『さかもと』だぁー

  • 金原亭世之介 公式ブログ/『さかもと』だぁー 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/『さかもと』だぁー 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/『さかもと』だぁー 画像3
『十湖句会』で浜松にやって来る楽しみのひとつは、食事です!

今回はお馴染み『さかもと』

田んぼに囲まれた店は、四季に合わせて暮らしてきた農耕民族の安らぎを感じる佇まいなのです。

田植え前の休耕田が、水引きまでの春の一時を静かに待ち構えて居て力を感じますな

『富士笑ふ待つは枯れ田の強きかな 世之さま』

さて本日は『松花堂弁当』
お料理の本日のテーマは筍でした

『焼き筍と太刀魚』

皮のまま焼いて西京味噌で味付けした筍と西京漬けの太刀魚
手間のかかったなかなかの味に世之さま舌鼓です。

『鯛と筍の餡掛け椀』

春らしく緑を主にした枝豆の餡の香りが利いたおつな椀仕立てです。

鯛との相性もぴったり!

『筍ご飯』も鯛と筍

あえて味付けをしないご飯と筍の香りだけを生かした炊き込み御飯は、他の食材を邪魔しない見事な選択です。

いつも付いて来る茶碗蒸しも本日は筍でした。

さて筍の他にも旬を揃えました!

『トリ貝の酢味噌和え』

旬のトリ貝と旬の生ワカメは、この時期だけのグッドテイストですよ〜!!

お刺身はもちろん鯛天ぷらは海老、そして浅利の赤ダシみそ汁も美味しかった!
フーッお腹いっぱいのところに特別に付けてくれたのが、ハンバーグ!

『飛騨肉のハンバーグ』

大根おろしの和風ソースで頂きました!

濃厚な飛騨牛なのに、結果食べられちゃうです!
ひゃあーたまらんですよ〜
(o^_^o)

仕上げは自家製シャーベット!

桜の色合いに仕上げたシャーベットで最後のおつもり!

ご馳走様でした。