考にさせて頂きます。


早速ですが、平成20年の調査によるデーターですが、20才を越える人の喫煙率は、男女それぞれ、どのくらいどと思いますか?





男性39.5%、女性12.9%でした。


男性は喫煙率が低下していますが、女性はほぼ横ばいの状態です。


諸外国と比較してどうか?


中国、韓国、ロシアよりは低いですが、男性は高いほうなのです。

因みに、男女の順で、

中国 57.4%、2.6%、 韓国 52.8%、5.8%、 ロシア 60.4%、15.5%、

USA 20.7%、15.5%、 UK 27%、25%、 カナダ 15.3%、11.8%

ドイツ 27.9%、18.8%、 フランス 28.2%、21.7%

です。


女性の喫煙率で問題なのは、20代、30代の女性の割合が上昇していることです。


個人的には、国に対して、この部分を重点的に、対策を立てて頂きたいです。


なぜなら、妊娠の可能性がある年代であるし、既に子育ての途中かも知れません。子どもが副流煙の被害にある可能性が高くなります。



もちろん自分自身にも有害ですが。


WHO(世界保健機関)は、5月31日から1週間を、禁煙週間と決めて、たばこ対策の推進を毎年行っています。


高校3年生の喫煙率は、2000年と比べて下がっているのは、嬉しいことです。


因みに、毎日の喫煙習慣がある男子は、25.9%→13.0%。 女子は 8.2%→4.3%です。


本当は、0でなければいけませんが、国の政策が寄与していることに異議はありません。


喫煙者の方には、耳の痛い話ですが、是非禁煙をお願いします。