上野『鳥番長』で俳句会

  • 金原亭世之介 公式ブログ/上野『鳥番長』で俳句会 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/上野『鳥番長』で俳句会 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/上野『鳥番長』で俳句会 画像3
池袋演芸場仲日
とりネタは『火焔太鼓』喋って来ました

寄席をバラしてから本日は『大きな羊の会』へ

会場は上野『鳥番長』

寒くなって来たのでオススメは『鳥一匹鍋』

コラーゲンたっぷりのスープに丸々の鳥と野菜!
たまんない美味しさです!
お店では、三人前と言いますが、これだけでお腹いっぱい!って感じです。

またこのアルマイトの鍋がノスタルジックで好いんだよね!

『鳥丸焼き』は40分かけて焼き上げた熱々、クリスマスでなくたってオーラありますなぁ〜!

鳥番長の焼き鳥は、これ!網焼きなんです!

刻みネギで食べたら
こりゃまた鳥番長の真髄感じられますよ〜

さて本日の秀句を幾つかご紹介

『セロリ切る切り損ねたる過去のあり』丸亀

『誘蛾灯色とりどりの楽日かな』忠

『手袋を出しまたポケットへ冬隣』忠

世之さまの句は

『笹鳴きの五百羅漢の嘘笑ひ』

『木枯らしに甚五郎の竜雲になり』

『十五夜を射止めて立つや新タワー』