ほおずき市四万六千日様

  • 金原亭世之介 公式ブログ/ほおずき市四万六千日様 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/ほおずき市四万六千日様 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/ほおずき市四万六千日様 画像3
浅草
浅草寺

たった一日お参りするだけで四万六千日
お参りしたのと一緒の御利益があるんです

じゃあ
いつ行くの?

だから今でしょ!!

四万六千日
ったら
126年分ですよ〜!

世之さま毎年行ってるから子孫代々までお参りしちゃったね!

ほおずき

漢字では、酸漿 鬼灯 なんて書きます!

元々ほおずきは、薬として日本に入って来ました!

平安時代には鎮静剤として使われていたほど

しかし
江戸時代には堕胎薬としても使用されて居たそうです
さて
邪悪なものに対して
朱い色は魔除けになるんだそうです!!

神社の鳥居
還暦の赤いチャンチャンコ
赤ふん
赤い実の千両、万両

などなど!

朱い色は縁起が善いんだね

まぁほおずきは
厄除け何ですな〜!

ちなみに赤い金魚も
幸運のシンボル

だから赤い金魚の風鈴で
酸漿の鉢が
世之さまは
オススメ〜!