ご家族を亡くされた経験をお持ちの方々

  • 木下博勝 公式ブログ/ご家族を亡くされた経験をお持ちの方々 画像1
今回もたくさんのコメントやメールを頂きまして、ありがとうございます。


昨日のブログを書いてから、父の事を改めて思い出しました。


肥満体型だった父が、遺体となってから対面した時には、別人のように痩せていた事


首から胸を通ってお腹の下まで太いテープが一直線に貼られていて、これが解剖の跡なんだと思った事。


医師になって、自分も解剖に立ち会うようになって分かりましたが、ほとんどの内蔵や脳ミソ、外形以外は摘除されて、空いた空間に詰め物がされて、開いた傷を縫い合わせて、傷の上にテープを貼って、ご遺体をお返しするのです。


外科を長くさせて頂いておりますと、残念ながら人の死に立ち会う機会が多くあります。


改めて思いますのは、人が死んで、喜ばれている関係者の方を見たことがありません。。人の誕生と真逆ですよね。


写真は、僕の大好きな、弘法大師 空海が残された言葉を紹介したもので、後日ご紹介させて頂きたいと思います。

 
  • コメント(全266件)
  • - 
    7/6 00:21

    私の母は昨年胃ガンで亡くなりました。
    病院に行った時にはすでに遅く、後に医師から余命半年を告げられました
    19で北海道から出てきて苦労の連続だった母にこれ以上の辛い思いをさせたくなくて医師と相談して母には言わずTS-1だけの処方を選んだものの本当にこれで良かったのか今もまだ考えてしまいます。

    母のガンは胃の上部にあった為自分の唾でさえ飲み込めず胃ろうになりました。
    亡くなる少し前には胃ろうの穴がみるみる大きくなり、そこから流れてくる胃液のような茶色い液がガーゼを取り換えても取り換えてもすぐにびしょびしょにしていたので、尿を溜める袋を取り付けられ、お腹からの液を袋に流していました

    そんな母を1人にしたくなくて、病院に泊まり込み朝方家に帰り、子ども達を学校に送り出しまた戻る生活をしていました。

    でも私は母が亡くなる2週間前に熱を出し1週間もの間病院に行けないでいるうちに母は話せなくなりました。
    それから1週間後、私と手を繋いだまま息を引き取りました

    一昨日、母の命日でした。まだ、母が黒枠の写真立ての中にいるのが不思議な気がしてなりません。
    何故、治らない病気があるのでしょうね
    みんな、しわくちゃのおじいちゃんおばあちゃんになって体の寿命が来るまで笑っていられたらいいのに‥

  • ワタちゃん 
    7/6 00:23

    私の母親を今年に亡くなっりまし 最期を看取らたので良かったけばらくショック立ち直れなく、今でもそのことが残ってます
  • きらり 
    7/6 00:27

    私は去年母がなくなりまし
    夏梅つけるのを手伝いながら習いながらやってその3日後突然でし
    母は一人暮らししてたから三日に一回は家に行って顔を出してまし
    その日は鍵も閉まっててでも胸騒ぎがしドワを割って入ると倒れた母の姿があり夏だったからもう見れない状態でした
    だに可哀相な最後だったと思いま

  • myu 
    7/6 00:30

    私の弟は、オーストラリアを単身旅行中に事故で脳死になり、そのまま他界しました。

    海外での死亡という事で、様々な手続き等、とても大変だった事を覚えています

    しかも、平成元年の当時、私は25歳で、父母はパスポートを持っていなかったので、私が領事館の方と交渉しながら向こうで全てを決めました。

    脳死状態は、機械で生かされているものの、ヒゲも生えれば体温もあり、体はまるで生きているよう

    「人道上の問題です。機会は止めさせて頂きます」と言われて、イエスと言う時の罪悪感や切なさは、今も到底忘れる事はできません
  • 桃香moka 
    7/6 00:41

    一説によると 弘法大師はブッダを決壊に封じ込めたと言う…… 力加減を表したかったのですね

    私も 妹を含め身内を見送りまし
    人間の儚さと 生きる意味を 今尚模索しながら生きていま
    現実を受け入れ 生きる意味を知る…… 答えの無い道を黙って歩き続けていま


  • ダンブルドア 
    7/6 00:50

    家族を亡くす辛さは亡くした者にしか解らないものなのでしょうか

    私は20歳の時に18歳になったばかりの妹とお腹の赤ちゃんを亡くしました

    あの時の辛さ悲しみは今も引きずっています

    (;´¬ω¬`)
  • らら 
    7/6 00:54

    うちの父も突然死ということで、解剖してもらいまし
    うちの父の場合、布で首から下は巻かれてまし

    私は解剖してもらい正解かなと思います
    父の突然死が、遺伝子性のものなのかなどがはっきりするか
    もし、遺伝子性のものだったら残された私達も同じことで、簡単に命を落としていたかもしれないって今思うから
  • ちえ 
    7/6 01:04

    私の母は20年ほど前に癌で亡くなりました。乳がんが転移してあっちこっちの病院を転々としある大学病院の放射線科にいました。まだ私や弟は小学生でしたから訳もわからず行けば会えるだろうという感じでした。元気な頃は夜7時に必ず電話をしてくれるお母さんでした。でも最後は意識もなくって話すことも出来ませんでしたがずっと手を握っていました。医学が進んでいたらもっと生きていたのかも知れません。40歳で亡くなりましたが、今思えばちょっと天然がはいったおもしろい母の娘でよかったなぁと思います。7月17日が来れば20回目の命日が来ます。時が経てば忘れてしまいがちですが、そろそろお墓参りに行きたいと考えてます(*^-')b
    ありがとう
    かあさん\(*^▽^*)/
  • らぶちゃ☆アンニョン☆ 
    7/6 01:06

    皆さんのコメント読ませていただきました。涙が止まらないです。私の母が先日手術をし、その際別の病気が発見されました。元気だけど…悲しい事ばかりが頭に浮かび、今まで苦労ばかりかけた事を悔やんでいます。親孝行と言うか、苦労をかけた分…足りないかもしれないけど、これ以上後悔しないように母を大事にしていきたいです。
  • ちょこたんまっ 
    7/6 01:14

    私の父は先月亡くなり、まだ四十九日も経ってません
    6年前脳出血で倒れ 救急車で運ばれた病院が脳外科専門だったため一命をとりとめました。
    しかし 2週間後やっと意識が戻っても後遺症が重くリハビリもなかなか進まず
    在宅介護と入院と繰り返し、食べる事が唯一のたのしみだったのに胃ろうとなり、昨年脳梗塞もやって言葉も出せず意思の疎通も出来なくなり 腎臓疾患で熱が下がらなくなった時 医師から今の状態から改善の見込みはなく治療方法も限られること、最後に延命処置をするかしないかを選択するよう言われて家族で悩み 父が少しでも辛くない方法として 延命処置はしない事に決めました。

    それから一年間父は頑張り、嫁ぎ先から駆け付けた私も最後は3日間病院に泊まり父を看取りました。最後は腎不全でした。
    母と妹は6年間父の介護をやり通し出来るだけの事はしたという安堵の気持ちだったとおもいます。

    それにしても介護が必要な患者にもう少し優しい日本の医療体制であってほしいとおもいます

  • 梵天丸 
    7/6 01:48

    日本には、脳死を人の死と一律に決めるのは、絶対に馴染まない。
    特に、15歳以下の子供の臓器移植の他の人の意思による提供は、なにか恐ろしいものを感じる
    脳死と判定されれば、医療行為は、そのまま続けられるのか。移植コーディネーターから、強く移植するように求められることは、ないのか
    甚だ不透明だ
  • ZEUS 
    7/6 01:50

    自分も姉を突然死で亡くしましたが、四年経った今もあまり実感がありません。
    今でも飛行機に乗った事のない姉の初フライとが荷物扱いで乗った事が哀しくてしょうがないです。
    死はみな、遅かれ早かれ平等なので生きてる間に大切な人達と出来るだけ笑っていたいです


  • ◆チェリー◆リアル多忙の為にコメ遅れます。( ̄▽ ̄;)スンマソン 
    7/6 02:03

    8年前に私は交通事故で母を亡くした。
    母が死んだ。とハッキリ自分の中で理解するまで一年はかかりましたねぇ

    母と喧嘩してて仲直りもしてなかったのに…
    私は何か一つでも母に親孝行したのか?
    まさか突然目の前から母が居なくなるなんて思ってなかった自分には、母の死を認めれない・認めたくない。と2つの心の叫びがありましたねぇ

    今は取り残された父親に出来る限りの親孝行をしていってます。
    先生もお父さんの分までお母さんを大事にしてあげて下さいね。
  • きゃめ†まぁ君 1歳 になりました† 
    7/6 03:07

    初カキコです
    私は今年で9年に なりますが 笑顔の素敵な母を 急性リンパ性白血病で 亡くしました
    病名が わかるまで 4つの病院を 行って わかりました
    余命数日 と 聞いた時は ショックでした
    父は 1日でも 長く 生かせてあげたい と 主治医に 頼み 心臓が止まり そうに なったら 心臓マッサージ まで 頼んでいました
    私が最後に 会ったのは 亡くなる9日前 握手して 別れましたが 握った 手の感触は 忘れません
    ただ 父の方が ショックだったかも しれません
    仕事を 休み 毎日 病院に 通い続け 亡くなる6時間 前にも 会っていて 話しも しているからで
    最後は 誰も 間に合いませんでしたが 私は 迎えに 行きました まだ 暖かく ぬくもりも ありました

    母が亡くなってから 結婚した 私は 息子を 母の月命日の日に 帝王切開で 出産し きっと 母が 見守っていて くれたのかも しれませ
    もうじき 一歳に なる 息子ですが 人見知りせず 母と 同じように 笑顔で 常に います きっと 母が 息子の そばに いるんだと思います
    いつか また 母に 会って 話が たくさん したいです

  •  
    7/6 05:42

    生きながらの死 3ヶ月寝返り禁止の重症夏でクーラーは当たらず窓も私のベッドの頭には丁度ない位置での闘病での 隣のお婆ちゃんの話まだ病院が乳母捨て山だった時代隣のお婆ちゃんも例にもれずか覇気が全くない何ヵ月も家族も見ないすることは尿管を外そうともぞもぞすること血がにじんでもそれだけはやめなかった看護婦さんに冷たく叱られる日々親族でやっとみまいが…さぞやと思いきや誰が話しかけても答えないその内親族がせっかくきてやってるのにと怒りだした えらく私は驚いた病人に向かって辛辣な言葉をあびせ自分たちの事ばかり、お婆ちゃんが反応しない意味を察知した、抵抗なんだそれはと感じた、意識ありながら死んだふりをして心のある事を知らしめたかったんだ!だって尿管は血がにじんでも抜きたいのだから、下の観念のなせる仕草だったのだろう…何度も入院経験を繰り返し今解ること、年寄りは程看護婦と言えども下の世話を嫌う、動けなくてもポータブルの設置を希望する人ばかり又看護婦に申し訳ないとごちながら排泄をとってもらう観念、あの尿管外しは生きてるという抗議だったのだ、今でも生を考える時浮かんでくる。私は私でベッドで給食を犬食い、夜は小さく歌をくちずさんで仰向けを3ヶ月半しのいだ、床擦れが出来なかったのは若い体がなせた事だろう…まんじりとも出来ない日々は想像以上に辛いものだった、医師は言う治療は一種拷問程過酷な部分があると…治るならまだいい隣のベッドで起こっていた事は生きながらの死と呼べなくないか?看護婦も7Kと言われた時代疲労で余裕等ないのだ、どちらどの立場も頂けない事情?家族が老人を破棄し安堵を求めた時代が確かにあったのだ。ホスピスの到来…モルヒィネが痛み止めとして病院では許可って末期の癌患者の痛みって何???痛みって心を含め何?知る人ぞ知るペイン科…麻酔医師が死ぬ程の痛みを味わって開催されたペインという痛み止め専門の分野…救急機関深夜の看護婦のピアスや厚化粧、専門外の卵医師の当直アルバイト、田舎にER等ない実態!生きたいと願うのは家族か本人か?生きていれば本当にどんなでも幸せか…若い独身女性の下半身付随の葛藤「羨ましい」怪我の箇所重度軽度、【安堵の声に綺麗事はない!】
  • みーたん♪ ありがとう♪ 
    7/6 06:16

    私は4年前に父と祖母をほぼ同時になくしました。
    特に父に前夜、愚痴を言ってしまい、具合悪いからまた明日が最期の言葉でした。亡くなったと聞いて慌てて病院に行くと、先生は具合はよかったと、嘘をついた。ばれる嘘は不信感や辛さが増すだけでした
  • 郭嘉 やる気↓↓↓ごめんね。 
    7/6 07:17

    私は4月1日に母を亡くしました
    正確には31日の夜に心筋梗塞で亡くなってました。あまりにも突然です
    母の葬儀1週間後、祖母が脳梗塞で入院
    生死をさ迷い今はなんとか生きています
    色々な決断をあれこれと、させられたのですが
    これで良かったのか不安で
  • なおなお 
    7/6 08:16

    私も4年前に母が亡くなりました。急性心不全でしたが亡くなる朝いつもの様に床屋の仕事をしていまし。亡くなった時間に私は仕事先で不思議な体験をしました。今思えば母が来たのかと思います。あまりの突然だったので放心状態になりました。私が家に戻った時には既に死後5時間たっていたので救急車でも運ぶ事なく・・・。お医者さんから解剖をして詳しい原因をと言われましたが助かるならいくらでも身体に傷つけても良いけどムリだとわかってましので傷はつけないで下さいと言ってしまいましたが良かったのかな?と思います。良く後悔先立たずと言いますがホントにそう思います。いろんな事してあげれば良かったなって
    孝行大事ですよね。
  • みっちゃん 
    7/6 08:19

    『合掌
    『弘法大師のこころ』読んでみたくなりました

  • ソフト 
    7/6 09:29

    私も 木下先生の、好きな
    法大師のここ
    読んでみたいです
    大切な家族、好きな人、友達を、身近で亡くすのは、ほんとに辛いですね

    忙しい日常や、時が立てば、悲しみは癒されるのだろうけど、でも心は、忘れてないですよね

    私は母を亡くして、水曜日で 三七日になります。
    願いが 叶うなら、もう一度だけ、逢いたいです。

    木下先生も お父様を思い出して 複雑な思いを 感じたんですね。大丈夫ですか?
    きっと、素敵なお父様だったんでしょうね…

  • かなっち@(コメ流れごめんね) 
    7/6 10:24

    わたしは今年3月に伯父を亡くしました
    たしを自分の娘のように可愛がってくれた伯父
    C型肝炎からの肝癌でした

    もっと会いに行けばよかったと今でも後悔しています
    でも伯父が元気で居るような錯覚があります

  •  
    7/6 10:34

    7年前に義父を亡くしまし
    肺癌だったのですが心臓膜に水が溜まりそれに針を刺して抜く治療をしますと言われ『行ってくるね』って明るく行ったのに…ガラス張りで家族皆で見てました
    ーテンを閉められ慌ただしく回りが動きだしてよくみたら心臓マッサージをしていて訳がわからないまま呆気なく義父は逝ってしまいました
    が心臓膜に達する前に心臓が止まったと説明を受け解剖を進められましたがこれ以上苦しめないで欲しいと解剖はしませんでし

    何が一番ムカついたかって心臓マッサージを一生懸命してくれてる先生方の横で…家族が居るにも関わらず看護師と外科の先生が笑いながらおしゃべりしてるのが今でも頭から離れません
    をわきまえて欲しかったな

  •  
    7/6 15:08

    私は、元夫を70日間介護し看取りました。肝臓癌の末期で61歳でした。別れて12年突然の電話で助けてくれと言われました
  • ★みぃ★ 
    7/6 16:29

    母を5月に亡くしました…あと3日で49日…夢も3回ほどみまし
    身内を亡くすのはこんなに辛いものかと痛感してます

  • チゲ鍋 
    7/6 16:38

    私も去年、母を亡くしまし
    何も親孝行もしてあげれなくて
    には娘がいるので大切にしていま
    キノピー先生お父様の事思いだしたのですね。大丈夫ですか?毎日忙しくて大変でしょうが無理せずお仕事頑張って下さ

  • ハリマオウv^o^ 
    7/6 16:39

    弘法大師空海様大好きです\(~o~)/
  • Яeika☆ 
    7/6 23:07

    あたしも去年の夏に父を食道ガンで亡くしまし

    去年の今頃は毎日看護してたなぁ…と思い出します

    いきなり父に会いたいという気持ちがどっと押し寄せて泣きたくなるときがときどきあります

    親を亡くす経験はみんなあることだし仕方ありません
    より先に死なずに看病し看取ってあげられたことはよかったと思います

  • ゆう 
    7/6 23:13

    父親を21年前の今日亡くしました。5ヶ月の闘病でした。当時 私は高校生で、何も看護が出来なくて悔しい思いをしました。
    今は看護師となり働いています。
  • チーピー 
    7/6 23:46

    父方、母方両方の祖父を亡くしました。父方は看護学生時代、母方は看護師として就職してからです。父方は学生だったのと、突然死に近い状態だったので、あまり関われず、後悔しました。母方の時は後悔したくないので出来ることはしていました。入院中に突然、心肺停止し、蘇生したものの亡くなりました。その際、仕事柄、もう助かることはないことがわかっていました。そのため、家族や親戚に、治療しても祖父の身体に負担がかかるだけだし、もとの祖父に戻ることはない、看る側も肉体的、精神的にも辛くなるし、経済的にも大変になるので、治療せず、そのまま看取ろうと言ってしまいました。家族や親戚は納得し、そのまま看取りました。未だにほんとによかったのか考えてしまいます。
  • ヨッシー〔がんばれ 日本 50番勝負〕 
    7/7 05:11

    僕も去年の6月母親を亡くし親孝行したい時に親は、居ないと言葉のとうりだなあと実感しています、これからも頑張って下さい、
  • サユりン  
    7/7 08:56

    赤ちゃんの病理解剖をみたことがあります。
    内臓を取り出して、写真撮影をし、最後に死体を流しでゴシゴシと洗っていた光景が忘れられません

    医大病院は、本当にひどい病気の人ばかりでした。

    元気に生きていられるだけで幸せなんですよね



  • 秋桜 
    7/7 20:37

    私も父を三年前に癌で亡くしまし


    健康だけが取り柄だったのに発見が遅く気づいた時には余命3ヶ月

    今でも、まだ何処かで生きているんじゃないかと思ってしまいます


  • ミネチャン 
    7/7 23:07

    1年前に主人が亡くなって、先日、母が癌で他界しました。悲しい出来事が続きましたが、子どもが2人いるので、パワーを貰いつつ、しっかり育てていきたいと思っています。
  • 【理子ちゃん】  
    7/8 02:15


    わたしは ナースです。 今でも 忘れられないのは 危篤の患者さまの前で 亡くなるのを今か今かと待っている家族の方がいたこと‥
    耳は 聞こえてる患者さまの前で 遺産相続の話でもちきりでした
    なんとも いたたまれない気持ちだったこと 忘れません!


  • シュー 
    7/8 08:02

    先月21日に義父を亡くしました。本当に小さくなって帰ってきました。
    三年間病院にいて、後半は痴呆になり長男の嫁である私の事がわからなくなり、自然と私も行く回数が減ってしまいました。突然の死に驚きと後悔でいっぱいです。
  • ジュニやすよ@友達募集していません。 
    7/8 10:13

    私も11年前に母を亡くしました
    急性心筋梗塞だったので、緊急手術をして、胸を開きました
    手術の甲斐もなく母は亡くなりました。
    遺体が帰って来て、胸を切った痕がとても痛々しく、涙が出て来ました。
    先生はたくさんの人の悲しみを見てきているんですよね。
    ちょっと考えさせられました。
  • 佐久間ルウ☆ 
    7/8 21:34

    解剖の話をされたこともなく、自分の家族の身に置き換えて先生のお話を読ませていただきましたがただもう、いたたまれないような胸をつまされる思いになりました

    自分の父の死を通じて感じたことの一つに、収骨という儀式は故人の死を現実のものとして遺族が受け止めるに十分なものでしょうが、柩に眠る父の顔が安らぎに満ちて美しかったことを火葬場で母が呟いたのも束の間、変わり果てた骨を拾わせるのは傍らでとても残酷な行為に見えました。

    故人と決別する勇気は今生を全うするために必要でしょうが、本当に必要なのでしょうか。

    その後、母は精神疾患で入院し経過は良好だけれど、いつもひっかかるものが頭をよぎります
  • ジュジュ☆ 
    7/9 00:22

    母が亡くなり早20年です。病気が判明し担当医さんに『余命五年です』と宣告されて、丁度五年後に人生を全うしました。アミロイドドージス?骨髄腫のような病気でした。かなり痛がってました。当時ですが私は、まだ若く心に余裕がなくて余り親孝行が出来ませんでした。今でも母は私の心の中で行きてます。
  • ルパン言 
    7/9 00:48

    母が余命1ヶ月の時、幼稚園児だった姪っ子が絵を書いて持ってきたのですが、看護婦に、こういうの持ち込まないで下さいと言われた事、あの顔一生忘れない
  • *こて* 
    7/9 10:09

    今年に入って間もなく父親が死んだ。私は学校卒業と同時に親元を離れ20数年離れたままだった。結婚し子供が産まれたりして何度かは帰省したがそのうち、元気ならいいやって感じで電話で連絡をとるぐらいになった。去年の暮れに親戚からちょっとボケてきたかもしれないから引き取って面倒みたらと言われて会いに帰った。見た目には変わった様子はなかったが、そろそろ一人も駄目かなと主人と相談して引き取る準備を始めるところに死んだと連絡があった。死体は大家さんが発見して警察と救急を呼んだとのことだった。死亡理由は自然死。遺体に変わったところはなく解剖も無し。田舎に残る親戚と駆けつけてくれた者とでひっそりと葬儀をすませた。お父ちゃん、さみしい思いをさせたね、ごめん
  • 寧々 
    7/9 20:41

    あたしは、旦那を事故で亡くしました。子供が産まれて、生後3ヶ月の時に、造船の仕事中の事故で、亡くしました。旦那は、30メートルの高さから、落下し、即死でした……。最愛の夫を亡くした傷は、今も、消えません。それからは、旦那の産まれ変わりの子供は、今三歳です。日々、子育てに追われる毎日です……。失って築く、本当の愛。失う前に築く愛………。私は、失って築いた旦那の愛を今も大切に心に残ってます!人間、1人ぢゃ生きていけない、誰かに支えてもらって生きてる。その意味に築いた時には、もう愛する人は、帰って来ない。
    だから、生きてる今、何かを残して少しでも、人の役にたてるよーに、頑張って私は、立ち直り、頑張ってマス!でも、子育ては、1人ぢゃ出来ないから、周りに、頼れる人が居ないから、この世の中、犯罪が起きてるのかな?
    頭では、わかっていても、身体と体力がついて行かない、この辛さ……。
    私は、旦那を亡くしてから、周りが羨ましくて、たまりません。これから、まだまだ世の中の困ってる人達の為に力になれるよーな人間になりたいです。
  • 如月 
    7/9 23:24

    先月母が亡くなりました。数日前から多少身体の調子が悪かったのですがその日私が仕事に行く時もいつもと同じに声を掛けてくれた母がほんの二時間後に亡くなるとは思いもしませんでした。
    心臓が弱っていたらしく急性心不全でした。父が救急車を呼ぶにも間に合わなかったそう。
    あまりに突然の事。葬儀の時とかは気が張ってた為大丈夫だったのに今ふとした瞬間に泣けてきてしまいま
    もういないのだと分かってるのにいえ理解したくないんでしょうね
    呼んだら答えてくれるような。
    親孝行なんて全然してなくてこれからって思ってたけど遅すぎまし

    立ち直るまで少し時間が掛かりそうです

  • ゆきだるま 
    7/12 01:06

    父が事故で、私22歳のときに逝ってしまいました。
    いつまでも、いつまでも辛いです。言葉にできないです。

  • ちょっとん、サンフレッチェ広島感動ありがとう 
    7/15 04:44

    私は 4年前父をがんでなくし、3年前旦那をがんでなくしました 父親は 医者の説明が みんなわからず
    それは
    殺してしまうということだったずっと母も 姉も後悔してい
    もう少し患者家族にわかる言葉で、説明してくればよかった

    父親は 注射をうってなくなった

    延命治療を望んでいたのに

    全く 3かげつ看護婦が みにくること
    なかっ

    本人苦しんでたのに


    広島あき市民病院であった

    いまだ
    忘れられない


    一番悔やんでるのは
    本人だろう
  • あっこ 
    7/15 19:54

    同居ではないけど先日、父方の祖母を亡くしました。まだしんじられないです。通夜、告別式 参列しました、
  • 石橋サイクル 
    7/16 20:42

    初めまして

    私は、5年前に母がなり父は4年前に亡くなりました
    母の死因は『自殺』です。 家の目立たないところで
    糖尿病、白内障、鬱が重なって辛かったんでしょうね

    父は、肺癌でした。
    肺癌になると凄く苦しくなるみたいです
    鬱もあったので鬱を優先にしようと話し合いモルヒネを使わず点滴だけで過ごしてました。
    昨日は、歩いてたのに今日は車イス、その次の日はベッド生活、その次はと…どんどん話す事が辛くなり苦しいと言うので睡眠薬を投
    睡眠薬が切れると私の名前を呼ぶのです

    苦しい姿の呼吸は、100メートル全速力走った後みたいな感じでゼーゼーして凄かったです

    今でも白装束の格好で夢に出て来ます

    今、私は妊娠しており聞きたい事も聞けません
    悲しいです

  • vivi○お仲間感謝*喪中なのになぁちゃんまで哀しい(T_T)八方塞がり 
    7/16 22:47

    昨日は、あたしが爺ちゃんと呼んで親しんでいた方の告別式でした
    分の誕生日にお骨になって逝ってしまいました。肝不全で、昨年は、朝方まで息子さんや母と飲明かし、元気だったのに、水戸黄門が終わったら晩酌で、とっても面白い爺ちゃんでした…アロハにガニ股で、よたよたと歩いてる姿が目に浮かびます。一回り小さくなって病気でかお骨もあばら骨と腰骨しか拾え無かったけど、色々な想い出作って逝ってしまいました。今年は、旦那と父親の三回忌爺ちゃんとお酒呑み躱してやってね

    爺ちゃんほんとに有難う

  • さんちゃん~菅、蓮ホウ、辻元去ね(-"-;)~ 
    7/17 07:51

    木下先生おはようございま


    私も同居ではなかったのですが、母方の祖母が6月28日に旅立って行きました


    80幾つになっても孫や(全て成人しております)お酒の相手をしてくれました


    祖母はみんなを明るくさせてくれて太陽のような存在でした


    そんな祖母が亡くなる1週間前に脳梗塞で倒れて意識不明の状態でした、私と妻とで
    訪れ意識のない祖母に声をかけ背中をさすり、手を温めてあげると、意識のないはずの祖母が声を出そうと咳き込み血圧が上昇し慌てて背中をさすってあげました、すると血圧が安定して、またスヤスヤと落ち着いてくれました



    祖母は何かを言いたかったんだろうと、妻と話をしてました

    そして孫たちが全員顔を見せたあと様態が急変して28日の午後に亡くなりまし



    母や叔父、叔母の顔を見るとやはりツラいです

  • チャタロー 
    7/17 23:30

    今、大切な祖母がICUに入ってます。

    祖母とは沢山の思い出があり非常に悲しいです
  • フェアリー 
    1/12 14:17

    私は葬儀屋で働いていますが、先生がおっしゃる通りのことを、先輩方からお話を伺いました
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)