ジャパンカップダート

中山2100mじゃなかったっけ?


いつの間に阪神競馬場に!?


さらに距離も短縮されて…



仕事中だったので、レースはまだ見ていませんが、

アリゼオがダントツの最下位になってしまったのは知っています…。


芝から、いきなりダートの最上級のレースはきつかったですね



かつてクロフネという名馬がいました。



芝でも強かったですが、ダートでも芝を走っているような強いパフォーマンスを見せてくれました



つまり、芝よりダートの方が適正があったんでしょう!



つまり、馬にも向き不向きがあるように


物事には向き不向き、得意不得意があるんですね


自分で決めつけるのはよくないですが

僕も向き不向き、得意不得意を
上手く理解して

これからを生きようと思います



ただ、向いていないから、不得意だから、と

逃げてはいけませんよね…


逃げてはいけません!



はい。さようなら。