天ぷらは海老に始まり海老に終わる

  • 金原亭世之介 公式ブログ/天ぷらは海老に始まり海老に終わる 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/天ぷらは海老に始まり海老に終わる 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/天ぷらは海老に始まり海老に終わる 画像3

ザ・プリンス
バークタワー東京

桂文枝師匠の御披露目も行われたホテルですが、
フロアは未来チックです


『天芝』の店長と話をしながら食べる天ぷらは格別です。

もちろん天ぷらのキビは
ネタですが

揚げ手が一番気を使って居るのが海老だそうです!

何しろ
一番最初に出すのが海老だからです!

もちろん揚げ立てが旨いのは当たり前です

しかしお客様のテンポは初見さんでは分かりません

揚げ立てを出しても
酒の方に手が動き
なかなか天ぷらに
進まない方も居ます!

そこで

最初は酒の摘みにもなる
頭の唐揚げを出して
そっと
お客様のタイミングを
計っているんですな

ここで世之さまは
海老の頭と付け出しで
ビールを傾けます

そこからはワイン!

シャブリ
が用意されてました


『海老』

車海老は大きさで
値段がガラリ変わる
素材だそうです

ぷりっとした歯ごたえと
甘みはたまりません

『キス』

魚偏に喜ぶと書いて『鱚』
本当に鱚の天ぷらは
一口食べたら
喜ばしいです

天ぷらの王様が海老なら
女王は鱚の天ぷら

そして
鱚は今が旬の真っ只中

一年中ある鱚ですが、
夏から初秋は
一番鱚が美味しい時期
身離れが良くって
脂の載った鱚の天ぷらは

食べるのは
今でしょう!!

『レンコン』

蓮根の旬は少し先ですが、今の時期のレンコンは
まだアクが無いので、
あく抜きしなくても
美味しいのです

綺麗に洗って
オリーブ油で焼いて
お塩だけでも最高ですよ
先日も
知り合いのまこと婆さんに
ご馳走になりましたが
すこぶる
美味しかったもんね


『銀杏』

もう銀杏出て来ました!

今年の初物頂きました

7日長生きできます

『鱧』

西では夏の定番
ハモ!

骨切りをして
花のように開いた鱧!
梅タレで
食べても最高ですが
世之さまは、
細かく切らない
ぷりっとタイプのハモが
好きです

江戸の天ぷら定番は
穴子ですが、
旬の鱧を揚げてくれるのが嬉しいね〜!

『海胆』

ウニとくれば
「あまちゃん」です

世之さまは海胆好きでは在りませんが
美味しいっすねぇ

『アスパラ』

『小鮎』

小アユは
稚アユとは違います

小鮎は、琵琶湖特有の鮎で大きくても男の人差し指程度で大人です

苦味がちょいとあって
大人の味わいですぞ〜!

さて
天ぷらで小鮎を揚げるのにはちょいと技術がいります
まるで泳いでいるように
揚げるコツはヒレにちょっと多めに粉をふって
身体は少なめに!

『鮑と帆立』

『舞茸』

『かき揚げ茶漬け』

たいがいは
かき揚げ丼で〆なんですが
かき揚げ茶漬けは
初めて食べました
美味しいね〜

天ぷらは海老に始まり海老に終わる

かき揚げも海老のぷりっとした感触がたまんないんだよね

最後は水菓子

ご馳走さまでした!