僕の意図をご理解頂けますでしょうか

本日の低出生体重児についてのブログに関して、沢山のメールやコメントを頂きまして、ありがとうございます。


一部の方に、僕の意図を正確にご理解頂きたく、追加のブログを書かせて頂きました


低出生体重児のお子さんがいらっしゃる、お母さんの不安をあおるつもりではありません。


ブログにも書かせて頂きましたが、全員に当てはまるという意味ではありませんで、追跡調査研究をした論文に、傾向が見られた、つまり、そういう場合もあると書かれていたという意味です。


お母さん方には、知識として持って頂けるように、紹介させて頂いたつもりでおります。


産科の先生方が、安全な出産をお考えで、妊婦の体重増加を制限されるのは当然だとも、考えます。


糖尿病に関しては、確かにご指摘の通り、2型の糖尿病の意味で、使っていました。皆さんのご理解をかえって、混乱させると考えたからです。


いつの機会にか、糖尿病についても、透析の導入と合わせまして、ブログに書かせて頂く所存です。


基本的に僕が糖尿病と書いて使っていますのは2型で、生活習慣病といて扱われているタイプです。


皆さん、ご理解を頂けますよう、お願い申し上げます。

 
  • コメント(全236件)
  • *:.☆真夏のorion☆.:* 
    6/3 00:19

    こんばんは

    木下先生のブログは非常に勉強になりま

    今後も宜しくお願い致しま

  • くにさん(退会します・さようなら) 
    6/3 00:19

    先生お疲れ様です

    ブログでは詳しく説明出来ないくらい難しい問題だと思います…医療は日一日と発展しているでしょうし、明日になればかわっている事もあると思います

    先生の話は『こんな事もあるのかな〜』と頭の片隅に残すくらいがちょうどいいんじゃないでしょう

    (先生ごめんなさい)
    主婦歴22年、元ナー
    子供三
    そのうち二人は成人しまし

    育児書だって…そのとおりとは限らなかったですし
    くまでも参考程度に見ていました

    先生
    れからも…いろんな情報をよろしくお願い致します

  • もえもえ☆多忙 
    6/3 00:21

    先生のブログはとても勉強になります


    低出生体重児の件も食事は本当に大切なんだな
    改めて《食事》を見直したいと思います


    離乳食が終わり、幼児食…
    正直、食事の内容に困り日々疲れています。

    しかし今からが大切な時期とも言われ、頭を悩ませています


    我が子には私のように幼少期から肥満児になって欲しくないので、頑張りたいと思いま

  • ショート 
    6/3 00:27

    こんばんは。
    今までブログなんて見たこと ないんですけど…。先生のお話はとてもわかりやすいし、興味津々です。これからも楽しみにしていますね♪
  • うな‡全てのお誘い× 
    6/3 00:30

    キノピ〜先生とジャガー姐さんは、私達ユーザーに一番身近で会話してくれる方々だ‥と個人的に思っています


    余り深く気にならさず体にまつわる色んな情報を教えて下さ


    毎回為になってます


  • †ユリア† 
    6/3 00:43

    こんばんは


    私は、37歳で、高2と小6の2人の女の子のママです


    2人とも出産の時は、大変でした


    上の子は、生まれた時は、体重3750g有りまし
    普通分娩でしたが
    産の時頭が出たり入ったりでなかなか出てくれませんでした


    下の子は、体重4132g有り、出産するまで、逆子のうえに臍の尾まで首に巻き付いていました

    先生に帝王切開しますっと言われてから、夜も眠れずに今したがいざ、出産の時は、普通に生まれて来てくれまし


    凄く生まれてきてくれて、嬉しかったで

  • 瑠璃息子祝6ヶ月(^O^)/ 
    6/3 00:49

    はじめまして
    は准看護婦で、神経内科に勤めています
    どもは3人産みましたが、今は独身で大事な人と人生やり直すつもりでいます
    どもを置いてきたことは罪悪感はありますが、兄弟が力を合わせて頑張ってくれるはずなんで、後悔はしてません
    つもご夫婦がテレビで子育てについて話してるのを聞いて、懐かしく思っていま
    先生はお忙しいと思いますが、これからも日記拝見させて頂きたいと思っていま

  • アンパンマンマンマンマン 
    6/3 00:53

    不安を煽るようなことは書いてなかったと思いますよ?データに基づいた事実ですし。
    私が初めて妊娠した時は、沢山本を読んだりして妊娠出産について勉強しました。母親教室もかかさず通い、気になることは必ず医師や助産婦に相談しました。当たり前のことですよね。妊娠糖尿病に関しても知識としてあれば容易に2型のことだとわかるはず。どんなコメントだったか知りませんが、揚げ足を取るような発言は気にしないでいいと思います。
    今日も1日お疲れ様でした

  • きぃちゃん(皆ありがとう楽しかった) 
    6/3 00:56

    皆に分かってもらうのって大変ですよね

    無理しないで下さい

  • 橙556鬼ごっこ中 
    6/3 00:56

    糖尿病の管轄は内科:内分泌?

    まして低体重の子供の話となると

    産科、小児科の医師の管轄だと思いますが??

    医学とて広いですからね。

    AA〜からいろいろとね。

    AAもいろいろありますからね。


  • ONE 『』 
    6/3 01:08

    いつも楽しく拝見させていただいていま


    素人にも解りやすく、興味深い内容なので、いつも更新が待ち遠しいです


    楽しい日記ありがとうございます

  • なっつー 
    6/3 01:22

    色々な人がいますからね

    先生のお話いつも楽しく読ませて頂いてます

    普段聞けない話なので大変興味深いです
    れからも頑張って下さい

  • ローズマリー 
    6/3 01:22

    バセドウ病の話もしてもらえますか?

    四月末に発症しました。

    木下先生の見解も知りたいです。
  • ノリタン 
    6/3 01:43

    先生のお話の意味、理解しているつもりの者です。
    人の感じ方は千差万別で難しいですね。
    頭の片隅に置いておくぐらいの事しか出来ませんが、
    先生のお話はすごく貴重だと思っています。
  • あげぱん 
    6/3 01:43

    お医者様って本当に頭の中が疲れそうですね


    お疲れ様です



    そういう意味でもジャガーさんは癒し系ですね

    サバサバと感覚派のジャガーさん
    知的なキノピーさんはお似合いですね

  • まき 
    6/3 01:57

    先生の日記、毎回更新楽しみにしています。
    素人では分かり難い知識を砕いて説明していただき、いつも勉強になります。

    勉強の機会をいただき、ありがとうございます
  • ac(協力ありがとうございました☆) 
    6/3 02:05

    木下先生だからこそ
    このグリーでみんなに伝えるコトの出来る医療や子育て方針や社会問題や色んな楽しい話だと思います。

    色んな反響があるのはみんなそれだけ先生のブログをみているからこそ!

    知識は沢山あって困るものではありません。
    もっと話を聞きたいです
    (´▽`)
    分かりやすく構成してくれていつも読みやすいし(*´▽`*)

    私も低体重&ヶ月出産ですが、為になります
    Σd(・∀・)
  • けだま-※ナシm(._.)mね- 
    6/3 02:48

    こうい
    不特定多数の方が読むものって…それこそ不特定多数のコメントがありますもん

    でも、そのコメントを読んで気づかなかった考え方を見つけたり


    キノピー先生

    ありがとう

  • *露華*多忙イベ今後減 
    6/3 05:37

    不特定多数に向けて発信する…難しいですよね


    向き合って、顔を見て話をしても捉え方は様々なのです…CWの端くれとして働いてみてキツかったです。

    心配から過敏になる親心を見てきた者として先生のお気持ち、コメントなさった方々のお気持ち察するに余りあります。

    短い文字数の中で語ることがいかに難しいか。先生、様々な反応があるかと思いますが
    けてください

  • ゆーたん 
    6/3 05:55

    ふと、思ったのですが、
    戦中・前後に生まれた人というのは、母親の栄養が不足気味の傾向にあったように思われます
    その人たちが中・高年になった今、メタボが騒がれていることを考えると、木下先生の話に説得力が増します!
  • モコ(桧山らぶ) 
    6/3 05:59

    木下先生が、ブログを書かれたあとも、みなさんの書き込みをきちんと読まれている事をすごく嬉しく感じます。

    私たちがお医者さんに聞きたい事や、聞いてもよくわからない事を本当に丁寧に書いてくださりありがとうございます。
    これからもブログの更新、楽しみにさせて頂きます

  • 皆さんサイナラ… 
    6/3 06:05

    文章で自分の考えを伝えるのは難しいですね


    でも 先生の日記は読んでタメになりますよ


    ちゃんと誠実な人柄や優しさも伝わりま


    色々な角度で読んでみて
    やっぱり感心しちゃいます

    ありがとうございま

  • のりぴ〜 
    6/3 06:20

    大丈夫
    かってまつ

  • YOWN 
    6/3 06:21

    2570g(2500以下が未熟児)と中途半端な体重で産まれた私にも興味あります
    伝え方も捉え方も十人十色ですね
  • チコリー 
    6/3 06:51

    日記を低出生体重児と一緒に読みました


    先生のお話はとっても為になるし、わかりやすいです



  • ひでくん 
    6/3 07:11

    本当に優しい日記です。


    わかりやすく、心がある…


    頼りがいのある、大好きな先生で

  • もっし 
    6/3 07:31

    私自身たくさんの低出生体重児を看てきました

    今は外来勤務になったので関わりは少ないですが彼らの成長を時折見て喜んでいます

    先生が言わんとする事わかります



  • *じゃすみん*  
    6/3 07:55

    木下先生 いつもありがとうございます


    糖尿病に透析
    父がまさに糖尿病で3大合併症との闘いでした

    できることは 全てとは言えないですが 家族みんなで頑張ってきました
    医療の進歩にも驚かされました
    でも症状の進行具合では
    やはり限界はありますね



    手遅れになる前に…
    少しでも知識を蓄えて予防しなくては


    木下先生 ぜひお話聞かせて下さいね
    若い世代から 様々な年齢層が日記を見てると思いますから

  • ゆぅたん£けぃたん☆11歳になったよ! 
    6/3 07:58

    今まで
    テレビを通しての先生しか知らなかったけど
    リンクさせていただいて
    先生の心に触れさせていただき
    先生の素晴らしさを知る事が出来た事を
    嬉しく思いま


    これからも日記、楽しみにしています


    頑張って下さいね

  • はふり 多忙につき悪しからず 
    6/3 08:00

    先生の講義受けてみたいで


    認識の誤りを放置しない…なかなかできるものではないでしょう

    もちろん、理解はしていましたが
    先生が何を意図されて書かれたか
    それがわかるとまた考えさせられます

  • ☆あいとん☆ 
    6/3 08:08

    はじめまして

    誠実な気持ち伝わります。
    私も、
    10年務めてましたので、多少の事はワカリマス。
    頑張ってください。
  • なぁたん 
    6/3 08:08

    木下先生みたいな先生に出会えたら私の病気も治るのかな?と思いました
    他人の事を真剣に考えてくれる木下先生は素晴らしい方です
    そういう先生が増える事を祈るばかりです。
  • ハンマー(-^〇^-) 
    6/3 08:13

    了解!
  • くま。 
    6/3 08:35


    一般的な方はだとはわからないんじゃないかな

    体重制限もわかりますが 臨月で低体重は可哀相に思います。早産で低体重なら納得出来ますが 臨月に きちんとした適性体重にしてあげることから 命を宿した日から始まる我が子に対しての母親の役目なのではないでしょうか?

  • Яeika☆ 
    6/3 08:55

    先生おはようございます

    うちの子は原因はわかりませんが2180gでした
    なみに母体は10キロ増(笑)
    でも今は元気すぎるぐらい元気で

    病気や出産はケースバイケースで難しいですね

  • asuayamom(あすかママ) 
    6/3 09:07

    昨日もコメしましたが、追加で…。私を含めてですが、低出生体重で赤ちゃんを産んだ母親は、少なからず自分自身を責めることがあると思います。私がきちんと栄養をとらなかったからかな…。何がいけなかったんだろう…って。産まれた時の体重が少なかったというだけで、マイナスのイメージを周りの人達も抱きます。どの母親も好きで低出生体重児を産んだわけではありません。体重が少なかった、早産だったから小さかったっていうのは、、赤ちゃんの個性だと思います。大事なのは産まれたあとでしょ?2500g以上で産まれたからって、病気しないわけではないでしょうし。低出生体重だから、いろいろとリスクが高い可能性があるのは、わかります。そこを勘違いして、低出生体重児やその母親を責めるのは止めましょう。私の個人的意見です。勘違いしてられるコメがいくつかあったので、書きました。失礼しました
  • サヨナラ皆元気でね(ことっち) 
    6/3 09:23

    大丈夫ですよ

    皆が皆、そうなるものではない事



    私の姪と甥も小さく産まれました



    病院の先生からの理由は母親の骨盤にもよるとも聞きました

    確かに私の妹は私と違い小柄でおしりも大きくないで

    母親の骨盤が小さいと産まれてくる子供の体重が2500g以下になると聞いてます




  • ☆Ryo☆*梅しゃん 
    6/3 09:48

    人それぞれいろんな考え方をするので、大変ですね

    あいだみつをのみんな違って…何とかですね

  • sa-mituki《シュジュツビケッテイ》 
    6/3 09:55

    前回も今回も内容はわかりますが、不安に感じた人には言い訳に聞こえるのでは…。

    無視しない放置しないのは素晴らしくて、先生の人柄であると思います。

    それと共に負けん気の強さも感じました(苦笑)

    先生、病気の細かい話や専門用語を医師のように知っている人は少ないです。

    先生は日記として書いてるのですか?
    それとも伝えたくて書いているのですか

    日記ならばどんな取り方をされようと、今のままでいいと思います
    でも、伝えたいのなら、伝わるようにしないと、誤解を招きます。

    病院で医師と話しても意味が通じなくて諦めてしまう、先生が会話のできる(意味の通じる)医師でありますように…。


  • マリMっこり☆育児中 
    6/3 10:54

    生まれてきた子供に何かあれば少なからず母親は自分を責めます。あれが悪かったのか?これが悪かったのか?そして周りの心ない人からも責められることもあるでしょう。母親の責任。母親の管理が。母性は…。

    そんな中、昔の優しい人が『小さく産んで大きく育てれば良いんだよ』と慰めの意味で使っていた言葉だったのかな?とも思いました
    私の息子は3400gと初産にしては大きめでした。母子ともに健康でしたが息子の母子手帳には「カロリー制限」の印が押されています(笑)

    妊娠・出産は十人十色。誰もが経験することが出来ないからこそデリケートなお話ですね。


    先生の日記いつも楽しみにさせていただいてます(>_<)
  • ま〜 
    6/3 11:42

    はじめまして

    先生の誠実なお人柄がとてもよくわかる文章でなんだか癒されます

    どんな事を書いても賛否両論な意見が出るのは承知うえでしょうが、やはり実際キツイ内容のコメントを読まれたら凹まれるのではないでしょうか


    それが続いて先生ご自身が病んでしまわれないかと心配です

    (余計な心配かもしれませんが)

    「コメント不可」にならざるを得ない・・・みたいな状況にならないことを祈っています。

    また、コメントを書く側も、気をつけなければなりませんが

    余計なお世話、で申し訳ありませ



    これからも楽しみにしています



  • ちーたん 
    6/3 11:45

    私も昨日もコメントさせていただきましたが、もう一度しま
    この国は色々な面で女性の地位が向上されて来ました。しかし某元大臣が発した『女性は子供を産む機械』発言にも垣間見られる様に女性からすると1番繊細な部分を理解してない年輩男性(年輩女性でも一部の方でいらっしゃいます)が多く精神的な苦痛を感じてる女性が数多くいますよね。私の友達にもお姑さんから低出生体重児を産んだ事でチクチク言われててしんどいって悩んでる子もいます。私も将来的にお母さん
    なりたいので日本中の女性が、そういう精神的苦痛を感じず楽しくお母さんになれる国になれば良いなって願わずにはいられません

  • まんまるまる 
    6/3 12:06

    初めまして

    先生の日記楽しみにしてま
    先生の個性的な所
    奥さんとのやりとり
    とってもユニークですね

    これからも いろいろなお話聞かせて下さい


  • ‡向日葵‡ 
    6/3 12:37

    なるほ


    ありがとうございますm(_ _)m

    そーゆー場合もある とゆーところで、ちょっと安心しまし


    出生体重を変える事はできないし、それも何かの運命

    なるべく深く気にせず、この先もし何かあった場合は、その時はその時
    分達なりに育てていこうと思いま

    また何かありましたら、ご相談させていただくかもしれませんが、その時はまた、よろしくお願いしますm(_ _)m

  • ☆MEGU☆ 
    6/3 14:14

    はぃ(^-^)ゝ
  • チロルチョコ♪しばらく全イベント休み 
    6/3 15:40

    はい
    分理解させていただき、勉強させていただきました。今回の糖尿病のお話しも、(況のこと)内容から分かりました。

    今、私たちの住んでいる地域も 妊婦さんには大変な状況です。

    ,△ 総合病院では、産科医の減少により→お産が出来なくなる。この病院では、昨年の3月には、泌尿器科の医師が大学病院に引き上げのため、泌尿器科も閉科しました

    クリニック(個人)産婦人科では、現在の患者さんで、手いっぱいで新患も受け入れ不可能となっていたり…

    産科も減っている中 話を聞いただけでも、不安になりました。
  • 。゚+☆恋の翼は何処へ…★+゚。 
    6/3 16:30

    勉強になりま

  • 上杉謙信 
    6/4 06:57

    なるほど。理解出来ました
  • あられ奈良(認知症姑と母介護中) 
    6/4 07:28

    おばさんの私も52年前8か月早産で1200gで生まれ、ビール瓶大きさでリンゴぐらい頭だったと、あの当時は保育器も病院に一つあったようです。何とか助かり、27年前に予定日から半月遅れて4kgの子ども産んだわけです。先生言われた意味わかりました
  • しいくん(今日退会します) 
    6/14 13:17

    こんにちは、今日は曇ですね。
    糖尿病の事知りたいです。よろしくお願いします。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)