久々の駅弁です『牛肉焼売弁当』

  • 金原亭世之介 公式ブログ/久々の駅弁です『牛肉焼売弁当』 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/久々の駅弁です『牛肉焼売弁当』 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/久々の駅弁です『牛肉焼売弁当』 画像3
新宿末廣亭で『堪忍袋』を一席喋って、浜松に向かいます。

東京駅のお馴染み『駅弁屋旨囲門』で駅弁を物色!

本日は以前にも食べて試食済みの『牛肉焼売弁当』を購入!

このお弁当は、山形の老舗「松川弁当店」が出しているので始めから期待通り!美味しいお弁当なのです!

松川弁当は、山形牛を基本として何種類もお弁当を出して居ますが、このお弁当ほど、顧客にターゲットを絞った弁当はありません!
正に狙いは酒飲みのお供!

ネーミングが正に物語って居ます。

牛肉そぼろと牛肉煮でお弁当として充分の量と味!

おかずはご飯のアテとしてではなく、つまみとして独立していて「焼売弁当」と名乗るあたり見事です。


ですから、「里芋、人参、こぶ巻き」の煮付けもあまり甘くはありません。

山葵菜、カマボコ、玉子焼きもしたり!

値段も松川弁当には珍しく950円
ビールや酒を買って1500円以内に納めさせる配慮!

感服しました!

牛肉の味は言うまでもなく、焼売の味も、値段見事な一品です!

一度は食べてみて!