父との約束

始めに、このブログには写真はありません。ごめんなさい。


血液の講義の準備をしていて、父を思い出しました。

僕が21才の時に、悪性リンパ腫で他界しました。


調子が悪いと言って病院を受診して、1ヶ月後に担当医から、深夜1時過ぎに、珍しい症例との事で、病理解剖の承諾の為の電話がかかって来たのを、今でも鮮明に覚えています。


父の解剖に同意する気持ちって、ご理解いただけますでしょうか?


病院に入院後、診断は比較的早くついたのですが、既にStage犬弔泙衙期の状態でした。


治療は化学療法(抗がん剤)が選択されました。当時の化学療法は現在は行われていないもので、考えてみても、人間にはキツすぎるのです。


抗がん剤の副作用の1つに、骨髄抑制というのがあります。一番のダメージは、感染に弱くなる事です。


父は化学療法施行後に、白血球が100(正常値は4000〜9000)以下になり、肺炎に罹患して、そのまま息を引き取ったと記憶しています。


死亡する一週間前に、母からもう長くない父の病状を聞き、北海道にお見舞いに行きました。


自分の寿命を悟っていたのか、母を部屋から出して、2人で話をしました。


妻の選び方、今後の男として生きて行く心構え、その他色々ありましたが、子供についても、約束をした事があります。


反論したい気持ちも、その時はありましたが、その機会はまだあるだろうと思って、頷くだけでした。


内容は敢えて伏せますが、約束は破る事になりそうです。


現在は、悪性リンパ腫の治療も進んでいますが、まだなお命を落とされる場合もあります。

 
  • コメント(全200件)
  • *みお*(-ω-)彡☆赤*(No.504)☆ 
    7/5 02:35

    先生

    お母さんを、大切にして差し上げてね。

    約束はね、たとえ叶えられなくても、約束をした事を覚えていればイイから…

    破った事実を、先生自身が受け止めてあげたら大丈夫だよ



  • いちご 
    7/5 02:39

    父を、白血病で亡くしました。目の前で見た闘病生活は本当に壮絶なもので、悪性リンパ腫など他の病気も併発してからは本当につらかった。全ての患者さんが助かる日が来ることを願っています。
  • MAI 
    7/5 03:19

    叔父も悪性リンパ腫で亡くなりました。
    抗癌剤にかなり苦しんでました。


  •  
    7/5 03:31

    年付き合っていた彼が年程前…36の時に腎臓癌、既にリンパ転移していてリンパと左腎臓を摘出。…既にstage5
    その時既に肺の縦隔に転移していた事を見落して、肺、骨…

    最終的には新薬で未来の患者…我々の為にある意味
    なって大学病
    でお世話になりましたが…
    生地獄を味わうこの病は本人も苦しいが看病する側も大変やし苦しい。

    手術やお薬で治るなら…とは思うが進行を緩めて延命させて苦しい日が続くのは…等

    様々な面で患者本人も看護側も

    聴くと
    見る、看る、診る
    とは大違い、とはこういう事だな、と
    癌に対しての意識がかなり変わりました

    …と共
    この大変な時に聴く耳を持たず、人の命より我が病院で成績を揚げたい、と囲い込んだ市民病院の先生の嫌らしさ、姑小姑問題、宗教問題やら男作って逃げた前嫁は金せびりに来るし…
    人間の嫌らしさも味わい、

    生きる意味って…?
    何もかもに疲れてしまいました。
    痛みは多少、生きている、最期の試練かも知れないですが、色々な意味で
    苦痛で終わるのでは無く、

    最期、患者本人が
    【生きてきて良かった】

    と見送れる治療を…

    と思います。
  • えしゃしん 
    7/5 04:37

    私は、、赤血球が多すぎるって言われたことありますっ!!
    あと白血球は姉が異常ありますっ
    心配なので近い内にいってみます
  • 梵天丸 
    7/5 04:51

    お父さんと、二人きりで、話すことが出来たことは、本当によかったですね。
    私の場合は、常に、兄弟、親類が来ていて、結局、父親とゆっくり話すことが出来ませんでした。
    お父さんの約束大切にしたいですね。
  • booska 
    7/5 05:09

    私の父親も悪性リンパ腺でした。
    入退院を何度か繰り返し10年間、本人も家族も大変だった
  • すてら☆彡無言で失礼します。 
    7/5 06:13

    お父様との約束があるのは素敵です。
    私も父との約束と言うよりいつも言われていた事を思い出しました
    その事が今は約束と考えています

  • ソフト 
    7/5 07:08

    おはようございます

    お父様も ご家族の皆様も 大変ですよ


    御身内の 解剖……
    医療の発展の為にとはいえ、心が痛みます。きっと、計り知れない複雑な思いだったのでしょ


    先月 私も 母を ATLで 亡くしました。御存知だと思いますが、治療方法がなく、対処療法のみ で、急性期に 転化して1ヶ月 …モルヒネの使用、弱ってく母を、看るのが辛かったです。

    心残りが 一時帰宅する4日前だったのに…母の希望
    に 帰して あげれなかったのが 今でも悔やみます
  • еつばさe♪#クリコンお休みします 
    7/5 07:41

    おはようございます


    先生も辛い経験をされてるんです

    でも先生を見てるとお父様が大変実直で優しい方だったって分かります


    御家族が亡くなられて悲しいのに、その上献体をお願いされて本当に辛いですょ


    でも先生には素敵な御家族がいらっしゃるから羨ましいしいです。優しくて、ちょっとだけ強
    奥さんとかわいい
    維志君と温か
    が居て羨ましいです

    これからもお体を大切にして、御家族を大切に頑張って下さ


    キノッピー先生とジャガーさんのブログ楽しみにしてます

  • そらちゃん  
    7/5 07:56

    お父さんと最後にはなされたのは何よりだと思います
    らは小さいときに別れたので会えないのでうらやましいいで
    病気は怖いものです
    でも人と人のこころのつながりがはっけんできるのもあると思いま

  • ・†・はる・†・ 
    7/5 08:00

    私の父は、私が小学生の時に亡くなったので約束も何も交わしていません。。。
    (>_<)
  • デスパレード 
    7/5 08:01

    おはようございます
    先生とお父上の話し
    男と男の約束ですか
    感動しました


    私の場合小学校三年生の時
    同乗してた車の事故で私だけ生き残りましたの

    話しもできない最後でした
  • あんず 
    7/5 08:06

    おはようございます
    の母も悪性のリンパ腫で岡山医大へ入院し一年半の闘病の末 私が15歳の春に亡くなりました。子供った私には 傍に居てあげる事しか出来ず 何もしてあげられなかった事が今でも悔やんでなりません。母が息を引き取ってすぐ 医者に家族が呼ばれ 病理解剖させて欲しいと言われ 始めは嫌だと渋ったものの 同じ病気の患者さんが一人でも多く助かるならと 解剖に同意しました 大切な人の身体を医療の為に解剖する事には賛否両論あると思いますが 私自身 人から責められる事ではないと思う
    一人でも多くの患者さんを救う一つの手段ではないかと理解しています きっと母も理解してくれていると思います これからも医師として 一人でも多くの患者さんを救ってあげて下さ
    応援してます

  • いなッチ 
    7/5 08:30

    私も高校生の時に父親が病死しました

    何十年と治療をしていた記憶があります
    がついた時には治療の為に仕事を休職してまし


    父親は死ぬ最後まで、私の花嫁姿を見る
    母親に言ってたそうです


    いまだに父親が息を引き取った時を覚えてます
    シンレンズが一直線になった時は大泣きしてました

    病名も分からないから解剖…と言われましたが、母親から親戚みんなが反対してました


    父親と約束はしたケド、守れてません

  • ローズ 
    7/5 08:47

    おはようございます


    どんな理由でも身内の死というのは一言では言い表せないほどツライものです…

    まして、解剖なんて

    今は両親とも元気なので、頭では必要な事だと理解できますが、その時になって同意できるかどうか…自信がありません
    解剖する為に治療の手を抜いたんじゃないか
    とか、“実験の為にいろんな薬を投与されたんじゃないか
    とか、ドラマの見すぎでしょうか
    こんなヒドイ事を思ってしまいそうです
    みませ
    医者様を批判しているつもりは全くありません
    だ、そうなった時、主治医との信頼関係というのは本当に大事だと思いました。

    ツライ事、たくさんあると思いますが、頑張って下さいね

    その為にも
    フレッシュタイム
    大事ですよ

  • ごっさん ほとんど放置 
    7/5 08:48

    私は24の時に母が亡くなりました。突然死で、今も詳しい死因はわかりません
    母とは深い絆を築けていなかったこともあり、そんなに悲しいとも思えず、冷酷だと責められても仕方ないのですが、もっと仲良くしておけば良かったと、亡くなってからずっと後悔しています

  • ヘタレ〜明細胞腺癌とお付き合い中〜 
    7/5 08:50

    おはようございます
    二年前身内が白血病にかかりました。

    告知を受け治療計画の説明の後、たくさんの同意書が手渡されました。
    その中には献体の同意書もありました。

    今後の治療研究の一助になれるのであれば…という気持ちでその人は黙々と署名していました

    私はとても複雑な気持ちでその様子を見ていた事を覚えています。
    現在は完全寛解となり、復職しました。

    先生の講義とても聞きたい
    す。
  • ちっと 
    7/5 08:57

    私も中2の時に父が急に亡くなってしまって
    い昔になってしまいましたが、今でも困ったときや具合の悪いときには、夢の中で慰めてくれます
    んな時はとても甘えてしまいます
    はお陰様でとても元気でいてくれてます
    って有り難いですね

  • ひろ 
    7/5 09:04

    白血球の低下
    よる肺炎への罹患でですか

    まだ21では知識も足りなかったでしょう、残念です

    ちなみに私はボロボロになりながらまだ何とか生きています
  • K'S 
    7/5 09:16

    お疲れ様です。私の妹の義父は筋肉が萎縮する病気で呼吸器を付けた後で自分で管を引き抜きました。今でもそれだけは許すことができません。
    人間の尊厳は、自分が決めることだと思います
    ただ私も植物状態で生きたいとは思いません。ただ覚悟をする時間を頂きたいだけです
    それは我が儘ですか
  • バンビ オレンヂ 
    7/5 09:25

    私は主人を亡くしました…
    ガンで亡くなる人を何人も見て来て、主人が毎日苦しくないように…それだけを考えてました

    医学が進歩し、辛い思いをしなくてすめばいいなぁ…

    お父様といろいろ話が出来て…良かったですね…。
  • 温泉たまご 
    7/5 09:33

    病院勤務でお亡くなりになる方に遭遇するのは 一般の方より多いです

    毎日の業務の中での事です

    人の死という事が当たり前にならないようにしたいで
  • ruriruri☆まるこお休み中(-.-)zzZ 
    7/5 09:42

    そうだったんですか〜(/_;)辛かったでしょう(;_;)
    私の両親はお陰様で2人とも健在です。85才と77才になります。親子喧嘩も相変わらずです(*´Д`)=з この歳になっても、親の死は漠然としていて、私の方が先に逝くかも・・・と思う事もあります^^;
    親より先に逝くのは最大の親不孝ともいいますよね。キノピー先生が、今元気で幸せな家庭があり、家族に支えられてしっかりお仕事もされ、しかも世の中の人たちに役に立つお仕事をされている事は、何よりの親孝行ですよね。『約束は守れそうもない』のは、お父様は笑って許してくれますよ(*^o^)乂(^-^*)
  • 衣音 
    7/5 10:12

    母親は妹(私の叔母)の解剖検視の悲しさを、30年過ぎた今でも引きずっています。

    昔は今ほど人の死体に尊厳が薄かった・・・・
    新型の病気に対する偏見も



  • ☆ミネルヴァ☆  
    7/5 10:51

    私も、19歳で父を、25歳の時、母を膵臓ガンで亡くた経験あります

    人生には必ず、終わりの時が来る。その時の思い・体験は忘れることはありません。

    ごめんなさい、先生のテーマから離れてしまいました

    私は、両親との約束は果たせているのかな…

  • もっし 
    7/5 10:58

    通常勤務では泌尿器科か小児科外来なので患者さんの死に立ち会う事無いです

    日直と宿直は救急外来勤務なので立ち会う事がありま
    私達医療者と御家族の方では立場は全然違いますが‥

  • めーみ 
    7/5 11:53

    私の祖父も悪性リンパ腫でした

    あんなに元気な人がって…
    死の経由を見るのは怖いですが、今でも心に感じる何かが残っています…

  • はんな(ジム通ってます) 
    7/5 12:02

    先日27回忌を終えた伯父(父の兄)は肺がんでした

    やはり治療が辛かったのか、入院中に奥さんに「殺してくれ」と漏らしたんだそうです

    伯母は肝臓がんで亡くなり、やはり抗がん剤がキツいと言ってたのを憶えています。

    私の父も5月に腎臓がんの多発性転移で他界しました。75歳でした

    がんは何よりも早期発見が重要だと、つくづく思います。

    木下先生が幸せであれば、約束守れてなくても、お父様はきっと許してくれてますよ。

    ご活躍する姿をいつも見守ってくれてると思います。

  • さな♪ 
    7/5 12:08

    日記を読ませてもらって、私の母も、木下さんのお父様と同じ病名悪性リンパ腫で亡くなったので、人事とは思えず、コメントさせて貰いました。私が21才の時に他界しました。これも木下さんと同じだったのでビッグリでした。 そして私の旧姓も、木下と言う姓なので、こんな類似する事って有るんだなぁって思いました。私の母は、入院してから一年8ヶ月生きてくれました。 抗がん剤の副作用で、口の中が口内炎だらけになって、痛がって水も飲めず‥ほんとに見ていて辛いだけの治療でした…それでも頑張って最期まで、私達子供の為に生きてくれました。亡くなるときは、お疲れさま、今までほんとにありがとう、これで辛い病気から解放されるね。天国に行って幸せに暮らしてね。って語りかけました。私と同じ様な境遇の方もいるんだと思えただけで、木下さんの日記を拝見できた事がプラスになりました。お父様の事書いて頂きありがとうございました。


  • 黒猫 
    7/5 13:28

    今から23年前に私も父をホジキン病(病名間違ってたらすみません)どうやらリンパ腺のがんだったようでやはり昔の抗がん剤はキツかったんですね!闘病中父の体重は80キロから中学生だった私と同じ50キロまで痩せてしまい、最期は心不全で亡くなりました。先生の話でまた父がどれだけ大変だったか解らせてもらえました。ありがとうございます
  • ゆきえ 
    7/5 14:03

    父親を早くに亡くなられたんですね。寂しいですね

  • リコ【ボチボチ復活です】 
    7/5 14:25

    日記を拝見して余命を知りながら闘病を支えるのは、どれほど辛いことか解りました。

    私の母は普通に生活し、いつも通り昼食を取った後
    突然意識を無くし、意識が戻ることなく息を引き取ったので 覚悟のないままの別れで「ありがとう」も言えず、受け止める事もできず心のこりでしたが

    どんな亡くなり方でも納得などできないですよね。
  • ササ(最後の日) 
    7/5 15:02

    医療は進化しますよ
    私は生きた父を知りません
    母が産院から退院した日発熱をしたそうです。そして病名無いまま長野から東京の大学病院へ転院し私が8ヶ月の時、膠原病で他界しました。 今膠原病は不冶の病では無いですからね
  • 長野ぁぃ(カムバック関西) 
    7/5 15:35

    うちのパパは突然死でした

    死亡診断書には・・・原因が分からないか
    急性心不全ってかかれてました

    どこも悪くないのに突然・・・目の前で倒れてそのままでした


    今でも救命救急の隊員さんで何も出来ずに立ちすくんでた人に…怒りを覚えたコトを忘れられません

    もう少し…処置がスムーズだったら助かったかもしれないの
    なんて思ってしまいました

  • まりあ(マイペース、夜のみログイン) 
    7/5 16:39

    私の父は癌で亡くしました。未だに気持ちの整理がつかないんです。だいぶ落ち着いてきましたが、辛かったです。でも父は最期まで気丈にしていました。見習わなきゃいけない大切な存在です
  • Kimi鶻有り難うネ又何処かで! 
    7/5 16:44

    私の父も突然死でした。

    優しい人ほど 必要なほ
    早くに逝ってしまう‥‥
    私は 体弱いけど、子供のため
    まっとうしたいで

    専門病院でしたが 見たことない 悪いレベル(ステージ)の患者だと言われました
    手術するけど‥ あまり期待できないと‥
  • ワンコ姫(只今グリー放置中) 
    7/5 16:59

    早くにお父様を亡くされたんです


    木下先生の人柄を見て、順風満帆に見えるけど今までの人生で何かの苦労か影があった方だとお見受けしてましたが、その予測は当たっていまし

    木下先生の優れてる所は男らしい強さと人を見る目で

    これは苦労しらずな人には備わらない魅力です

    私も2年前に父を亡くしました


    その際私が父から教えられた事はただ一

    「周りの人を大切にしろ。人と仲良くしなさい

    これは、木下先生みたいに父から直接言われたわけではありませ

    父の葬儀には式場に入りきれないくらい大勢の方が来てくれまし

    父の職場の方、近所の方、親戚、そして父の友人達

    肩書きなどは無かったですが人を大切にしてきた父だからこそ、あれだけ大勢の方が来てくれたのです

    お互い、親の血を誇りに思い頑張りましょう

    長文失礼しました

  • みっちゃん 
    7/5 18:49

    木下さんの切なく、ほろ苦い思い

  • 慈崢(じそう)ゲームお誘い×m(_ _)m 
    7/5 20:48

    僕も木下さんと同じ年の時に、父を悪性上咽頭腫瘍で亡くしました
    享年57歳

    そして、今年の4月15日に母を亡くしました。
    享年78歳

    しかし、残された者は、生きていかなければなりません。
    生きて、己の御魂を、天寿を全うするまで磨かなければなりません
    真善美を極め、来世への才能とするために。


  • サクラ(*'-^)☆ 
    7/5 22:16

    生老病死は人に平等に与えらるたものだと思いますがそれぞれ個人の生き方が亡くなってから反映されますよね。
    先生は立派な生き方をされてると思いま

    人の苦しみ辛さを身にしみて分かっておられるから

    自分を信じてこれからもまっすぐに生きて下さいね。
    約束が気になるのですか?お父さまは許してくれると思いますよ

    いつまでも奥様と大維志クンと先生が幸福に人生を過せますようにお祈りします
    うすぐ七夕さまです

    身体に気をつけてお仕事なされて下さい


  • 麗華…パクソジュン、イケメンだね 
    7/5 23:06

    木下先生のブログを拝見して、私もお爺ちゃん
    の約束を思い出しました。その約束は、20才の時、果たしました。お爺ちゃん
    母方の父親で、お父さんの人柄が好きで、いつも心配して居た記憶があります。私は、父親が大好きです。両親は、別居して、18年が過ぎようとしています。母とは連絡していません。お爺ちゃ
    は、79才で末期の胃癌で、亡くなりました。
  • ちーたん 
    7/6 02:28

    私も一昨年に父を亡くし、思った以上に父の存在が自分にとって大きかった事を知りました


    父は突然足が痛いと言って入院したのがきっかけで二度と家には戻れませんでし


    入院中にいろいろな検査をした結果、担当医に「お父さまは珍しい病気で今現在それを調べていり医師がいないのです。ちなみに病名をしいて付けるとすれば、大動脈ギザギザ症候群です」と言われました


    私には理解が出来ず、医師のいうがまま治療をしてましたが、今になって思うのが、自分でもっと調べればよかったという後悔が少し残りました



    ただ父の最後は家族に見守られ、幸せだったと家族全員が思っています

  • majo☆食べ禁の方仲間なら解除願う! 
    7/6 10:05

    肉親の解剖に同意したことがあります。
    ただその結果を聞きに行く事がどうしてか出来ませんでした。。
    母は父の解剖を固く断ったのに、七年後、母の解剖に同意した私は後悔しているんです
    叔母は看護士です。
    後から詰られました。その場にいてくれたら解剖しなかったかも知れません。20代の親族だった私の決断は如何なものか。。
    『体にこれ以上傷つけたくない』母の父に対する気持ち。
    私はそんな母の体に傷つけてしまいました。。

  • ゆらゆら【育児専念の為イベ参加×××】 
    7/6 16:51

    私も父を食道癌で亡くしました。
    私は父に酷いことをしたと思っています
    父は酒乱でした。
    私は幼いころから父が亡くなるまでは
    結婚しないと決めていました。
    自分の好きな人に父の醜態を見られたくないと
    思っていたからです

    そして、それは現実になりました

    でも本当は父のことが大好きで
    父が病に倒れてからも時間のある限り
    看病しました
    そして看取ることもできました。

    父はまだ意識がある時に、病室で私の頬を両手
    優しく撫でてくれました。
    今でもその感触は忘れることが出来ません。

    私は昨年結婚しましたが
    三姉妹の末っ子の私だけが
    父に花嫁姿を見せることが出来なかったことを
    今でも後悔しています。

  • チゲ鍋 
    7/6 16:57

    先生はお父様と亡くなる前にお話しが出来て良かったですね私も母ともっと話をしておけば良かったです

  • ジュリ♪暫くお休みします 
    7/8 08:46

    私の父も私が21歳の時悪性リンパ腫で他界しました。危篤と病院から電話がありかけつけたら目はあかないけど手を握ったら軽くですが、握り返してくれました。今日がやまですと言われたのに一週間頑張ってくれました。治療してる時は酷い吐き気が続いて苦しんでましたが亡くなる時は寝てるかのように苦しむ事なく‥遺骨は父の先妻が持って行ったので一度も墓参りしてませんが心にはいつも父がいます。
  • RiZuTo 
    7/8 10:56

    私も今年の2月に母を亡くしまし

     
    母は、卵巣癌で、癌が分かって、たった2年3ヶ月で他界

     
    癌と分かって、直ぐに卵巣の摘出手術したのですが、子宮が、癒着が酷くて、取れなくて、一時は、回復してたのですが、再発して、発見が遅れ、手遅れになり、苦しみながら亡くなりました

     
    母が亡くなってから、更に偉大さに気付かされました。。
     
    母が亡くなって、父が心ここにあらずみたいになり、ショックを隠しきれなくて、そんな父を見るのも娘としては胸が痛いです

  • タレキョン 
    7/9 11:33

    わたしは肉親を亡くしたことはまだありませんが いずれは介護や死に向き合わないといけない時がくるんですね


    大切にします

    木下先生ありがとうございます

  • 今月中退会予定 
    12/26 02:58

    私の父は、3年前に亡くなりました。

    病名はコロコロ変わり、亡くなった原因は、『肺炎』でした

    色んな医療器具などが外されるシーン、辛いと言うより、見たく無いですね。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)