十湖俳句会『新年会』

  • 金原亭世之介 公式ブログ/十湖俳句会『新年会』 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/十湖俳句会『新年会』 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/十湖俳句会『新年会』 画像3
浜松の松島十湖俳句会は、同人の一人「たるま」さん
池田充義さんの経営する
『おびや』さんでありました。

新年会から14名もメンバーが集まっての句会は嬉しい限りです


今回は食べながら、飲みながらの会。

お料理も結構でした。
浜松は魚が豊富ですから新鮮で溜まらんっす!

まずは『付けだしと刺身』
刺身、旨いね!

話しが変わりますが、今年の冬場の魚は、例年とは取れ高がまるで違うそうですね。
例えば、旬の寒鰤!
例年の400倍の漁獲量です!?
それに比べて「鱈」はまったく捕れない!
寒波のせいだそうです。鱈漁の漁師さんには申し訳ありませんが、今年の冬は鰤ですねぇ。

などと喋っていたら

『鰤のテリヤキ』

『海老天』

俳句は、一番良い作品から「天・地・人」と点数が付いて来る遊びですから、春一番の俳句会に天ぷらは、かかせませんな。
器にカクテル仕立てにしてあるのは、ちょいとオツ。
結構ですねぇ。

『牡蛎鍋』

八丁味噌の牡蛎鍋は、別名「土手鍋」

これは、味噌で土手を作って中に牡蛎を泳がせながら土手を崩して食べたからだそうです。

浜名湖は牡蛎の名産でもありますから、抜群に旨いよ。

『海老団子』

『とろろ蓮根』

『寿司におでん』

まだまだ出て来て食べ切れなかったよ。

そうそう本日の秀句を何句か紹介しましょ。

メンバーもだいぶ定着して俳句もかなり上達して来ました(^-^)v

『機織の音なつかしき達磨市』治夫

『百姓に命ささげて寒椿』金原

『大寒や朝日満月向き合えり』友次

『湯上がりの赤子つきたての餅となり』信子

『初酒や天の美禄の一の膳』光子

『初席や今年も君が横にをり』拓利