もういいかい『もちなが』

  • 金原亭世之介 公式ブログ/もういいかい『もちなが』 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/もういいかい『もちなが』 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/もういいかい『もちなが』 画像3
『もちなが』で「もういいかい」が催されて6年たつかなぁ〜?

同じお店で
句酒会が続くのは
料理が美味しいからです!
まずは『そら豆』

春な挨拶

そら豆は空に向かって伸びるサヤから付いた名前です

お多福豆とも呼ばれるのは横から見るとお多福の顔に似てるからです。

この豆が出てくると春から夏を感じますなぁ

『ゴマ豆腐』も旨い

ちなみに胡麻は秋の季語です

胡麻豆腐は、名前は豆腐ですが、
葛粉で作るのから胡麻豆腐は秋のものなんだね

一年中あるから
知らなかったなぁ〜

でも

胡麻豆腐は温かくなって来た方が美味しい気がする


『新じゃが煮付け』

『鶏巻きしんじょう』

『レンコンの肉詰め揚げ』
良い仕事してますなぁ〜!
どれも美味しいのですよ!
今回の仕上げは

『焼きうどん』

焼きうどんったって
うどんが細め
稲庭うどん

ダシが利いた焼きうどんは
焼きうどんでありながら
上品な味わいはグッドです!

さて
世之さまの好きだった句を
数句紹介します

『NHK語学テキスト木の芽雨』 酔狂

『春三度船転がりし小名浜港』 酔狂

『イージース艦消えし軍港躑躅咲く』 暖簾


世之さまの句

『かつての港一面の花菜かな』

『春麗らトーストを焼いていたりする』

『逝春の白鳥の丸きうなじかな』