十湖句会のお土産富士山

  • 金原亭世之介 公式ブログ/十湖句会のお土産富士山 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/十湖句会のお土産富士山 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/十湖句会のお土産富士山 画像3
十湖俳句会の俳句は、我が「かいぶつ句会」の隔月冊子『かいぶつ句集』でお目にかかれます。

まぁ言うなれば「かいぶつ」の客分ですな。

「かいぶつ」のメンバーは果たしておもいっきり「かいぶつ」ですから、十湖句会はかいぶつにくっついているコバンザメのような、可愛い会です。

毎月新幹線に乗り浜松まで来るので、楽しみは新富士駅で見える富士山です。

はっきり富士山が見えるだけで、心洗われますね〜。
しかしながらこの句会は、毎月の会ですから句力は在りますよ!!

本日の良句を紹介!

『正面を決め盆梅の真綿色』信子

『風荒ぶ砂丘に走る冬の雲』正雄

『花梅は実は成らぬとも家宝なり』繁

『絡繰りの糸の縺れし義仲忌』治夫

『借金の言い訳の後梅便り』拓利

『霜柱春を持ち上げ待ちにけり』榊原

『雪降ろし笠井の雪ははしゃぐ雪』たるま