もういいかい新年会

  • 金原亭世之介 公式ブログ/もういいかい新年会 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/もういいかい新年会 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/もういいかい新年会 画像3
「もういいかい」
新年会でした!

『もちなが』

お馴染み赤坂の割烹「もちなが」での句酒会です

ここは料理美味しいからね!

いつも楽しみにしてるんですよ〜!

本日の料理はまず

『鮟肝』

旬の挨拶ですなぁ

鮟肝事態に切り目が入っていて食べやすいし、モミジオロシが染みて美味しいです!

『慈姑』

クワイです!

近頃なかなか見ないクワイですが、お正月には付き物の野菜です!

なぜなら、クワイの茎
この先に芽が出てくるからなんです。

つまり、お正月にちなんで
「目出たい」となるわけですな

ちなみに慈姑は蛋白質が一番取れる野菜
栄養学的にもお正月に最高なのですなぁ〜〜

美味しいし大好き

『お刺身』

もちながのお刺身は、いつも軽く!
飲む時のアテとしては、それぐらいが結構ですなぁ〜。

『穴子の大根煮』

見事な料理です

大根はカツラ剥きにして、穴子をもう一度巻き込んだものですから、歯ごたえが残って居ながら味は大根の間に染み入っている、
餡掛けにした意味がそこにあるわけですよ。

手間を惜しまない逸品です。

『豚の味噌漬け焼きとタラの粕漬け』

こりゃまた見た目とは比べものにならない位の美味しい料理です!!

豚は5日程味噌漬にしてあるから、香ばしく焼かれていても柔らか!

添えもののキャベツとぴったりです。

タラは3日も掛けて粕漬けにしてあるから、淡泊なタラが濃厚な味わいになってるんです。

「鱈はあんまり・・・・?」
と言ってた手毬さんが、グッドを出してましたよ〜!
やっぱりこちらも手間と時間を惜しまない料理の賜物です


『メヒカリ、キビナコ゛、カレーのフリット』

メヒカリはアオメエソと言う魚で「目光」は高知とかあちらの呼び名

ここ20年ぐらいで東京でも有名になった魚です。

干物をフライにすると美味しいんですよね

キビナコもカレーも干物のフライは本当にグッドです

仕上げは巻物

もちながでは、海苔巻き、珍しいですなぁ〜!

うーん
美味しいです。

今年も「もちなが」の料理楽しめるのは嬉しいっすね〜!