国立演芸場『鹿芝居』

  • 金原亭世之介 公式ブログ/国立演芸場『鹿芝居』 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/国立演芸場『鹿芝居』 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/国立演芸場『鹿芝居』 画像3
国立演芸場で始めた『鹿芝居』も10年目を迎えました!

噺家が江戸時代から寄席の大喜利として始めた『鹿芝居』

ちなみに鹿芝居の意味は
はなしかがやる芝居なので、はなしか芝居→しか芝居→鹿芝居

今や世之さま達の努力とお客様のおかげで国立演芸場の看板番組となりました!

本年の出し物は

『当ル八卦賑道中』
〜御神酒徳利〜

平成25年2月中席
2月11日〜20日
13時開演
15日のみ昼夜

お申し込み
国立劇場チケットセンター
0570079900
0332303000

ありがとうございます
14日15日16日の昼席チケットは完売

他の日はまだまだチケット在ります
15日の夜はまだまだ大丈夫ですので、お仕事帰りに是非お越し下さいませ!!
ませ!!

さて2月中席に向かって稽古は順調です!

国立劇場の稽古場は熱気にあふれてます

さて稽古終わりは楽食でラーメンですなぁ〜!

楽食とは国立劇場の楽屋食堂です

国立劇場の職員と出演者が使う食堂で
ここのラーメンが旨いのよ!!

『ラーメン』

ライスとお新香付きで380円!

昔ながらの醤油ラーメンは人気のひと品