6月13日 ミヤネ屋に出演させていただきます

  • 木下博勝 公式ブログ/6月13日 ミヤネ屋に出演させていただきます 画像1
お時間ございましたら、よろしくおねがいします。


アメリカのFBI元長官コミー氏の、上院情報委員会の公聴会での証言は、トランプ大統領を追い詰める程の内容ではなかったと言えましょう。恐らく、一安心のトランプ大統領だろ思います。


さらに、トランプ大統領の暗殺を狙っていたグループが排除されたとの、非確かな情報があります。暗殺部隊を指揮していたのが、チャールズ マッカリーという人物だとの情報もあります。





最近、JRPテレビジョンという、YOU TUBEの番組を見ています。

最後の大物フィクサーを呼ばれる、朝堂院総裁が武士道を全うすべく、裏を知り尽くしている人物として、内外の問題を語ってくれます。

凄い内容です。お会いして、話を伺った事がありますが、日本にもまだ侍は居たんだと感動しました。















筋トレやってます

  • 木下博勝 公式ブログ/筋トレやってます 画像1
  • 木下博勝 公式ブログ/筋トレやってます 画像2
やせる目的ではなく、筋力の低下を自覚する事が多くなって、健康目的に始めました

筋肉痛で動けなくなることも度々でしたが、何とか5か月続いています。

トレーニングは、2週間で5回、1回1時間でお願いしております。

実際に、階段の上り下りなどで、特に効果を実感しております。



現在49歳ですが、同じ世代の方で筋力の衰えを自覚される方も多いと思います。反対を唱える方もいるようですが、僕は、50歳が近づきほどトレーニングは必要ではないかと考えています。

筋トレやってます

  • 木下博勝 公式ブログ/筋トレやってます 画像1
  • 木下博勝 公式ブログ/筋トレやってます 画像2
やせる目的ではなく、筋力の低下を自覚する事が多くなって、健康目的に始めました

筋肉痛で動けなくなることも度々でしたが、何とか5か月続いています。

トレーニングは、2週間で5回、1回1時間でお願いしております。

実際に、階段の上り下りなどで、特に効果を実感しております。



現在49歳ですが、同じ世代の方で筋力の衰えを自覚される方も多いと思います。反対を唱える方もいるようですが、僕は、50歳が近づきほどトレーニングは必要ではないかと考えています。

個人ではなく、相撲取りが悪いと評される

  • 木下博勝 公式ブログ/個人ではなく、相撲取りが悪いと評される 画像1
  • 木下博勝 公式ブログ/個人ではなく、相撲取りが悪いと評される 画像2
力士会会長として、力士たちの前で話す事として聞いたことです。

ちょんまげを結っている人は番付の位置に関わらず全員が、一般の方にとっては全員相撲取りである。
何か問題があれば、その個人(〜山、〜海、等のしこ名)ではなく相撲取りが悪いと評される。つまり、相撲界全体に迷惑をかけることになる。
力士全員が、この事を意識して、精進するようにと。
これは、相撲界だけでなく、スポーツ界全体に言える事だと思うと。
これを横綱本人から直接聞いて、素晴らしいと思いました。
自覚を持って日常に励む、事上磨錬、凡事徹底、僕も毎日繰り返す言葉ですし、学生にも普段から教えています。

さらに、横綱から現在モンゴルに、小学校から高校までの一貫校を作った事を聞きました。
モンゴルの未来の為に一番必要なのは教育だと考えて、モンゴルの歴史、日本の歴史、モンゴル語、日本語を始めとして、日本式の道徳を教えて、ただ頭がいい生徒を作るのではなく、良い人格を形成して、将来モンゴルを指導する人材を作る事を目的にしているそうです。
横綱自身にとって、モンゴルは母国で、日本は父国であり、日本で教えてもらった道徳を、モンゴルの子供達にも身につけてほしいと考えています。日本とモンゴルの両方を学ぶことで、モンゴルと日本の懸け橋になればいいし、現在のモンゴル人に必要な事である日本式の道徳観を学んで身につけて欲しいと。さらに、感動しました。
日馬富士関、益々応援したくなりました。
愚息にも、幼少期から儒学を教えておりますが、果たして将来これが役にたつかどうか。

話を聞いてくれる、おとなしい子が良いんだよね。

  • 木下博勝 公式ブログ/話を聞いてくれる、おとなしい子が良いんだよね。 画像1
  • 木下博勝 公式ブログ/話を聞いてくれる、おとなしい子が良いんだよね。 画像2
「俺は、おしゃべりだから、話をきいてくれる、おとなしい子が良いんだよね。」




昨日息子から、自分のタイプの女性を、聞いてもいないのに教えてもらいました。母親と真逆なタイプでしょうか。




考えて見れば、早いもので、10歳5年生です。

そのような事を言い出すのも、自然な成長過程でしょうか。



僕は、息子の話も、妻の話も、聞いてあげるのが得意です。

ですから、僕が家族といる時間は、ほとんどが聞き役で終わります。



妻と息子はどうか?

お互いに話をするのでかみ合いませんし、話を最後まで聞けずに途中で話をさえぎるので、お互いにイライラしております。



話は変わりますが、現在中国の人口は約14億人、インドが約13億人ですね。しかし、その分布には大きな違いがあります。

20歳未満が20%台の中国に対して、インドは41%、60歳以上は中国は16%なのに対して、インドは9%です。



近年のインドの経済成長と年齢分布から、この先の世界の力関係が変化してくると容易に予想できると考えております。