日本酒利き酒の会

  • 金原亭世之介 公式ブログ/日本酒利き酒の会 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/日本酒利き酒の会 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/日本酒利き酒の会 画像3
日本酒試飲&ディナー
がありました!

落語と利き酒の会を世之さまもやっておりますから、こういう会は気になりますね〜

場所は、東京駅近くの『フォーシーズンズホテル』

都内のホテルでも世之さまお気に入りのホテルの一つです。

江戸川橋のフォーシーズンズは、特にお気に入りのホテルですが、今日のディナーは東京駅

さすがホテルの利き酒会
日本酒の利き酒にワイングラスです
(^-^)

同じお酒でもズーッと格式があがりますなぁ〜!

今回は九州のお酒が並びました!

ディナーの添えもののパンの代わりがこのライスケーキ!
中々考えてます!

半透明のメニューが用意されておりました。


日本酒の味に合わせて料理が並びます!

『松茸のなめらかなフラン姫三つ葉添え』

西洋の茶碗蒸しです。
しかし、旨い!
世之さま今までで最高のフランを今回食べました!

なにしろ柔らか!
この口当たりがたまらんですよ〜!

もう一度食べたい逸品でしたなぁ〜!

合わせるお酒は佐賀県の天山酒造の『七田』ひやおろし

七割五分磨きの純米酒で、甘さが前に立つフルーティーなお酒です

フランを食べた後に呑むと程よい酸味が口に広がります。

美味しい一杯でした!!

『炭フレーバーの照り焼き 戻りカツオ、ブリ 醤油のリビオリ仕立て』

お刺身の盛り合わせですが、ソースと演出を凝りました!

オリーブオイルで誤魔化さない、しっかりとした味付けに本日のシェフのアイデアを感じます。

日本酒は熊本県の千代の園酒造の純米吟醸「泰斗(たいと)」

七田より辛さを感じる酒でワイングラスでくゆらすとアルコールをみっちり主張する日本酒です。

『九州産イサキの照り焼き、まこも茸と茗荷のフリット・牛蒡ソース』

<img_yonosama_12256782467_t_220_293>

茗荷のフリットが軽く揚がっていて食べやすかったね〜

牛蒡ソースはゴボウと言われないと分からないほど、ゴボウの嫌みを無くしてあって美味しかったっすなぁ〜!

添えられた日本酒は、福岡の酒『繁枡(しげます)』大吟醸

非常に切れのある酒で本日世之さまイチ押しの日本酒でした!!

『熊本産天草大王地鶏モモ肉ロースト麦味噌ソース、銀杏、栗、レンコンと共に』

メインメニューは熊本の大王地鶏

脂の程よく載ったローストは、世之さま好みです。

日本酒は千代の園の吟醸『熊本神力』

千代の園酒造は「九州神力」と言う酒造好適米を作って、米にこだわった酒造りの酒造のようです。

山田錦に侵食された中では、個性的なお酒ですなぁ〜!
しかしワイングラスでガバガバ飲んで、一人五合は呑んじゃってるんじゃないかなぁ

ふーっと

酔いました!

仕上げのデザートは

『無花果のケーキ・マスカルポーネクリームと洋梨のソルベ添え』

すっかりスギさんご馳走さま

しかし本日のシェフは中々でした!!

日本酒に合わせるためフレンチを和の素材に、和のテイストに仕上げた腕は結構でし

会の功労者はシェフですなぁ〜!

それにつけても噺家は美味しいものをご馳走になれてやめられません!