蟹工船

  • 金原亭世之介 公式ブログ/蟹工船 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/蟹工船 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/蟹工船 画像3
雨降る日比谷

『蟹工船』

東宝のダンスホールが7階にあるビルの9階

台風の影響も受けず
お客様は結構入ってました
その名の通り
蟹工船は蟹専門店

生け簀には毛蟹が沢山居ますが、
一杯15000円〜20000円の大毛蟹は
中々捕まらない大物だそうです!

『ででででデカい(゜Д゜)』
さて
蟹三昧
味わいました!

『毛蟹』


まず
本日のメインの
生きた毛蟹を披露です


蟹と言えば冬の旬と
思いがちですが、
本当は夏が
一番美味しいんですよ

ですから今は旬外れ
と思いきや
まだまだ海水温が高いので
蟹は身がたっぷり

20分程して出て来た蟹は
ほんのり温かく甘く
蟹酢はいりません
蟹っ喰いの世之さまには
一口ごとに
たまりませんね〜!


『ワイン』


さて蟹にワインは合うかなぁ〜
と躊躇しましたが
オススメのワインがあると言うので
注文

『レイニャック・キュベ・スペシャル2009』


ボルドー赤
ビンテージワインです

呑んだら



旨〜〜〜〜〜〜〜い


調べてみたら、
マルゴーを超えるかもしれない逸材ワインで、

ポストマルゴーの

今注目の逸品と分かりました!

造り手のヴァテロー氏は
ワインを造り始めて数年!

そうです!
たった数年で老舗シャトーと肩を並べる逸品を造り上げたのです

そろには訳があります。

素人だからこそ
銘ワイン造りのお手本を全て実行したのです!


ワインに良い事は全てやる

畑は4メートル掘り下げ
水捌けの為砂利をひき
地熱を取り入れ

一キロの運河を掘り水をひき

出来た葡萄も
まだ小さい頃に剪定して
一つの木から
たった5房しか
葡萄を取らない
徹底

もちろん手作業で傷んだ葡萄はおろか
潰れた葡萄も排除して
造られたワインなんです


レイニャック・キュベ・スペシャル2009

ブルゴーニュにこの所傾いていた世之さまの気持ちをまたボルドーに引き寄せる逸品です!

さてさて

蟹料理も最高です

『付け出し』

鮟肝と蟹の酢の物は
酢は優しく
ダシはしっかりの
味わい!
あまりに美味しいので
ダシ呑んじゃったね

そして食前酒の梅酒

『つまみ』

焼き栗に黄身和えのシメジ
和牛の牛蒡巻き

秋の風体をもったお料理は
季節への挨拶

素敵です

白胡麻の抹茶豆腐ジュレ仕立ては美味しかった!

『刺身』

蟹メインのお刺身です

生の毛蟹の爪

生タラバ

美味しいです!

蟹に隠れてますが、中トロや赤貝も抜群です

『松茸の土瓶蒸し』

今年は松茸
大豊作らしいですが
世之さま日本産はお初です
なんと土瓶蒸しの中身も
海老や鱧じゃなく

蟹!

嬉しいね

『焼き蟹』

西京焼きです

初めて食べた味わいです

蟹にも西京焼きがあるんですなぁ

蟹は焼きが一番って人も居るぐらいだからね〜

そりゃ旨いっす

『蟹しゃぶ』

ズワイ蟹の蟹しゃぶです!
生でもイケる蟹ですから、ちょいと泳がせて
じゅるっと食べます

カーッ
ヾ(^▽^)ノ
美味しい

あとは雑炊

『蟹寿司』

仕上げに蟹の押し寿司です

蟹工船の押し寿司は定番

真ん中にM字に入った果肉
これが美味しいんです!


そう言えば後楽園球場のお弁当で、蟹工船が一番なんだよね

亡くなった志ん馬は巨人軍ファンだったから

ビールで蟹工船の押し寿司食ったかなぁ〜?

何食べても
志ん馬思い出すなぁ〜!